2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

サッカーW杯

2006年12月18日 (月)

クラブW杯決勝・バルサ、一発に沈む

 トヨタカップの決勝を今年はテレビ観戦した。

 昨年は、寒い中、日産スタジアムまで行って生観戦したんだよなぁ。やっぱり、生で見るのは臨場感がちがうね。テレビの方が画面は大きいけどね。

 今年のトヨタカップは、私にとっては今ひとつ盛り上がりに欠けた。ロナウジーニョのプレーが見られたのはうれしいけど、万全の状態ではなかったようだ。

 マークも激しすぎる。ふつうの選手があれぐらいマークされていたら、簡単に倒れているだろう。スローで見ても、DFを抜くときに膝とかバンバン蹴られている。にもかかわらず、バランス一つ崩さない。高いレベルになればなるほど、基本がしっかり身に付いているということを痛感する。

 インテル・ナシオナルは、よく走っていた。組織的な守備もすばらしかった。

 中でもすばらしかったのが、イアルレイ選手。かつてボカジュニアースでトヨタカップを制した経験のあるブラジル人選手だ。

 10番をつけているだけのことはある。うまい! 得点のシーンも、彼が演出した。

 それにしても、インテルには若いタレントが豊富だ。ブラジルの国内リーグというのは、そんな人材の宝庫なのだろう。名を上げれば、ヨーロッパのクラブに高額で移籍できるというわけだ。

 我が大宮に欲しいと思う選手がたくさんいる。日本のスカウトもがんばってほしい。

 来年こそは、日本のクラブが、このトヨタカップに参戦してほしい。可能性が高いのは、浦和レッズか。くやしいけどアジアでの戦いは応援することにしよう。

<関連情報>
クラブW杯2006・トップ(日刊スポーツ)

アドリアーノ弾で初栄冠!“無名軍団”インテルナシオナルが世界一(サンスポ)

ロナウジーニョ、勝利の美酒に酔えず…バルセロナ、初の世界一は夢に(サンスポ)

ロナウジーニョ泣いた 失敗世界一…トヨタクラブW杯(スポーツ報知)

ロナウジーニョ不発 バルサ負けた(スポニチ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年8月15日 (火)

サッカーらしくない背番号

 連日、日本代表オシム流の練習について、盛んに報道されている。アジア杯のイエメン戦ぐらいで、これだけ注目されるんだからすごいよね。

 発表された22人の代表の背番号が発表された。これが大きな番号が並んでいて、サッカーらしくない。1ケタの番号は、遠藤の4だけ。小林大悟は59、一番大きな番号は坂田の67。

 2月に初戦を行ったアジア杯の登録が生きているそうで、ジーコ前監督は、42人を登録していたという。つまり、42以下の番号の選手は、ジーコの構想に入っていたことになり、43以上はオシムが新たに発掘したということになる。“代表に呼ばれた順”みたいでおもしろい。大きな番号の選手に、大いに活躍してほしい。

GK
 23 川口 能活(磐田)
 43 山岸 範宏(浦和)
DF
 14 三都主アレサンドロ(浦和)
 20 坪井 慶介(浦和)
 21 加地 亮(G大阪)
 45 田中マルクス闘莉王(浦和)
 31 駒野 友一(広島)
MF
 50 中村 直志(名古屋)
 51 羽生 直剛(千葉)
 4 遠藤 保仁(G大阪)
 55 鈴木 啓太(浦和)
 30 阿部 勇樹(千葉)
 56 山瀬 功治(横浜)
 57 佐藤 勇人(千葉)
 58 田中 隼磨(横浜)
 59 小林 大悟(大宮)
 35 長谷部 誠(浦和)
FW
 36 巻 誠一郎(千葉)
 65 我那覇 和樹(川崎)
 37 佐藤 寿人(広島)
 38 田中 達也(浦和)
 67 坂田 大輔(横浜)

<関連記事>
 ・“中田2世”を探せ!オシム監督、実戦練習でMF創造性テスト(サンスポ)

2006年8月10日 (木)

白星発進!オシム・ジャパン

オシムジャパンの初戦となるトリニダート・トバゴ戦は、旅先のホテルで見た。

三都主の2ゴールで快勝という好スタートを切った。旅の都合もいろいろあって、前半の終わり30分頃から見たので、またしてもゴールシーンを見逃した。

 期待の小林大悟は、先発ではなかった。そのポジションに入っているのが、山瀬というのがちょっと気に入らなかった。まぁ、いいプレーはしていたけど。浦和レッズジャパンみたいだったのも、短期にまとめ上げるためには仕方がないだろう。

 後半、大悟がついに登場。ワンタッチでボールをさばいたりしているけど、残念ながら見せ場はなかった。次に期待しよう。次はぜひ先発で使ってほしい。途中出場のタイプじゃないからね。

 新生オシムジャパンは、ずいぶんメンバーが替わって若返った。パスもけっこう回っていていい感じだった。相手が弱いけど。

 これから、オシム監督の走るサッカーをしっかり定着させて、強くなってほしい。とりあえず、次は16日のアジア杯予選のイエメン戦だ。ゴールラッシュを期待したい。

 記事とは関係ないけど、旅行はよかった。感動の風景写真を2枚。
Img_2639

Img_2690a

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年8月 5日 (土)

たった13人の代表招集

 オシムが監督になってから、初の代表招集があった。

 おもしろいことに、13人しか選ばれなかった。確かに、ガンバ大阪とジェフ千葉、鹿島アントラーズは、クラブの事情で今抜けられない。でも、それなら今までは読んだことのない者にお呼びがかかったはずだ。

 しかし、オシムはそういうことをしなかった。ワールドカップの代表選考のとき、そうやって結局見捨てられてしまった選手は多い。だったら、こうやって呼べない分を空席にしておくというのは筋が通っているかもしれない。

 選ばれた13人は、次の通り。 

GK 川口 能活 ジュビロ磐田
GK 山岸 範宏 浦和レッズ
DF 三都主アレサンドロ 浦和レッズ
DF 坪井 慶介 浦和レッズ
DF 田中マルクス闘莉王 浦和レッズ
DF 駒野 友一 サンフレッチェ広島
MF 田中 隼磨 横浜F・マリノス
MF 今野 泰幸 FC東京
MF 小林 大悟 大宮アルディージャ
MF 長谷部 誠 浦和レッズ
FW 我那覇和樹 川崎フロンターレ
FW 佐藤 寿人 サンフレッチェ広島
FW 田中 達也 浦和レッズ

 みんな呼ばれるべくして呼ばれた者ばかりだと思う。特に、小林大悟の招集はうれしい!大宮から初の代表である。これから、リーグの戦いが厳しくなるかもしれないが、大悟には日本の顔になってもらいたい。

 オシムの流儀として、今現在で結果を出していなければダメという漢字である。私はそれに大賛成だ。特に、点をとる感覚を忘れてしまったようなFWをとっても全く使い物にならないだろう。だったら、ちゃんと結果を残している選手の方が何とかしてくれそうだ。

 そういう意味で、小野伸二の落選もうなずけてしまう。本人も納得だと言うが、ちょっと悲しい。けがの多い選手だが、テクニックは抜群。大悟とは先輩後輩の仲だから、コンビネーションもバッチリじゃないかと思ったのだが。早く、けがの不安から完全復調してほしい。

 残り数人は、ガンバと千葉と鹿島から選ばれるということは、まぁ予想通りという感じだろうか。それにしても、日本代表監督として、バシッと自分の意見を主張できるというのがいい。今後がたのしみである。

<関連記事>
え!?たった13人…小野落選!見せたオシム流サプライズ(サンスポ)

オシム監督代表発表、たったの13人(日刊スポーツ)

日程重なりすぎ!“ベスト”無理だよ(セルジオ越後・ちゃんとサッカーしなさい)

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年7月22日 (土)

オシムジャパン誕生

 川淵さんが口をすべらせて、オシムの名前が出てから、あっという間に監督就任となった。つまり、監督要請の動きというのは相当前からあって、名前が出たときにはもう固まっていたということだ。そこから正式決定までは、単に書類上の形式的な作業ということか。

 オシムジャパン、正式に誕生-サッカー協会理事会で決定(サンスポ)

 イビチャ・オシム氏の経歴は、以下の通りである。
 
1941年 ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)・サラエボ生まれ(現65歳)
1959年 地元のFCゼレツカニール・サラエボでプロデビュー
       旧ユーゴスラビア代表として16試合に出場し8得点
1986年 同代表監督就任
1990年 ストイコビッチらを擁して、イタリアW杯8強入り 
       オーストリアのシュトルム・グラーツ監督
2003年 J1市原(現千葉)監督に就任
       年間3位に躍進
2005年 ナビスコ杯初優勝

 監督としても円熟期に入ったという感じだ。日本代表には、「日本らしいサッカーを」という言葉に期待している。もちろん勝って結果を残してほしいけれど、見ていて楽しい、応援したくなるチームになってほしいと思う。

 さて、オシムと言えば、語る言葉に深みを感じる人だ。今回の監督就任のインタビューでも、なかなか興味深い発言があった。

 監督就任の感想を聞かれて。

「契約は結婚のようなもの」
「だいたい初めはうまくいくが、その後どうなるかは分からない」

 そう、ジーコ監督が就任した時も、確か絶賛だったような…。私は、ジーコをある程度評価しているけど、万人に認められるというのはとても難しいことだろう。そういう意味で「結婚のようなもの」というたとえは、座布団1枚級だ。

「代表は車に例えられる。みなが後押しする必要がある。今は止まっている状況。だからこそ全員で強く押さなくてはならない」

 けっこう厳しい分析だと感じた。確かに、方向性が定まっていないという感じは見える。どうやって、押していくのか楽しみだ。

ワールドカップでの敗北をどう見かと聞かれて、得意の逆質問。

「みなさんが失望したとすれば、その前に状況を楽観視していたことになる。その見方はどんな根拠に基づいていたのか」
「力以上の期待をすると失望することになる。現実的に考える必要がある」

 痛いところをつかれてしまった。根拠のない「1勝1敗1分で決勝トーナメント進出」なんていう言葉遊びをしているからダメなんだと言われてしまったようだ。そういうふうに批判してくれる大人の監督は、いいかもしれない。

 いずれにしても、長い目で見守りたい。次のトリニダード・トバゴ戦の結果を見て、どうのこうのとか言わないようにしよう。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年7月10日 (月)

イタリア優勝で閉幕(ワールドカップ決勝)

 遠足前夜の子どもみたいに、妙に緊張して目が覚めた。1時に起きて、1時半に起きて、2時にも目が覚めた。結局テレビの前に座ったのは2時40分だったけど。

 前半早々、フランスのPK。これをジダンが心憎いループで決めた。決勝のあの舞台で、しかもPKで、あれをやるとは。そして、いとも簡単そうに決めてしまうから、ジダンなんだなと思った。でも、これで打ち合いの決勝が見られるんじゃないかと思ってわくわくした。

 予想通り、イタリアが19分に、コーナーキックからマテラッツィのメチャクチャ高いヘッドが炸裂した。これで同点。次の1点がどちらに入ったとしても、2-1じゃ終わらないだろうと予想した。

 しかし、試合は硬直状態に。

 ここからは、戦前の予想通り、まったくおもしろくない試合になった。決定機がほとんどない。得点のにおいがまったくしない。後半から延長まで、ずっとフランスがボールを支配していたけど、フランスのシュートは枠をとらえない。イタリアはシュートにまで結びつけられない。

 延長は、両チームとも足が止まってしまった。相当つかれているようだった。途中交代した選手も、なぜか動きが鈍かった。フランスで元気だったのは、リベリーぐらいで、彼が交代してフランスには絶対得点は入らないと確信した。

 そして、ジダンの退場。あれはやってはいけない行為だ。世界の英雄の評価が地に落ちてしまう。残念だ。
 PKをあれだけ落ち着いて蹴れるプレーヤーが、あんなに簡単に挑発に乗ってしまうのか?
 引退を決めているラストマッチなのに、そういう自覚はなかったのか?
ここでフランスの勝利は完全に消えたと思った。

 イタリアが優勝して、今大会も終わり。期待していた最後の試合が、後味の悪いものになってしまったのが残念だ。長丁場のワールドカップ、優勝するというのは大変なことだ。何が起こるか分からないし。とりあえず言えることは、次の3つがそろっていなければ絶対に優勝はあり得ないということだ。
 ・強力なディフェンス力を持っていること
 ・経験と実績のある選手がそろっていること
 ・運に恵まれること
日本にも、いつかそんな日が来てほしい。では、また4年後。

http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006070901/1.htm

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年7月 9日 (日)

開催国ドイツが3位

 やっぱり、たくさん点が入るとおもしろい。ゴールシーンというのは、最高に美しい形だから。

 ワールドカップが始まって、ちょうど1ヶ月。長丁場の戦い。最高の緊張感の中での試合。ドイツもポルトガルも、これが7試合目。疲労も絶頂だろう。
 
 しかし、選手はいいプレーを見せてくれた。ポゼッションは、ポルトガルの方が上だったが、決定力で点差が開いてしまった。パウレタがワントップでいても、得点していないフォワードというのは恐い感じがしない。それに対して、攻め方や決め方が美しくなくても、2トップで8点を上げているドイツフォワードは驚異に感じる。

 でも、ゲームを動かしたのは、シュバインシュタイガーのミドルシュートだった。今大会、“揺れて落ちる無回転ミドル”がゴールネットを揺らすシーンが多い。1点目もそうだった。キーパーが逆をつかれている。ボールはゴールの真ん中に来ているのに、パンチングがかすりもしない。
  2点目は、オウンゴールにはなったけど、シュート性。3点目は、文句なしのミドルシュート。シュバインシュタイガーがすべての得点に絡む大活躍だった。

 ポルトガルも、一矢報いてくれたのでよかったと思う。途中交代のフィーゴからの絶妙なクロスをヌーノゴメスがダイビングヘッドできれいに決めた。最後まで見ててよかったと思うゴールだった。
 CロナウドのFKも惜しかった。ものすごい落ち方をしているように見えたけど、むしろあまり落ちない方が決まっていたかもしれない。カーンは完全に逆をつかれていたのに、手が届いちゃうから“神業”だ。さすが存在感はある。
http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006070807/1.htm

 最後に、審判を務めたチーム上川。見事なジャッジぶりだった。何度か、おや?と思うシーンはあったが、その都度スローが出て、まるで今のジャッジについて説明をしてくれているようだった。Cロナウドがずいぶん倒されていたようだけど、実は自分でコントロールを失ってコケているのがわかった。ちゃんと近くでよく見ていて、しかも毅然とした態度でかっこよかった。今回のワールドカップでは、上川さんが最高の舞台に立った日本人と言える。
 これまで気づかなかったけど、審判も表彰されるシーンを見た。メダルをかけてもらって満足そうだった。ごくろうさまでした。

 いよいよ、あとは決勝のみ。この1ヶ月、ほぼワールドカップブログと化しているが、それも明日までか。ちょっと寂しいね。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年7月 6日 (木)

C・ロナウドに決めてほしかった…(準決勝・ポルトガルVSフランス)

  スピードとテクニックのあるドリブルで、ディフェンス陣を切り裂いてチャンスメイクするというサッカーが私の好みだ。そういう点で、フィーゴC・ロナウドといった強力ドリブラーを擁するポルトガルにはがんばってほしかった。

 しかし、こう言ってはフランスに失礼かもしれないが、フランスの老獪な守備の前にポルトガルのよさはすべて消されてしまったようだった。サイドを突破しようとしても、すぐに3人に囲まれる。4人目もくるぐらいの徹底したつぶし方。コーナーキックをとるのが精一杯で、効果的なクロスは少なかった。

 それにしても、フランスのベテラン選手は、全く緊張していないような落ち着き払った試合運びだった。スピードはないけど、足元のうまさはジダンをはじめとしてさすがと思った。でも、せっかく眠い目をこすって見ているんだから、もっと目の覚めるようなシーンがたくさん見たかった。はっきり言って、

 おもしろくない試合だ!!

と怒っていたら、C・ロナウドのものすごいFKが炸裂。あの時は目が覚めた。フィーゴが押し込んでいればなぁ。残念。

 ポルトガルが見せたロスタイムのパワープレーも、興味深かった。そういうチームカラーじゃないと思っていたから。けっこう期待が持てる攻撃で、もしかして…と思わせた。

 でも、やっぱりフランスは落ち着いていて、本当に憎いぐらいだった。結局、あんまりおもしろくないアンリがとったPKをジダンが決めた、あの1点だけで試合が終わってしまった。

 これで、決勝は、イタリアVSフランスとなった。私にとって予想外の決勝の顔合わせ。

 「ジダンの花道」VS「ごたごたイタリアサッカー界の再生」

 ジダンの花道の方を選びたいけど、そうすると決勝もおもしろくない試合になってしまう。イタリアの優勝としておこう。ずっと予想はずしてるけど。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年7月 5日 (水)

イタリアが決勝進出!(準決勝・ドイツVSイタリア)

 またも、予想をはずした。きわどい試合になるとは思っていたけど…。ドイツに3票入れて、イタリアにも1票入れておこうというところだった。ホームのドイツの勢いを止めたのは、イタリアの強固なディフェンスだった。
 
 前後半を通して、どちらにもいくつかの決定的なシーンがあった。ちょっとした違いといえば、ドイツの攻撃には、得点のにおいがあまりしなかったところか。決定的なシュートが枠をはずれていたのが残念だった。

 中盤のつなぎは、両チームともさすがだ。特に、浮き球の処理がうまい。体の入れ方や相手を引きつけてからのパスなど、こういうところを日本に学んでほしいんだよなと思うことがたくさんあった。私は、教員なので、こういう体の使い方やボールコントロールの仕方を子どもたちに教えたいと思う。相手にボールを渡さないんだというプレースタイルが当たり前のようにできることが、サッカーに限らず、“ボールゲーム大国”になるには必要だと思った。

 そういう意味で、バラックのプレーはすばらしかった。

 しかし、もっとよかったのは、ピルロだった。大宮サポ的に言うと、マサ斉藤のように見えた。中盤のバランスをとるポジショニングや的確なパス。ボールタッチの回数も多かった。延長後半の決勝点も、ピルロが演出した。まさに、きょうのヒーローだ。
 それにしても、シュートを決めたグロッソは、左サイドの選手。ちょうどいいところにパスがきたのだけど、なぜあの位置にいたのかが疑問。あまりにできすぎという感じだ。「オドンコルが入ってから、ほとんど上がらなくなりましたね」と解説者が言っていたぐらいだったのだから。

 レーマンも、さすが世界最高レベルのキーパーだけあって、安定感のあるプレーを見せてくれたが、あのシュートは防ぎようがない。完璧なシュートだった。

 2点目をデルピエロに決められて、イタリア劇場閉幕。こういう勝ち方は気持ちいいだろう。うーん、次はどう予想したらいいだろう?

http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006070401/1.htm

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング 

2006年7月 2日 (日)

ベスト4はヨーロッパ勢が独占

 昨晩も、眠い目をこすりながらがんばったけど、ブラジル-フランス戦は完全に夢の中。朝のニュースで、ブラジルが負けたことを知った。
 予選リーグは、ほぼ順当という感じだったが、決勝もここへ来て、予想が丸外れ。

○ドイツ 1 - 1 (PK:4 - 2) アルゼンチン×
 アルゼンチンの攻撃力が勝ると思っていたけど、ドイツのゲルマン魂と地の利に、してやられた感じ。キーパーの負傷交代も痛かったのでは? リケルメの交代も早かったのではという声も。攻めきってほしかった。もっとメッシやテベス、サビオラの多彩な攻撃を見たかった。ここまできたら、地元ドイツが優勝しそうな気がしてきた。レーマンのセーブはすごかった。やっと本領発揮というところだろう。
 
 ドイツ-アルゼンチン戦ハイライト動画
http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006063001/1.htm

○イタリア 3 - 0 ウクライナ×
 この試合は、すべて見たけど、点差ほど力の差があったとは思えない。前半のザンブロッタのものすごいスピードのドリブルからのスーパーゴールが決まって、流れがイタリアに傾いたような。トーニが決めて、チームとして波に乗ってしまった感じ。ウクライナは、シュートがナイスセーブされたり、ゴールポストをたたいたりして不運だった。でも、シェフチェンコなど、存在感のある選手が目立っていた。

 イタリア-ウクライナ戦ハイライト動画
http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006063002/1.htm

×イングランド 0 - 0 (PK:1 - 3) ポルトガル○
 予想通り、点数の入らない試合になった。ポルトガルは、前の試合でイエロー・レッドの乱発だったから、当然苦しいだろうと思った。イングランドは、得点力に難がある。ロナウドのドリブル突破は驚異だ。カミソリのようにキレる感じのドリブルだ。フィーゴはスピード感こそないが、安定したドリブル突破を図っている。イングランドに傾きかけていた流れも、ルーニーの一発退場でフイ。ポルトガルはファンなんだけど、イングランドのジェラード、ランパードの大型MFが見れないのは残念。

 イングランド-ポルトガル戦ハイライト動画
http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006070107/1.htm

×ブラジル 0 - 1 フランス○
 まさかブラジルが負けるとは思わなかった。ジダン、アンリが調子よくなっているのは確かだけど。ジダンの引退がのびていくのはいいことだけど、ブラジルの美しい攻撃サッカーが見られなくなってしまうのはとても残念だ。やっぱり、このクラスになると、勝負は紙一重なんだと思った。フランスはブラジルの天敵か?ブラジルが優勝するという私の予想は、ここではずれ決定となってしまった。

 ブラジル-フランス戦ハイライト動画
http://sports.nifty.com/saposta/cs/schedule/details/2006070108/1.htm

 これで、準決勝は、
 ドイツVSイタリア
 ポルトガルVSフランス

ということになった。個人的な好みで言うと、ポルトガルを応援したい。前回、優勝候補と予想していたのに、まさかの予選敗退。決勝は、ドイツVSポルトガル。でも、優勝はドイツ? こんな予想を立ててみた。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ