2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

サッカー

2010年4月29日 (木)

プレミアリーグ

 昨年の夏に、ブルーレイディスクレコーダーを買って以来、休日にスポーツ番組をじっくり見ることができるようになった。

 「サッカー」というキーワードを入れておくだけで、ありとあらゆる番組を録画してくれるスグレモノだ。

 しかも、時間のないときでも、しっかり内容がチェックできる「ダイジェスト機能」がついているので、90分のゲームが、30分程度で見られてしまう。

 中でも最近のお気に入りは、サッカーの本場・イングランドのプレミアリーグ。

 マンチェスターユナイテッドとチェルシーの優勝争いが繰り広げられていて、目が離せなくなってしまった。

 テレビで見ていて印象的なのは、

 ・パスのスピードが非常に速いこと

  しかも、そのパスをいとも簡単に正確にトラップする。

  選手個々の技術レベルが高いことがわかる。


 ・攻守の切り替えがやたら速いこと

  攻め込んでいたと思ったら、あっという間のカウンターというのがザラ。

  しかも、それを繰り返す強靱なスタミナに恐れ入ってしまう。


 ・当たりが強いこと

  審判も、フエを吹かないことが多い。

  ちょっとやそっとの接触では倒れない選手もすごい。

 
 そんなわけで、Jリーグとはケタ違いのパフォーマンスを感じてしまう。

 選手だけではない。

 観客もハイレベルである。

 スタジアムのあの盛り上がりは、日本ではなかなかない。

 日本でも、スタンディングオベーションが一般的にならないかと思う。


 我が大宮アルディージャのホーム、ナックファイブスタジアムは、日本では数少ないイングランド式のスタジアムである。

 スタジアムの雰囲気も、イングランド並になったらいいなと思う。


 プレミアについては、またネタにしたい。

 本日はここまで。

  

2009年1月24日 (土)

Jリーグ・若手育成プロジェクトに期待

 久しぶりに、ネットでスポーツ新聞をチェックしていたら、興味ある記事を見つけた。

 Jリーグ、若手育成プロジェクト発足(サンスポ)

 23歳以下の若手選手の出場機会があんまりないので、これは問題だということから、検討が始まったらしい。

 それが、オリンピックでの成績不振にもつながっているとのこと。

 競技力向上のためというのが直接のきっかけなのかもしれない。

 でも、多くの選手に出場のチャンスを増やそうという発想は大歓迎である。

 レンタル移籍なんかは、もっともっと積極的にあっていいと思う。

 できれば、試合数を増やすというよりも、チーム数を増やしてほしい。J1、J2だけじゃなく、J3もつくったらいい。

 学校スポーツとJリーグの育成システムが相容れない状況に、疑問も感じている。

 高校、大学も検討の対象になっているということなので、そのへん大いに期待したい。

2007年5月18日 (金)

totoBIG

 何かと問題の多いtotoBIG。これまで、たくさん投資してきた私だけに、6億円の可能性があると言われちゃ、買わずばなるまい。

 ということで、とりあえず10口買いました。でも、BIGは、ふつうのtotoとちがって、頭は全く使わない。何も予想しないで、コンピュータがランダムに出してきた数字で勝負するという、ほとんど宝くじに近いものである。

 しかも、これまでのように、「当たりがない」ということも大いにあり得るわけで…。ただ、このおかげで、1日に14億円も売り上げたというのだからすごい。今までの不振を一気に吹き飛ばしてしまう勢いだ。

 私は、totoにはもう少し期待していた。これを機に、売れるサッカーくじについて考えを深めてもらいたいものだ。

 当たったらいいなぁ。

<関連情報>
totoBIG、1日で売り上げ14億円(サンスポ)

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月 4日 (金)

ヨーロッパチャンピオンズリーグ・準決勝

 ヨーロッパチャンピオンズリーグの準決勝2試合をテレビ観戦した。

 ACミランVSマンチェスターユナイテッドの試合は、民放で見られた。大雨の中の試合開始だったが、さすがにトップレベルの選手たちである。すべって転ぶ選手もほとんどいない。ピシッとパスが通る。

 中でも目立っていたのは、カカだった。ボールを持つとものすごいスピードでDFを置き去りにしていた。1点目は、このカカのシュートだった。マンチェスターユナイテッドも、油断していたわけではないだろうが、ほとんど形が作れていなかった。

 すごいなと思ったことが2つ。1つめは、両チームとも全員がどこかの国の代表になっている選手たちで、その個人技は世界最高峰だ。そういう選手たちの息のあったプレーというのが見られたということだ。ミランのピルロは、ワールドカップの時も注目していたが、やっぱりあのパスはすごい!

 2つめは、負けていたマンチェスターが、後半になって、システムを大きく変えて攻撃の形を作り出していたことだ。うまくいかないときに修正するというのは、なかなかできないことだ。それをきちんと修正している。これがトップレベルのクラブチームなんだと思った。監督の采配もすごいが、それにこたえる力のある選手がそろっているということだ。

 試合の終わりに、ジラルディーノがだめ押しの3点目を決める頃には、雨もすっかりやんでいた。3対0という大差ではあったが、見応えのある試合だった。興奮した。

 夜になって、JスポーツプラスでやっていたリバプールVSチェルシーを見た。ケーブルテレビにこの間加入して、お試し期間で無料で見られたものだ。

 こちらは、息のつまる攻防で、点なんか絶対入りそうもないような感じだった。が、ダイレクトパスが見事につながって、きれいなシュートが決まった。チェルシーは、ドログバがものすごいスピードでゴールに迫っていたが、オフサイドなどで、結局決まらなかった。

 この試合ですごいと思ったことは、これがホームアドバンテージだということだ。巨大なスタジアムのすべてが、リバプールサポーターで埋め尽くされている。しかも、ゴール裏だけでなくバックスタンドも皆立ちあがって応援している。リバプールというチームに誇りを持って応援しているように見えた。こういう雰囲気、これが選手を奮い立たせ、後押ししているんだと感じた。

 試合は、PK戦にもつれ込んで、ホームの勢いのままリバプールが勝利を収めた。これで、決勝はミランVSリバプール。見た感じでは、ミランの方が1枚上手という感じもするが、安定度ではどうか?楽しみである。

<関連情報>
カカ弾でミラン決勝進出!マンUを3-0圧倒-欧州CL(サンスポ)

リバプール、宿敵・チェルシーとのPK戦制し決勝進出-欧州CL(サンスポ)


 ↓ 応援クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年2月28日 (水)

北京五輪アジア2次予選:日本VS香港

 北京五輪に向けて、いよいよ2次予選が始まった。日本と同組は、香港、マレーシア、シリアである。

 うーん、どこの国もサッカーでは聞かない名前だ。2次予選に勝ち抜くと、最終予選となる。準決勝リーグみたいなものか。

 それにしては、きょうの香港戦は、得点が少ないんじゃないかと思う。前半1点、後半2点の計3点。それも、完璧な崩しというより、相手のミスにつけ込んだものが多い。それも大事だけどね。

 予選というのは、まずは勝ってこそだから、ひとまずOKだけど、5点以上の得点シーンが見たかった。

 オシム-反町体制になってから、確かに代表のサッカーは変わってきた感じがする。精度はまだまだだが、ダイレクトパスを多用するようになっている。しかも、よく走る。

 まだまだ先は長いけれど、確実に星を落とさないようにしていってほしい。Jリーグも、いよいよ開幕だし、コンディションも上がってくるでしょう。

<関連情報>
平山先制弾!反町ジャパン3-0圧勝 北京へ好スタート(サンスポ)

3-0日本!白星発進/五輪予選(日刊スポーツ)

U―22日本が白星発進(スポニチ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年2月24日 (土)

ゼロックス・スーパーカップ

 Jリーグチャンピオンと天皇杯チャンピオンが対戦する「ゼロックス・スーパーカップ」

 今回は、浦和が2冠を達成してしまったので、天皇杯2位のガンバ大阪と対戦することになった。意味合いとしては、無理矢理で、すでにチャンピオンは決まっているんだけど、そういうカップ戦があるからやらなくちゃというわけ。

 ガンバ大阪は、昨シーズン、浦和に一度も勝ててないらしい。あれだけの爆発力のあるFW陣をもってしても、そんなに連敗するということがあるんだなと思う。

 そういうガンバ大阪だから、一矢報いようと調整してきているし、ベストの布陣で臨んだように思えた。

 対して、浦和はけが人も多く、ベストメンバーにはほど遠い。そういう事情もあるだろうが、リーグ戦開幕1週間前ということで、「あんまり無理しないようにしよう」という感じが見え見えだった。

 サポーターとしては、1週間早い開幕ということで、寒いけどテンション上がっただろうと思う。私自身も、早く試合が見たくてたまらないのだ。

 結果は、ガンバ大阪の圧倒的勝利。4点とって、0封という完全勝利。しかも、マグノアウベスのハットトリックという記録付き。4点目の遠藤の個人技はかっこよかった。ジダンを思わせるターンを見せて、即クロス。代表でも活躍してほしい。

 我が大宮アルディージャは、開幕戦でこのチームとアウェイで戦うということで、けっこう厳しい戦いになりそうだ(でも、勝つけどね)。いよいよ、開幕が来週に迫ってきた!

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

 

<関連情報>
G大阪がマグノ“ハット”で浦和に快勝!ゼロックス杯(サンスポ)

G大阪4-0大勝 ゼロックス杯(スポニチ)

マグノ・アウベスがハット G大阪初優勝…ゼロックス・スーパー杯(スポーツ報知)

2007年2月12日 (月)

やるなぁ、ベッカム

 レアルマドリードのメンバーとして、久しぶりに出場したベッカムが魅せた。

 10日のレアル・ソシエダ戦、0-1で迎えた前半37分、25メートルのFKを豪快に決めた。

 スポーツニュースのビデオで見たけど、カーブして切れていくシュートだった。キーパーの正面から、だんだん外れていく感じで、これはとりづらいだろうと思った。

 アメリカMLS、ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍を発表して以来の復活劇だった。

 ベッカム効果はそれだけではない。この得点で同点に追いついたチームは、ファンニステルロイのゴールで逆転に成功。勝利を収めた。チームも連敗脱出。

 加えて、監督解任とまで言われたカペッロ監督とも、和解成立。「試合では使わない」という強弁から、これからは必要な存在として、ベッカムを「今後も起用する」と言わせた。

 やるなぁ、ベッカム。たった1発のフリーキックで、これだけ変えてしまうなんて、やっぱりスーパースターだ。

 話は少し変わるが、イングランドVSスペインの国際親善試合をテレビで見た。

 お互いスピードのある攻撃はさすがだと思ったが、パスが回っている割に、決定的なチャンスが少なくて今ひとつおもしろくない試合だった。結果は、スペインがワンチャンスを生かして、イエニスタが豪快なシュートを決めて、そのまま勝利した。

 イングランド代表も負け続きで、監督の評判が悪いそうだ。試合後も、ブーイングの嵐だった。

 と、こうなると、ベッカムの代表復帰も真実味を帯びてくる。

 すごいね、スーパースターというのは。イングランドのベッカムは、日本の長嶋茂雄みたいなものか。古くてすいません。

<関連情報>
ベッカム復帰弾!レアル救ったFK弾にカペッロ監督も賛辞(サンスポ)

ベッカム飼い殺しに耐え復活弾/スペイン(日刊スポーツ)

ベッカム意地の復活FK弾決めた(スポニチ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年12月29日 (金)

天皇杯準決勝

 天皇杯準決勝の2試合、年賀状を書きながら全部テレビ観戦した。

<ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌>

 札幌のがんばりが光っていた。J1とJ2の差って何だろうと思った。コンスタントにどれだけの力が出せるかの違いで、一発勝負のトーナメント戦ではあんまり差はないと思った。

 それにしても、ガンバは慎重に攻めていたという感じで、札幌の方が決定的なチャンスは多かったんじゃないかと思うぐらいだった。

 終始リードを保ったから余裕があったものの、あの2点目は、テレビで見る限り明らかなオフサイド。解説の山本さんも、

「これは、ガンバ、もうかりましたね」

と言っていた。

 ビデオで見直してみたけど、DFのクリアミスだとしたら、オフサイドじゃないのかな? 副審はそこまで見ていたんだろうか。4人ぐらいオフサイドポジションにいたけど、まったくフラッグを上げようとしなかった。選手も執拗に抗議することはなかった。

 謎だぁ。だれか解説してくれ!

 札幌が1点取り返したが、見事なボレーシュートだった。追いつくチャンスもずいぶんあったけど。札幌としては惜しかった。


<浦和レッズVS鹿島アントラーズ>

 立ち上がりは、圧倒的に鹿島ペースだった。磐田戦でもそうだったが、1点でも先に鹿島が点を取れば、どうなったかわからない試合だったと思う。

 鹿島は、よく攻めていたが、残念ながらストライカーがいない。ん、どこかのチームと似ているな。

 またも、小野伸二が1得点1アシストの活躍をした。前の試合の時に、間近でウォーミングアップする様子を見たが、足を引きずるシーンもあった。ということは、決して本調子ではないはず。

 それでも、あれだけ華麗なプレーを魅せるとは、さすが小野だ。

 1点目のシュートは、解説の小島さん曰く、

「あそこは、キーパーが一番取りにくいところなんです」

と言っていた。ねらいすました小野らしいシュートと言える。

 2点目のヒールパス、受けるポンテもよくわかっている。試合後のインタビューで、小野自身が

「いつもミニゲームでやってることですから」

と言いきった。練習でやったことを試合で決めるというのは、いかに簡単そうで難しいことか。

 これで、元旦の決勝は、ガンバ大阪VS浦和レッズというリーグ最終戦と同じカードとなった。
 
<関連情報>
G大阪、札幌を振り切り初の元日決勝へ! 天皇杯準決勝(サンスポ)

浦和が連覇に王手!鹿島に競り勝つ 天皇杯準決勝(サンスポ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年12月27日 (水)

セルジオ越後 著 : 日本サッカーと「世界基準」

 辛口コメントでおなじみのセルジオさんが書いた本。

 日本サッカーは、果たして世界基準に到達できるのかを、真剣に、かつ厳しく論じている。

 おもしろかったのは、日本チームの決定力不足解消のヒント。日本の草サッカーは“時間”で終わりになるが、ブラジルの草サッカーはお互いが決めた“点数”を取るまで続ける。ここに決定的な差があるという。

 また、不調のストライカーには「シュート1本外したら100円の罰金。1点決めたら1000円の褒美」という賭けをすればやる気が出るとか。

 サッカーの教育と育成についても、“補欠の撤廃”が最大の課題であるという。

 これには、私も大賛成である。日本のスポーツは学校中心で動いてきた。そのため、強豪校には50人、60人、いや何百人という部員がいても、レギュラーはたったの11人。

 クラブチームが中心なら、出場機会に恵まれない子はどんどん他のクラブに移ればいい。すべてのクラブが強豪をめざさなくてもいいようなスポーツ環境ができたらいいなと感じた。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年12月24日 (日)

さいたまダービーのはずだったのに…(天皇杯準々決勝)

 天皇杯準々決勝、浦和レッズVSジュビロ磐田の試合を埼玉スタジアムに見に行った。

 はっきり言って、こんなに冷静にサッカーの試合をスタジアムで見るのは、とても久しぶりだ。別にどちらを応援するというわけではないので。

 そういう試合を観戦することになったというのは、こういうわけだ・

200612231400000

 天皇杯のチケットが売り出されて、組み合わせを見たとき、うまくいけばここでさいたまダービーが見られると目論んで早々に購入したのである。
 
 わが大宮アルディージャは、4回戦でYKKなんていうJFLのチームに辛勝。5回戦では、ジュビロ磐田と完全にゲームを制していたにもかかわらず勝負に負けた。13本もシュートを打って1本も入らない。ジュビロは1本打ってその1本がゴール。決勝点となった。

 この試合はテレビ中継も何にもなかったので、さいたまダービー再戦も消え、今期最終戦も選手の姿を見ずに終わってしまった。

 埼玉スタジアムのメインスタンド、1列173番。一番前のど真ん中の席である。このところゴール裏ばかりだったから、メインスタンドで座ってみるなんて、何年ぶりだろう。

 確かに、全体を見渡すには見ずらいが、選手の顔や足下の動きがとてもよく見える。エキサイティングだ。

 そのジュビロが浦和といいゲームをやっていた。ジュビロは、完全に若手中心のチームになっていた。お馴染みなのは福西ぐらいではないか。前田のノーマークのヘッドで1点先制。2点目は福西の技ありゴール。2対0となったとき、

「何だよ、ジュビロに勝ってればこういう試合が見られたわけ?」

と思った。しかし、後半、だんだんレッズが押し込んでいく。

 レッズの1点目は、ゴール前の混戦でだれが押し込んだかわからないようなゴール。これは、サポーターの声が決めさせたようなもの。去年の天皇杯準決勝でのダービーマッチで、後半ロスタイムに富田大介が決めたときのことを思い出した。

 後半から、レッズで唯一好きな選手・小野伸二が出てきた。小野が入ってから、中盤が安定して決定機も増えてきた。その小野が、2点連続でとって逆転。やるなぁと思った。

 ジュビロ終わったなと思ったのも束の間、1分後にジュビロが追いついた。すごい試合になってきた。ついに延長に。

200612231455000

 延長は、お互いに疲れが出て、ほとんど“ノーガードの撃ち合い状態”。中盤なんてものはまるでない。どちらのチームも、最終ラインが踏ん張って、延長も引き分け。

 ついにPK戦に突入した。多分、自分の経験で、スタジアムでPK戦を見るのは初めてだと思う。

200612231533000

 案の定、ものすごいスタンドの応援&妨害?合戦になった。しかし、キッカーは見事にゴールを決めていく。何と、9人も蹴ってだれも失敗しなかった。

 10人目、ジュビロがはずして、ようやく決着。

200612231552001

 同じチケット代で、長い時間楽しませてもらってよかった。寒かったけど。

 学んだことが一つ。サポーターの声が選手を後押ししていると感じられた。選手も、それにこたえようとしている。点を取られて下を向いている選手はいなかったし、サポーターもすぐに大きなコールをしていた。これは、浦和も磐田もだ。

 大宮も、こういう古巣のクラブから学ぶことが多いのではないだろうか。たまには、贔屓以外のチームの試合を観戦するのも悪くないと思った。


 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ