2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

読書記録

2006年12月27日 (水)

セルジオ越後 著 : 日本サッカーと「世界基準」

 辛口コメントでおなじみのセルジオさんが書いた本。

 日本サッカーは、果たして世界基準に到達できるのかを、真剣に、かつ厳しく論じている。

 おもしろかったのは、日本チームの決定力不足解消のヒント。日本の草サッカーは“時間”で終わりになるが、ブラジルの草サッカーはお互いが決めた“点数”を取るまで続ける。ここに決定的な差があるという。

 また、不調のストライカーには「シュート1本外したら100円の罰金。1点決めたら1000円の褒美」という賭けをすればやる気が出るとか。

 サッカーの教育と育成についても、“補欠の撤廃”が最大の課題であるという。

 これには、私も大賛成である。日本のスポーツは学校中心で動いてきた。そのため、強豪校には50人、60人、いや何百人という部員がいても、レギュラーはたったの11人。

 クラブチームが中心なら、出場機会に恵まれない子はどんどん他のクラブに移ればいい。すべてのクラブが強豪をめざさなくてもいいようなスポーツ環境ができたらいいなと感じた。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年12月20日 (水)

山田 豊 著 「会議で事件を起こせ」

 学校も会議が多くて、何とかしたいと思っている。

 悪い会議に、名前を付けているのがおもしろいし、著者はこのネーミングをみんなが意識することが大切だと言っている。

 「独演会現象」
  特定の人がひたすら喋り続ける
 「様子見現象」
  皆が周りの顔色を窺って発言しない
 「百家争鳴現象」
  発言は活発だけれど建設的な議論にならない
 「ダメダメ現象」
  自由な意見に上司がダメを出し続ける  

 など…。

 会議の目的と目標を参加者が共有するだけでも相当変わる。
 
 問題と感じている人は多いが、本気で変えようと思っている人は少ない。

 変えようという意識を持って行動に移せ、と励まされた感じになった。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年12月12日 (火)

伊藤 進著「ほめるな」

「ほめる教育」が子どもをつぶす!という過激な帯の言葉に惹かれて購入。

 なにせうちの学校の実践指針は「褒める」ですから。これは読んでおかないと…。

 批判的な意識と言うより、いろんな考え方を聞いて、自分のスタイルを確立したいと思っているので。

 読んでみて、そんなに過激じゃないし、そんなほめ方をしていたらダメになるというのは確かにあると感じた。

 私も校内で主張してきたが、ただやみくもに「えらいね」「すごいね」「いい子だね」と言ってみても、意味はない。場当たり的にほめても、子どもは素直に受け止めない。

 その子に響く言葉でなければ変容はないだろう。

 その子を真剣に理解することが大前提であることは明らかだ。そういうことを再確認した本ではあった。


2006年11月25日 (土)

佐伯 年詩雄 著「これからの体育を学ぶ人のために」

 佐伯年詩雄先生(筑波大学名誉教授、平成国際大学教授)の「これからの体育を学ぶ人のために」を読んだ。

 この本は、これまで先生が体育関係の雑誌に書かれてきた論文を1冊にまとめたものである。

 だから、1つのまとまりが雑誌論文サイズになっているので、短くて読みやすい。

 しかも、ものすごく切れ味鋭い表現なので、読んでいて、いちいちストンと落ちてくる。

 体育という教科は、運動を教える教科である。しかし、実態はどうだろう?単なる発散の場であることも多いし、運動を通じて培われる社会性や体力ばかりが重要視されている面もある。

 運動は、それ自体が目的であり内容である。つまり、体育科は運動そのものの楽しさを味わうための教科である。
 
 授業研究会ですばらしい授業を見ることは多いが、この根本を忘れてしまった実践のいかに多いことか。せっかく子どもが運動のおもしろさに触れているところへ、「もっと技能を高めろ」とか「もっと体力をつけろ」とよけいなことを言って、子どもの学ぶ力や意欲を失わせている。

 生涯スポーツという言葉も一般化してきて、スポーツ人口は確実に増えている。しかし、競技者のまねをするばかりで、マナーの悪いスポーツマンが多すぎる。これも、スポーツを楽しむ力をきちんと育ててこなかったからだと私は思っている。
 
026813130000_s
 体育関係者は、この本を絶対に読むべきだと思う。体育科としての運動学習の方向をこれだけ明確に示している書はない。

 そして、読み終わった後、体育授業に対する考え方が変わっているだろう。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年10月30日 (月)

「熱狂する教員」を育てなければ…

 たまには経営関係の本も読む。デビッド・シロタ著「熱狂する社員」を読んだ。 

 社員がやる気を持って仕事をするには、3つの要素しか関係しない。

 それは、達成感、公平感、連帯感。我々教員に決定的に欠けるのは、公平感であるという。

 結果の平等を求めれば、だれも意欲を持って仕事をしなくなる。教育の荒廃の原因は、まさにここにある。

 わかりやすい事でしょう。「熱狂する教員」を育てなければならないなぁと感じた。

026410580000_s


 よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年10月20日 (金)

安倍 晋三著「美しい国へ」

 首相執筆の本である。

 帯に「自信と誇りのもてる日本へ」とある。自信と誇りというキーワードは、私の教育に対するテーマでもある。

 教育再生会議がスタートした。現場としては困惑する部分もあるが、何を考え提案しようとしているのかは理解できる。

 小泉さんより、ちゃんと説明してくれそうだけど、この意志を貫いてほしいと感じた。

Img_3099_1

2006年9月30日 (土)

野口 健 著「あきらめないこと、それが冒険だ」

 “野口健”と“白石康次郎”出演のテレビ番組を見て、即購入した本である。感動しやすいタイプなので…。

 児童書なので、とてもわかりやすいし読みやすい。

 すごい冒険家だけど、やっぱりカネ持ちだからかな?なんて思ってしまう。

 勉強嫌いの野口に、父親が言った言葉はなかなかいい。「勉強したくなるときが必ずくるから、そのとき一生懸命勉強すればいい」

  太っ腹だな。

2006年5月16日 (火)

きょうは健康診断

 きょうは、健康診断だ。年をとるにつれて、だんだん緊張するようになる日だ。

 最近読んだ本に、「医者以前の健康の常識」というのがある(左のリンクを参照)。この中に、「健康診断の上手な切り抜け方」というページがあった。“切り抜ける”つまり、その場しのぎ。その時だけ数値が範囲内に入れば、安心して普段不摂生ができる。とまぁこんな感じだろうか。
 私も、最近この“切り抜ける”術を磨いてきたので、お医者さんがこんなことを言ってくれるなんて、うれしくなってしまった。

 私の場合は、せいぜい3日間ぐらい晩酌をやめることぐらいだが、ここにはいろいろと書いてあった。

 中性脂肪対策(これは私は大丈夫)
  ・3日前から脂っこいもの、甘いもの、アルコールを控える。
 血糖値対策(これもそれほど心配ない)
  ・検査当日の朝ご飯を抜く。
  (これは必ず抜くように言われている)
  ・前日の夕食も早めに軽くすませる。
 血圧値(私はけっこう高めなので注意が必要)
  ・1週間前から塩分の摂取を減らす。
  (しまった!きのうポテトチップをばりばり食ってしまった)
  ・診察室に入る前、深呼吸を何回もする。
  ・ベルトをきつく締めない。
  ・ストッキングや靴下を脱いでおく。
  ・睡眠は6時間以上。
 肝臓に関係する数値(これが最も危険)
  ・1週間前から飲酒量を減らす。
  (金曜日に宴会があって…)
  ・豆腐や納豆をよく食べる。

 まだいくつかあるが、これくらいにしておこう。ま、これで何とかなっているうちは大して心配はないということ。本当にまずかったら、ごまかせるわけがない。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年4月 7日 (金)

野村監督はかくれ巨人ファンだった?!

 野村克也著「巨人軍論」を読んだ。
 野村監督のこれまでの私の印象は、あまりよくなかった。ボヤいてばっかりで、あれで選手はのびのびやれるんだろうかと思っていたからだ。
 しかし、この本を読んで、ちょっと見直した。監督は、選手から好かれようとしてはいけない。しかし、信頼されなければならない。管理職として、これは自覚の高い言葉だと思った。あの独特のボヤキにも、選手を育てる深い意味があるんだということを初めて知った。
 さて、アンチ巨人の野村監督が、どうして「巨人軍論」なんだろう?というのが本書を読むきっかけだった。実は、子どもの頃は巨人ファンだったらしい。でも、南海ホークスに入団してからきっぱりとやめたそうだ。
 かつての強い巨人。そこから勝つためのノウハウをすべて学んだという。野村ID野球は、打倒巨人のためにあみ出されたのである。そして、巨大な敵に立ち向かうことに、やりがいとおもしろさを感じている。だから、簡単に破られてしまうような弱い巨人であってほしくないという相反する思いが、うーんわかるなぁと思った。
 野村監督が言うように、人を育てる巨人軍にもどってくれれば、私も巨人ファンに返り咲きたい。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

巨人は、強いからこそ倒したい相手。勝利のノウハウは、すべて巨人から学んだという。ボヤキにも意味があるんだと知った。

2006年3月13日 (月)

深代 千之著: 運動会で1番になる方法

走りを科学的に解明した日本のバイオメカニクス研究はすごい。速く走る秘密は、股関節にあり! でも、そう簡単には一番になれそうもないけど…。 運動会が近づいたら、もう一度開いてみよう。えっ、息子に伝授するんですよ。

  この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ