2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

サッカー日本代表

2008年2月23日 (土)

アウェイの洗礼ですませるな

 20日に行われた東アジア選手権・日本-中国戦は、本当にひどい試合だった。

 選手たちはよく我慢して勝利をつかんだと思う。

 私が見ていて、一発レッドでもおかしくない場面が3回ぐらいあった。中でも、飛び出したゴールキーパーがノーマークの安田選手に跳び蹴りしたシーン。

 イエローは出たものの、それではすまされない。しかも、ペナルティスポットを指さした審判が、中国の抗議を受けて、エリアのぎりぎり外からのFKにかえたのも理解できなかった。

 日本人は、とても温厚で、攻撃的なタイプの人間が少ないと思っている。それにしても、だ。あんなにされて、黙っていていいのだろうか。

 そう思っていたところ、やはり正式な抗議が出されることになったそうだ。

 純粋に、スポーツを楽しめるようになってほしい。サッカー選手がサッカーではないことで勝負しているような、とてもおかしな状況であることを認識してほしいものだ。

<関連情報>
日本は再発防止要望書を提出…ラフプレーの中国に罰金も(サンスポ)

2008年2月 7日 (木)

W杯アジア3次予選・タイ戦

 昨日のサッカーW杯予選は、地元埼玉スタジアムで行われた。

 職場からも、何人か観戦に出かけたようだが、雪が舞って寒かっただろう。気温は2度だったそうだ。

 しかも、3次予選の初戦とはいえ、相手はタイ。楽勝ムードなので、観客の入りも少なかった。

 あんなにいいスタジアムなのに、残念ではある。ま、自分も行かなかったけど。テレビでも、別のことをやりながらチラチラ見ていただけ。

 セットプレーから3発ということで、ビデオで見直してもわかりやすい。

 報道は、「快勝」の文字が躍っているけど、岡ちゃんはちゃんと反省していた。先制直後の失点は、日本のお決まりの悪いパターンだ。

 W杯は甘くない。本当にそう思う。

<関連情報>
決勝ゴールは大久保“泥くさ”弾!岡田ジャパン4発快勝(サンスポ)

岡田監督、爆勝も自戒「予選は簡単じゃない。甘かった」(サンスポ)

寒~い埼スタに観客3万5130人…代表戦ワースト2位(サンスポ)

2007年7月29日 (日)

韓国にも負けて4位確定

 本当に残念な結果になった。相手が韓国だけに、よけいにくやしい。

 削りまくられた高原。存在感はあったけど、得点は決められなかった。得点王がかかっていたんだけど。

Snap_24__0707282144

 日本は、サウジ戦の反省からか、前半から積極的に前に出てきた。縦への動きが少し増えた。何より俊輔のやる気がちがっていたような…。

 それにしても、再三の決定機を決めきれなかった。韓国がよく守ったというより、自滅に近い印象だ。後半に入ってからは、なぜか、また無意味な横パスとサイドチェンジが多くなった。

 疲れている状況でも、やるべきことを理解して徹底できた韓国と、疲れちゃったから楽な方へと流れてしまった日本のちがいか。日本人の弱い部分を見てしまったような、とっても後味の悪いゲームだった。

 PK戦にもつれ込んだ時点で、これはダメだなという感じがした。もっと言えば、またも11人対10人で、延長まで粘られてしまった時点で、ダメだったのかもしれない。

 川口の神懸かりセーブは出なかった。逆に、それを期待しすぎていて、全部決められる姿を見せることができたのは、ある意味収穫だったかもしれない。6人目のキッカーに羽生が出てきたとき、まずいなぁと思った。延長でも、決定機を外していたからだ。ツキのあるやつがラッキーボーイになりやすいのと同様に、こういうツキのないやつがアンラッキーボーイになることも多い。

 キーパーにはじかれた後、羽生は顔を覆って倒れ込んでいた。つらいねぇ。チームメイトは、「お前のせいじゃない」と言うように、抱き起こしていた。全くその通りだ。バッシングはやめよう。責めを負うのは指揮官である。

Snap_24__0707290020

 オシム采配に疑問を感じたアジアカップだった。

<関連情報>
高原、ここにきて2戦連続不発…オシム監督の信頼に応えきれず(サンスポ)

2007年7月26日 (木)

オシムの目指すサッカーって、ああいうんじゃないでしょ

 飲み会だったけど、キックオフに間に合うように帰ってきた。

 サウジアラビアサポーターから発せられる音は、本当に独特だ。これがアジアカップなんだなという感じである。

 前半、ほとんど日本がボールを支配。しかし、例によってシュートまでいかない。どうしてああやって横パスばっかり繰り返すんだろう?あのスタイルがオシム流なの?私は違うと思うんだけど。

 MFの選手たちがそろって、「ミドルシュートをねらう」とかいっていたと思うんだけど、前半はミドルシュートはなかったと思う。もう負けそうになって時間がないというときに、ミドルを打っても相手の思うつぼでしょ。何考えているのか?羽生のシュートは惜しかったけど、あれは前半に打っておくべきものだと思う。

 アルコールのおかげもあって、このつまらないゲーム展開に嫌気がさしてしまった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どれぐらいの時間がたったのだろう。気がついたら、1対1で前半が終わりそうになっていた。得点シーンを完璧に見逃してしまった。VTRで何度も見たけどね。

 またも、先制された後に追いつくという展開。後半に入っても同じ。というか、後半の失点は早すぎ。これでは守備崩壊といわれても仕方がない。

 サウジの攻撃は、とってもシンプルだ。縦に切れ込んで、1対1で勝負して、シュートで終わる。それに対して、日本は、やたら回す。打つべきところでパスを選択する。インターセプトされてカウンターを浴びる。

 3点目をとられたシーンは、守りが5人いたのに対して、サウジの選手は2人しかいなかった。なのに、GK川口の内側を抜かれてゴール。あんまりだ。国際試合で、3失点はきつい。日本の2得点が、かっこよかっただけに、よけいに残念だ。阿部のオーバーヘッドはワールドクラスだ。
 
 オシムの目指すサッカーって、どんなの?確実に日本はよくなっているの?選手に伝わってない部分が多いんじゃないかと思う。今回は、高原が好調だったから、絶対チーム状態は昨年よりいいと思っていたのに残念だ。

 負けちゃったので、次は3位決定戦。相手は今大会さえない韓国。準々決勝も準決勝も無得点の相手である。これで負けたら、大変だよ!

<関連情報>
オシムジャパン、守備陣崩壊で最多失点負け…アジア杯3連覇逃す(サンスポ)

日本V3消滅、サウジに惜敗/アジア杯(ニッカン)

3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ(スポニチ)

3失点オシム日本 ゴールも王座も守れなかった…アジア杯準決勝(スポーツ報知)

2007年7月21日 (土)

オーストラリアをPK戦で下す

 いやな感じを思い出させる展開だった。

 日本は、いいリズムで終始ボールを回していた。しかし、得点はオーストラリアが先にとった。後半の24分、セットプレーから、裏をとられて失点。ビドゥカを完全に抑えていただけに、残念だった。

 まだ時間はある。そのわずか3分後。相手DFのミスにつけこんで、高原の絶妙な切り返しからのシュート。気迫がこもっていた。これで同点。

Snap_24__0707212132_002

 その後も、日本は攻めてはいた。しかし、縦への動き、追い越す動き、ドリブルで勝負する動きが足りない。確かにボールは支配しているけど、守っている方にとっては全くこわくない。持ってるだけだから。

 後半は、相手の動きがぴたり止まっていたので、90分で決着をつけてほしかった。しかも、退場者も出て、数的優位でもあったわけだから。

 延長に入っても、オーストラリアはバテバテ。攻めているのは、途中交代したキューエルとカールだけ。一方的な展開である。しかし、点が入らない。せっかく、佐藤と矢野というフレッシュなFWを入れたのに、なかなかボールを供給できない。このへん、何とかしてほしい。

 今日の苦戦は、攻撃のキーマンである俊輔と遠藤のキレが今一だったことにあると、私は思う。疲れが出てきたかな? 暑さはハンパじゃないようだ。

 PK戦。オーストラリアは、キックもできないような選手がキッカーになっていたような…。川口の2人連続のセーブは見事だった。去年のアジアカップを思い出す。

Snap_24__0707212206_001

 昨年のワールドカップでの苦い敗戦以来の因縁の対決。PK戦とはいえ勝ってよかった。

 それにしても、アジアの戦いは甘くない。次は順当にいくとサウジアラビアだろうか。これも手強い相手である。

<関連情報>
日本ベスト4進出!PK戦でオーストラリア下す アジア杯(サンスポ)

日本PK戦で豪州下し4強/アジア杯(ニッカン)

日本 PKで豪州下し4強入り(スポニチ)

2007年7月16日 (月)

やっとのことでグループリーグ突破

 サッカー・アジアカップ2007。グループリーグから、ヒヤヒヤする試合の連続である。

 もっと自信を持ってプレーできないものかなぁと思う。海外で活躍し、実績を上げている選手もいる。Jリーグでそれなりの成績を出している選手もいる(そうじゃないのがいるところに確かに問題はあるが…)。

 カタール戦でのオシム監督の激怒。

「俺は死ぬ気でやっているのにお前たちは…」

みたいな発言は、私としては好きではない。実際に戦っているのは監督ではなく、選手だからである。どんな結果であれ、選手はそれなりの覚悟で試合に臨んでいる。そういった選手を勝たせることができなかったのは監督の責任である。これは間違いない。負けた試合を選手の責任にする指導者にだけはなりたくない、と私は常々思っている。

 インタビューにも、きちんと答えてほしい。

 オシムの望むレベルは、こんなものではないのだろう。できるはずだと思うんだけどなぁ。

 高原や俊輔のパフォーマンスは、さすがである。この2人がいなかったら、カタール戦、UAE戦ともに危なかった。

 きょうのベトナム戦も、先制されていやなムードだった。しかも、オウンゴール。あまりに受けに回りすぎる。もっと積極的に攻撃してほしい。攻撃は最大の防御であるのだから。

 同点に追いついたのは、落ち着き払った俊輔の切り返しからのクロス。ノーマークの巻が胸で押し込んだ。巻らしい。

 逆転ゴールは、遠藤のFK。遠藤のFKはとても正確だ。これは実際に見て驚異に感じた。ねらい澄ましたゴールだった。

 3点目は、俊輔の右足のゴール。同点のクロスでさえ、わざわざ左足で蹴っているのに、あの場面は右足。珍しいものを見させてもらった。

 4点目は、巻のヘッド。結果として、4-1という大差になったが、決して楽勝という感じではなかった。ベトナムのカウンターに、いつも怯えている感があった。

 それにしても、こんなに苦戦するものなんだと、改めてアジアのレベルがあがったことを思い知らされた。日本は、こういう中でこそチャンピオンになってほしい。決勝トーナメントが楽しみだ。

<関連情報>
オシムジャパン、ベトナムに圧勝! アジア杯5大会連続8強(サンスポ)

オシムジャパンが1位通過/アジア杯(ニッカン)

日本4発!8強決めた/アジア杯(スポニチ)

巻2発!遠藤FK弾!俊輔も!日本8強決めた…アジア杯B組1位突破(スポーツ報知)

 

2006年11月16日 (木)

アジアカップ予選・1位通過

 平日、7:00キックオフの試合は、なかなか観戦モードにはいるのが難しい。

 アジアカップ予選の最終戦。サウジアラビアにはアウェイで負けているだけに、しっかり勝つことが要求される。しかも、勝ち点差で並んだだけでは、直接対決に負けているので、2位通過になるという。
 
 アジアカップ3連覇をねらう立場の日本とすれば、ここは2点差以上の差をつけて、力の差を見せておきたいところだ。

 サウジに攻め込まれたのは、序盤のほんの一時しかなかったといってもいいのではないだろうか。U-21の試合の再現のように、ロングボールを入れちゃ、カットされる。解説の金田さんも言っていたけど、ちゃんとつないだ方がいい。簡単に相手にとられてしまうのは本当にもったいない。

 そういう声が届いたのか、つなぐようになったら、ほとんど日本がボールを支配できるようになった。

 ここからは、もう華やかなプレーのオンパレードで、見ていて楽しかった。

 駒野、加地の両サイドの動きもよかった。3点目の流れるような攻撃は、「こういうのを見たかったんだ!」と思った。サイドからの速い折り返し、それに走り込むもスルー、後ろから走ってきた我那覇が豪快に決める。こういうプレーを今後も期待したい。

 トゥーリオの個性も、このチームにフィットしてきたように感じる。得点をとったということがその証だ。阿部、今野も、本来のポジションではない最終列のディフェンスを本当によくやっていた。

 我那覇と巻のツートップは、よく機能していた。代表でこんなにフォワードがよかったと思ったのは初めてかもしれない。巻は、オシムも賞賛していたように、“汚れ役”をよくやっていた。ヘッドでの競り合いにもよく勝っていて、得点のきっかけをつくっていた。

 我那覇は、2得点したけど、決まらなかった左45度からの強烈なミドルシュートが印象に残っている。あれが決まればワールドクラスだ。

 いいところばっかり書いたが、予選だからね。これぐらいやってもらわないと。結果を出すことはもちろん、アジアの中ではトップレベルの質の高さを見せてほしい。

<関連情報>
日本、サウジ下し1位突破-アジア杯予選(サンスポ)

日本が予選1位通過/アジア杯予選(ニッカンスポーツ)

闘莉王先制!我那覇2発だ!日本3-1で快勝…アジア杯予選首位通過(スポーツ報知)

サウジに快勝しアジア杯予選1位突破(スポニチ)

これぞエース!我那覇が2得点の活躍でオシム・ジャパン得点王(サンスポ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年11月14日 (火)

U-21韓国戦は、ドロー

 U-21反町ジャパンの試合を初めてちゃんと見た。韓国との親善試合である。

 日本の代表は、2勝した中国戦で使われなかった選手を出場させた。「いろいろな選手を試したい」という意図だそうだ。それだけ、日本も人材豊富になったということか。それとも、スーパースター不在ということか。前者ということにしておこう。

 対する韓国は、フル代表の選手もいるようだ。結構レベルが高いらしい。

 試合が始まって、もう韓国のやりたい放題という感じ。よく走り、よくつなぐ。日本は、ディフェンス陣がバタバタしていて、全く組織されていない感じ。1対1の局面でも、相手のスピードについていけない。

 フリーでシュートを簡単に打たせてしまっている。案の定、開始5分でコーナーキックから、またもマークを振り切られてヘディングシュートを決められてしまう。

 日本は、中盤も機能せず、ロングボールを放り込んではカットされることの繰り返し。これは、無様な試合になってしまうかもしれないと感じた。

 我が大宮からは、田中輝和が右サイドバックのポジションで先発出場した。可もなく不可もなくという感じか。もう少し、突破を見せてほしかったと思う。ぜひこれを機会に、J公式戦にもデビューしてほしい。

 後半、さすがは反町監督だ。少しずつだがゲームをつくれるようになってきた。相手のシュートがポストに当たるという幸運も2度ほどあったが、互角以上の戦いぶりになった。

「攻撃は最大の防御である」ということを強く感じた。リスクを負っても、サイドバックを高いポジションに置いて、攻撃面で数的有利をつくり出したのがよかったのだろう。やっぱり、攻撃でリズムをつくらなくちゃ!

 選手交代も、次々と攻撃的な選手を投入した。親善試合とはいえ、勝ちきることも大事な経験だと思う。田中が交代したのは残念だったが、やむをないだろう。

 攻撃にリズムがでたおかげで、日本は相手のオウンゴールを呼んだ。カレンの頭にピタリとあったと思ったら空振り。その裏にいたディフェンダーにはボールが見えなかったのだろう。お気の毒に。

 目立った選手は、千葉の水野。突破力があるし、よく走っている。戻りも速い。アイディアもあって、ボールを持つと楽しみに思える選手だ。

 それから、野州高校の乾も元気よかった。1対1で突っかけていく選手が私は好きだ。スルーパスもいい。

 11月21日に、国立競技場で再戦する。今度は、ディフェンスの修正をして、立ち上がりから互角に戦ってほしい。 

<関連情報>
日本は韓国と1-1で引き分け/親善試合(日刊スポーツ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年10月12日 (木)

アジアカップ・インド戦

 すでに決勝進出を決めているインド戦は、消化試合。しかも、超格下だから、あんまりピリピリする必要もない。

 とは言っても、どうしてこんなに弱い相手に合わせてしまうのだろうと思った。解説の風間さんも、「細かいところをきちっとやってほしいですね」と言っていた。全くその通りだと思う。特に、トラップミスが多かった。きちんと止めていればシュートの精度はもっと上がるし得点も増えただろう。

 確かに、スタジアムはひどかった。芝は所々はげているし、選手のコメントでは相当硬いピッチだったようだ。グラウンダーのパスはことごとく流れてしまっていた。あれが、足下にピタッときていれば大量得点はまちがいなしだった。

 おまけに、またも停電。インドは、国際試合をやる資格がないと思う。

 こういう運営までちゃんとできない国と、いい勝負をしちゃってるようでは…。

 いいニュースもある。Jで活躍中の播戸は、2得点と結果を出したし、中村憲のゲームメイクもおもしろかった。ミドルはご褒美みたいな感じ。この2人が代表初スタメンで初ゴールというのは、日頃ちゃんと結果を出している選手だからこそできることだと思う。

 水本が負傷した後、鈴木を下げて、今野・阿部・鈴木という3バックになった。これ、すごくおもしろいとおもった。でも、本職DFは、どういう心境なんだろう?攻撃参加、ボランチ的なつなぎのできるDFじゃなくちゃ使えないということか。こういうオシムの新たな刺激に、選手がこたえられるようになってほしい。

<関連情報>
オシム怒り心頭…日本、格下インドに“ふがいない”勝利(サンスポ)

播戸弾弾、中村弾!日本3発快勝(スポーツ報知)

日本が3-0快勝/アジア杯予選(日刊スポーツ)

播戸持ち味発揮 初先発で2ゴール(スポニチ)


 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年10月 5日 (木)

日本代表・ガーナ戦

 ガーナ戦、テレビでも見ることができなかった。あとで、スポーツニュースで映像を見ただけなので、試合の流れはわからない。

 でも、あのメンバーで、そこそこやったんじゃないかとは思う。ただ、やっぱり魅力に欠けるなぁ。

 監督は指揮官だけど、実際にパフォーマンスを発揮するのは選手なんだから、監督に声援を送っているようじゃだめだと思う。選手を応援しよう。そのためにも、好きな選手、応援したくなる選手に代表になってもらいたい。

 今回は、以上。

<関連情報>
ガーナに敗戦も収穫あり!仏のオシム?「チャレンジは成功した」(サンスポ)

日本、ガーナに0―1で敗れる…キリン・チャレンジ杯(スポーツ報知)

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ