2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

健康教育

2010年9月 5日 (日)

運動時の熱中症対策について

 これだけの猛暑が続いて、熱中症で倒れる人が続出しているとの報道が多くなっている。

 ん~、確かに、熱中症はこわいし、それなりの対策をとらなければならないと思っているのだが…。

 ちょっと、“騒ぎすぎ?”という感じもしている。

 たとえば、最近、天気予報で、熱中症対策についても触れるようになってきた。

 「熱中症情報です。本日は、原則運動中止となっています」

といった具合に。

 これって、どこに根拠があるのかっていうと、


熱中症予防のための運動指針(1994日本体育協会)


というのがあるんだそうだ。

 この運動指針によると、気温35℃以上になれば、原則運動中止となっている。

 それはね、確かにそれだけ暑ければ運動はしない方が身のためですよ、っていうことはよくわかる。

 しかし、この指針をすべてに適用したら、夏休みの部活は全部中止でしょうね。

 小学校でも、運動会シーズンを控えているので、この暑さの中でも、練習しなければならないでしょう。

 雨でも中止、暑くても中止、なんてことでは、行事をこなすことができなくなりそうです。

 
 私自身、思うに、まずは自己管理。

 しっかりとした水分補給。早めの休養。

 体調が悪かったら、迷わず休む。

 あとは、指導者がそのことをきちんと理解して、無理にやらせないこと。

 
 暑いからといって、エアコンの効いた部屋にばっかりいるようでは、やっぱりダメたと思いますよ。

2010年5月 5日 (水)

国民生活選好度調査の結果から

 4月27日、内閣府から「国民生活選好度調査」の結果が公表された。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/senkoudo/senkoudo.html


 この調査は、国民が実感している幸福感・満足感の現状を把握することを目的としているそうだ。


 この調査の第1問は、これ。

 現在、あなたはどの程度幸せですか。「とても幸せ」を10 点、「とても不幸」を0点とすると、何点くらいになると思いますか。いずれかの数字を1つだけ○で囲んでください。


 この問いに対する結果は、これ。

・日本人の幸福度の平均値は“6.5”。

・真ん中の“5”を選択する者が多い。


 この結果を見ただけでも、何となく“日本人的”だなぁと思ってしまう(残念ながら悪い意味で)。

 自分も、確かに毎日忙しいけど、幸福感はけっこう大きいよね。


 また、こんな結果を出ている。

・男女別には、女性のほうが幸福感が高い。

・年齢別には、30 歳代の幸福感が最も高く、年齢階層があがるにつれ低下する。

 男性の方が拘束された生活をしているんでしょうかね。

 このへん、解釈の仕方によって、女性から反感を買いそうです。

 年齢が上がると、どんどん幸せじゃなくなる社会って、とっても悲しい気がする。

 ただ、結果に表れていることと、実際とはずいぶん違うんじゃないかなと感じる。

 カネと時間的なゆとりは、リタイアした方の方がずっとたくさんあると思うけど。


 幸福感を判断する際に重視した事項(複数選択)で、最も多かったのは、

 健康状況(69.7%)

だった。

 健康教育を推進している身にとっては、

 「それみたことか」

という感じである。

 小学校や中学校では、なかなか“健康”というものが、切実なものとして理解されない。

 だからこそ、「大事だぁ大事だぁ」と連呼するんじゃなくて、

 健康になることが楽しい、うれしい!

と思える学習を組織したいと考えている。(これ、持論です!)


 それから、幸福感を判断する際に重視した事項の4番目に、

 自由な時間・充実した余暇(46.7%)

というのがあった。

 健康ほどではないにしろ、仕事よりも余暇が人生にとっては重要な部分を占めるってことかな。

 これも持論だけど、健康ともかかわって、余暇を楽しむ最良の選択は、

 スポーツ

だと思っている。

 だからこそ、余暇を楽しむためのスポーツについて、もっともっと学校の体育に時間に学ばせたい。

 体力向上も、技能向上も大事だけどね。

 楽しむってこと、運動の楽しさってことを重要視したい。


 「国民生活選好度調査」の結果から、改めて感じたことでした。

2010年4月30日 (金)

たばこ値上げ

 たばこの値上げが決まった。

 10月1日から、110円~140円も値上げするようだ。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100428/biz1004281529017-n1.htm

 これは、相当な額ですよね。

 禁煙を加速することになるだろうか。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100428/biz1004282214031-n1.htm

 たばこ離れが進むほど、消費が落ち込むから、値上げ幅も大きくなる。

 そうすると、余計にたばこ離れが進むだろう。

 これは、もう世の流れかな。


 無煙な社会になるといいと思う。

 
 たばこネタで、もう一つ。

 未成年の喫煙率が激減しているようだ。

 これは、タスポの影響もあるだろうし、喫煙防止教育の成果がようやく上がってきたという見方もあるだろう。

 どちらもそうだと思う。

 同時に、受動喫煙防止から、禁煙場所が増えて、喫煙するという行為がかっこ悪く思えるようになった来たことが大きいと感じている。

 昔は、たばこを吸う姿をカッコイイと思うような社会だった。

 そう思うと、世の流れを感じる。


 いっそ、これを機会に、本当に無煙社会になったらいいんじゃないだろうか。

 喫煙防止教育を進めている私にとっては、なかなかグッドなニュースだった。

2009年2月 3日 (火)

進まない受動喫煙対策

 久しぶりに健康教育系のネタを。

 先日、新聞記事にこんなのがあった。

 「進まない受動喫煙対策 分煙は防止効果なし 世界は全面禁煙へ」

 簡単にいってしまうと、日本は遅れているということである。

 WHOのたばこ規制枠組み条約が発効して4年という。

 たばこの害、とりわけ受動喫煙の害については広く認識されてきた。

 世界では、飲食店や公共の場での喫煙を法律で禁止する動きが広がっている。

 しかし、日本では、罰則規定のない努力義務(2003「健康増進法」)ということで、結局は事業所や公共団体の自主的な判断に任されてしまっている。

 記事によると、喫煙者でさえも、他人の煙を吸うことに不快感を感じている人が多いという。

 うちの近くのラーメン屋(結構うまい!)も、灰皿がなくなった。

 反面、ファミリーレストランのような子どももたくさん行くようなところが、まだ分煙にとどまっている。しかも、分煙といっても、何の仕切りもない。

 これじゃあね。

 ラーメン屋さんのように、スパッとやってくれないものか。

 それとも、罰則がなければダメなのか。

 早く、健康意識が高まることを期待している。

2007年9月11日 (火)

鼻出血の正しい止め方

 偶然だが、こんなビデオを見つけた。

 小学校の5年の保健の学習で、「けがの予防」というのがある。その学習では、簡単なけがについて、応急手当の仕方まで行うことになっている。小学校で、ですよ。

 その中に、鼻血(鼻出血)の止め方もある。まだ、間違ったやり方をしている人は、意外に多いんじゃないだろうか。このビデオを見て、学習しよう。

 グリグリと鼻の穴の中にティッシュを詰めたり、首筋をトントンたたいたりしないように。こめかみのあたりをぬれタオルなどで冷やすのもいい。

2007年9月 1日 (土)

ジョギングよりサッカーが効果的というけど

 生活習慣病予防のために、2,3回、1時間程度運動するなら、ジョギングよりサッカーの方が効果的だという調査結果が出た。

 デンマークのコペンハーゲン大の研究チームによると、

 ・サッカーの方が体脂肪の減少幅が大きい。
 ・サッカーの方が筋肉が増える効果がある。
 ・サッカーの方が運動していて楽しい。

 楽しいっていうことは、それだけ長続きするし、何とかホルモンもいっぱい出るのかもしれない。

 運動の効果という点では、この研究の言う通りだろうと思う。サッカーの方がずっと激しいスポーツなのだから。

 しかし、だからといって、みんなサッカーをやった方がいいという問題ではないので気をつけよう。

 サッカーのような激しいスポーツでは、けがをするリスクも大きくなる。夢中でボールを追ってしまう。チームゲームだから自分だけ休むわけにはいかない。つい無理をする。ジョギング中に起こりそうなけがより、ずっと重傷なものになる可能性も高い。

 スポーツを愛する者としては、こういう効果だけを、しかも数値だけで、誤解を招くような公表のしかたには賛成しかねる。

 自分の好きなスポーツを、自分に合ったようにやればいいのである。簡単にやせようとか、簡単に病気を予防しようなんていう考え方そのものがおかしいのだと、私は思う。

ジョギングよりサッカーが効果的=生活習慣病対策で調査-コペンハーゲン大(ヤフー)

2007年5月30日 (水)

定期健康診断・オールA

 定期健康診断の結果がきた。毎年のことながら、けっこうドキドキする。

 あけてみると、オールA。心配された肝機能も問題なし。

Img_4346

 職場の若者に、「どうだ、すごいだろ」と自慢した。「すごいですね」と言ってくれた。

 ランニングをやっていると、免疫系がズタズタになっていることがある。いつだか、レースの翌日に血液検査をしたときはサイテーだった。医者に、「前日、フルマラソンを完走したんで、その影響だと思います」と言っても、わかってくれない人も多い。

 ま、ランニングも無理をすると、健康に悪いということがよくわかる。ということは、最近全く無理をしていないということ。複雑な心境ではある。

2007年5月24日 (木)

1箱1000円なら禁煙できるか?

 5月21日、京都大学の依田高典教授らが、興味ある調査結果を発表した。

 中でもおもしろいのが、たばこの価格と禁煙への意欲との関係である。たばこの値段が高くなるほど、禁煙を考えるようになるという。当然依存度が高い人ほど、効果は薄くなるが、700円を超えると約半数の喫煙者が禁煙を考える。1000円なら、約9割が禁煙を考える。

 ただ、“禁煙を考える”というのと、“禁煙を実行する”ということは、全く次元のちがう問題である。考えたひとの何%ぐらいが実際に禁煙行動をおこすのか、そのうち何%ぐらいが禁煙に成功するのか、そのうち何%ぐらいが再度喫煙しないかといった問題を、引き続き調査していただけるといいと思う。

 いずれにしても、現在のたばこの値段が安すぎるということは明らかである。思い切った値上げをせよという論拠となるデータが出されたということになる。今後、政府がどのような対応を行っていくのか見守りたい。

 

<関連情報>
たばこ1箱1000円ならほとんど禁煙…アンケート結果(読売新聞)

京都大教授ら発表「禁煙は健康より価格」(ニッカンスポーツ)

<ヘビースモーカー>価格800円で、ようやく7割禁煙(ヤフー・毎日新聞)

たばこ価格2倍で禁煙効果「高」 京大調査 ヘビースモーカーには効果「低」(ヤフー・京都新聞)

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年3月11日 (日)

タミフルでハイテンション

 去年も、ちょうど今頃だったか。またも5歳の息子がインフルエンザA型と診断された。

 今回は、熱が上がりきらないうちに医者に連れて行った。すぐにタミフルを処方してもらったので、結局熱は38度以上にはならず、しかもその日のうちに下がってしまった。

 去年も感じたが、やっぱり、タミフル恐るべし…である。

 医者から、「インフルエンザ治療薬タミフルについて」という解説をもらった。こういうふうに、ていねいに説明しないと誤解を招くことが多いのだろう。次のようなことが書かれている。

 ・最近、タミフルの副反応としての異常行動が報道で指摘されている。
 ・この異常行動は、タミフルの副反応とは断定できないが、副作用である可能性はある。
 ・しかし、3~4年間でタミフル服用後の16の死亡は極めて少ない数字と言える。
 ・インフルエンザ脳症は、毎年15~100人が死亡している。
 ・よって、タミフルの投与は、有益性が危険性を大きく上回っていると言える。
 ・そこで、当院ではタミフルの投与をお勧めする。
 ・しかし、患者さんの意向を尊重するので、希望されない場合は申し出ていただきた。
 ・インフルエンザ罹患時には、タミフルの投与いかんに関わらず、異常行動が出現する可能性はまちがいなくある。
 ・インフルエンザ罹患後、2~3日は、本人の言動に十分注意し、1人にさせず、室内から出て行かないよう注意していただきたい。
 
 とまぁ、こんな具合いである。報道がいかに過剰なもので、正確性を欠いているかわかる。正しい理解が必要である。

 そういうわけで、この土日は、A型の息子と缶詰め状態だった。うつらない自分も強いと思う。それより、薬を飲んだ息子が、いつになくハイテンションだった。やたら、しゃべる。寝てなんかいない。逆に怖くなってきてしまったりする。

 でも、軽くすむというのは本当に助かる。医療の進歩をつくづく感じる。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年1月21日 (日)

いい加減、楽してダイエットしようなんて考えは捨てよう

「食べながらダイエットできる」
「楽して痩せよう」

 こういう言葉に踊らされるのはいい加減にやめたらどうか。そんなうまい話があるわけないということは、みんなわかっているはずだ。

 それなのに、「今度のは本当ですよ」とか「今まで失敗した分をこれで取り返せますよ」なんて言われると、また信じてしまう。これ、キャッチセールスに引っかかりやすい人だそうだ。

「発掘!あるある大事典2」の話である。

 納豆のダイエット効果を紹介した7日放送分に、データ捏造などの問題が判明した。

 番組をつくる側は、人の健康を何だと思っているのか。話題性だけ追求すればいいという姿勢は改めなければならない。

 それにしてもだ。そんな番組を見て、簡単に踊ってしまう側は、何と浅はかなんだろうか。

 この番組で、ダイエットにいいとか健康にいいとか伝えられると、すぐにスーパーの売り場から、その食材が消えてしまうと言う。ばかばかしい。

 ある同僚が嘆いていた。「毎朝食べていた納豆が、ここんところ食べられなくなってしまった」

 どうせ、うわべだけで動いているわけだから、ブームはすぐに去る。本当に必要だという人が困るような消費行動はひかえよう。

 だって、食べて痩せるわけがないのだから。本当に痩せたいなら、カロリーの計算をちゃんとしよう。

 それと、ウォーキングやジョギングなど、手軽なスポーツもいいですよ。

<関連情報>
 「あるある大事典」の納豆ダイエットで捏造 関西テレビ(朝日新聞)

買い物客「番組通り食べたのに」 納豆ダイエット(朝日新聞)

関西テレビ社長、「捏造」渋々認める 納豆ダイエット(朝日新聞)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング


アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ