2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

ランニング

2010年10月11日 (月)

来年のマラソンにエントリー

 しばらく大会から遠ざかっていました。

 申し込むのも忘れてしまうぐらい,日々あわただしく働いております。

 が,今回は何とか〆切に間に合わせることができました。

 東京マラソンは,前に申し込んでありましたが,あと2つ申し込みました。

 1月30日 第59回勝田全国マラソン
 2月27日 東京マラソン2011
 3月20日 板橋Cityマラソン(東京・荒川市民マラソン)

 出場できるかどうかわかりませんが,とりあえずエントリーしてみました。

 何とか,スタートラインに立ちたいところです。

 仕事をクリアすることと,トレーニングもある程度すること。この2つが課題です。


 ところで,東京マラソンは,明日から抽選結果のお知らせがあるそうで。

 あの大雨の第1回に参加して以来ですから,何とか当たってほしいのですが。

 ドキドキ…。

2010年9月20日 (月)

土日ランナー

 このところ,少しずつランニングライフが復活している。

 体はきついが,毎日の生活に“張り”というか“アクセント”というか,そんな感じで心地よい。

 ストレスも確実に解消される。

 何より,ビールが10倍うまくなるしね。

 というわけで,たるんだお腹はなかなか締まってはきませんが…。

Image00765

 9月は,ここまで見事に,土日のみの「土日ランナー」状態である。

 きょうも休日。

 きょう走れば,土日祭日ランナーに昇格するかな?

2009年3月 7日 (土)

親子マラソン、楽しかったぁ

 あっという間に1週間がたってしまった。

Img_6944

 先週参加した「テレ玉親子ふれあいマラソン」、とっても楽しめた。

 何人か知っている子が走っていたりしたので、応援もした。

 
 小学校も高学年になると、やたらと速くなる。

 低学年の親子の部は、そういう意味で、まぁこのぐらいならという親がけっこういて、幼児の部に次ぐ人気種目となっていた。

 ということは、逆に高学年の部はねらい目か?

 親子共々、相当トレーニングしないときついだろうけど。

Img_6932a

 さて、1年生の息子は、けっこうがんばった。

 2キロを9分50秒。

 ゴール後の感想で、

「死んじゃうぐらい苦しかった」

という言葉があった。

 こういう苦しい経験は貴重だと思う。

『しっかり息を吸って、生きていることを確かめろ』

 一緒に走った親父の言葉としては、なかなかいいだろうと思っている。

 さて、来年も一緒に走ってくれるかな?

2009年3月 6日 (金)

2月の月間走行距離

 Run200902

 2月の月間走行距離は、125.5キロだった。

 目標は、低めに150キロとしておいたが、それも達成できなかった。

 ま、忙しくなる時期に、何とか朝の時間を作ってこれたのは、よくがんばったとしよう。

 問題は、休日の過ごし方。

 最近、ダラダラしすぎかな。

 パソコンの前に座りっぱなしのことも多いし。

 ちょい反省…。

2009年2月27日 (金)

シューズにつける小銭入れ

Img_6925

 けっこう便利で、いつもシューズにつけていた小銭入れ。

 10年以上使い込んだけど、ついに破けてしまった(写真)。

 走っていると、お金がこぼれ出てしまう。

 というわけで、新しいのを買った。

 アディダス製で、前のよりもちょっと小ぶり。デザイン的にはかっこいいんだけど、どうにも使い心地がよくない。

 取り出し口が小さいから、指が入らない。

 腰を屈めて、120円取り出すのに、けっこう時間がかかる。

 自動販売機の前で、四苦八苦している姿は、周りの人からどんなふうに見られているんだろう?なんて考えてしまったりする。

 ちょっとした小物だけど、使う側の気持ちを考えてくれるとうれしいと思った。

2009年2月19日 (木)

心拍数の変化

 今年1月から、ランニングを再開して以来、自分の体を使って、ある“実験”をしてきた。

 それは、

  ランニングによって、心臓がパワーアップすること

を確認することである。

 以前、長期研修でそんな研究をしたことがある。

 自分の体が、運動によって、着実にかわっていくということを実感できれば、健康な生活習慣としてスポーツの有用性も理解できるのではないかと。

 1ヶ月半、ランニング前・ランニング直後・その2分後の心拍数をずっととってきた。

 その結果をグラフにしたものが、これである。

Sinpaku
                             (15秒間の心拍数)

 ランニング直後の心拍数は、ほんの数日でぐっと少なくなる。これまでの経験があるから、すぐに心臓も慣れるということだろう。

 ちなみに心拍数が減るということは、それだけ心臓がパワーアップしていることに他ならない。

 直後は、その後あまり変化がないようにも感じられる。これは、慣れてくれば、当然走るペースも上がってくるからかもしれない。

 ランニング前の心拍数も2分後の心拍数も、少しずつ減ってきている。

 なるほど、確かに変化が見られることがわかった。

 人間の体って、やっぱりスゴイ! こうやって体は適応していくんだということがよくわかった。

 なんか、とってもうれしい。

  

2009年2月15日 (日)

イエローチップ年間登録サービス終了

Img_6915

 チャンピオンズチップによる計測システムが導入されて、13年だそうだ。

 私は個人的に、このシステムが気に入って、イエローチップホルダーになった。

 自分専用のチップを持つということは、けっこう便利だった。

 レース用のシューズには、ほぼつけっぱなし。

 ゴール後も、取り外して返す必要もなく、快適である。

 しかも、年間に参加した大会のタイムをまとめて教えてくれるというオマケまでついていた。

 最近は、チャンピオンズチップを使わない大会も増えてきた。

 東京マラソンなんかは、薄いICチップだった。

 せっかくの統一したシステムが、また多様化してしまうのは、参加する側としては不便になるような感じがする。


 年間500円の登録料は、安いか高いかわからないが、自分としては今回のサービス終了はとても寂しい。

 

2009年2月13日 (金)

1月の月間走行距離

 遅くなったが、1月の月間走行距離をまとめた。

Soukou0901

 11日から走り始めたので、当然それまではゼロ。

 ずいぶんと休んでいたので、77キロという数字は、まぁこんなものかという感じ。

 大事なのは、これから。

 休まず継続していきたい。

 
 そうだ! サロマ申し込まなければ。

2009年2月11日 (水)

テレ玉親子ふれあいマラソンにエントリー

Img_6917

http://www.teletama.jp/sports/oyakofureai/2009.htm

 一昨年、参加したテレ玉親子ふれあいマラソンに参加することにした。

 実は、昨日がエントリー〆切り日で、あわててネットから申し込んだ。

 種目は、親子の部(1,2年)。

 うちの子どもたちは3人とも、低学年のうちに、この「親子マラソン」に参加させられている。

 ま、いちおう、本人も

 「やる!」

とは言っているのだが、2㎞はけっこうきつい。

 練習もやるやると言いながら、それほどできないから、つらさも倍増である。

 だからって、走ることが嫌いになっちゃうわけでもないようだ。

 6年生になる娘も、高学年の部に参加すると言うのだから。

 ふだん、父親が走っているのをチラチラ見ているからだろうか。

 ま、何でもいいから、自分の好きなスポーツを楽しみ続けられるようになってほしいと思っている。
 

2009年2月 8日 (日)

富士山

 ランニングを再開して、そろそろ1ヶ月。

 平日は、早朝。休日は、夕方に走ることが多い。

 この時期の楽しみの一つは、美しい夕焼け&朝焼けが見られること。

 特に、ランニングコースにある陸橋の上からは、富士山も拝める。

 なかなかの絶景である。

Img_6911

 デジカメを持っていったけど、なかなかうまくとれず…。

 本当は、もっともっと感動的な美しさなんだけど。

より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ