2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

教育の問題

2006年12月14日 (木)

教師力とは、「子どもに寄り添う力」

「内外教育」の12月12日号のトップ記事に目がとまった。

 大阪府豊中市の教育長、山元行博氏の文章である。

 先だって、議会で質問を受けた。「教育長の考える“教師とは”をお聞きしたい」

 議会って、こういう質問もありなのかと思ったが、自分だったらどう答えるかな?と考えた。答えがまとまらないうちに、文章は読み進められていく。

 私は、教師力に占める大きなものは、この「子どもに寄り添う力」だと考えている。だまされても、裏切られても子どもに寄り添っていく力を、これからの豊中の教師には求めたい。

 子どもに寄り添う力、重い言葉だなぁと感じた。

 子どもの気持ちがわかる人じゃないと教師はやっていけないだろう。というか、教育にならない。

 伝わる言葉じゃなければ、人を動かすことはできないわけだから。

 でも、子どもって本当によく裏切る。こちらの期待過剰という場合も多いけれど。そんなことを繰り返し繰り返し…。

 そう、それが教育ってもんだよ、と教えてくれたような気がした。教育界には、暗いニュースが多いけれど、ちょっと素直な気持ちにさせてくれる言葉に出会えてうれしく感じた。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

2006年12月12日 (火)

伊藤 進著「ほめるな」

「ほめる教育」が子どもをつぶす!という過激な帯の言葉に惹かれて購入。

 なにせうちの学校の実践指針は「褒める」ですから。これは読んでおかないと…。

 批判的な意識と言うより、いろんな考え方を聞いて、自分のスタイルを確立したいと思っているので。

 読んでみて、そんなに過激じゃないし、そんなほめ方をしていたらダメになるというのは確かにあると感じた。

 私も校内で主張してきたが、ただやみくもに「えらいね」「すごいね」「いい子だね」と言ってみても、意味はない。場当たり的にほめても、子どもは素直に受け止めない。

 その子に響く言葉でなければ変容はないだろう。

 その子を真剣に理解することが大前提であることは明らかだ。そういうことを再確認した本ではあった。


2006年9月 5日 (火)

山下泰裕・教育講演会

「柔道の山下」と言えばわかるだろう。あの1984年のロサンゼルスオリンピックの金メダリストである。

 その山下泰裕の教育講演会に行ってきた。演題は、「人生の金メダルを目指して」

 どうも、彼の戦歴を振り返るといったものではないようだ。現在は、東海大学教育学部助教授として、国際柔道連盟教育コーチング理事として活躍している。指導者としての内容であった。

 簡単に言ってしまえば、トップスポーツの指導者だから、選手をいかに強くするかということだから、一般の教員の世界とはずいぶん違う。でも、指導者としての立場は同じである。いくら自分が強くても、相手にそれをどう伝えるかが問題になる。選手を変容させなければならない点では、我々と共通項がある。

 話の筋を追うのではなく、印象に残った言葉だけを書き記しておく。

・過去は振り返らない。常に前向きに。
・素直に人の話が聞ける人は、よりよく変わっていく。
・人を育てるには、心に響く言葉で、くり返し話すことが必要である。
・自分が強くなればなるほど、優しくなれる。
・欠点はすぐ見えるし指摘できる。しかし、よさを見取るのは難しい。
・可能性を見いだすには時間がかかる。
・改めることに遅すぎるということはない。
・人のためになることをなせ。
・一人でがんばっても、物事は実現しない。組織力、仲間づくりが大切である。
・夢を持つ、持ち続ける人になってほしい。
・大人に元気がない、夢を語る大人が少ない、グチっぽくて批判が多い。そんな中で、子どもが生き生きできるわけがない。
・一灯照隅、万灯照国(一つの灯りは隅を照らす、万の灯りは国を照らす)

 NPOを立ち上げて、貧しくて柔道のできないような国や地域などにも、援助をしているそうだ。さすが金メダリスト、元気でした。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年8月31日 (木)

(旧)大宮教育サークル・同窓会

 私の教員としての原点とも言うべき「大宮教育サークル」

 教員になって4年目ごろ、壁にぶち当たり、悩みんでいたころ、自分と採用同期の仲間がやっている勉強会があると聞いて参加した。

 以来、このサークルで学んだことは数知れない。授業のやり方一つ一つもそう。発問や指示がちょっと違うだけで、授業はまったく違う展開になってしまうという経験もした。

 教育技術の法化運動や授業づくりネットワーク運動に影響され、深く関わったりもした。

 知る人ぞ知る、私的教育研究団体である。

 若いころは、授業づくりの一つ一つを学んだ。発問や指示へのこだわり、子どもを見る目、授業の発想力、…
 おかげで、そういう力がつき自信になった。

 そして、メンバーの教員としての成長に伴って、何度かステージアップしてきた。

 数年前から、大宮教育サークルは活動をしていない。完全に停止したんじゃなくて、休んでいると私は思っている。休火山みたいなものかな。

 その大宮教育サークル全盛期のメンバーが集結して、同窓会をやった。

 学校は、常に現実に直面している職場である。私たちが考えている“前向きすぎる斬新なアイディア”は、埋もれてしまうことも多い。でも、このサークルに来れば、「それ、いいね」になる。自分の夢や理想を思い切り語れる場である。

 来年の再会を誓って、また現実的な職場にもどる。明日から、2学期開始だ。

  この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2006年3月27日 (月)

メタボリックシンドロームの小中学生用診断基準

 産経新聞で、次のような記事を見た。

W80センチ超は要注意 子供の時から成人病予防へ基準 厚労省

 メタボリックシンドロームという言葉を最近聞くようになった。先日、成人用の診断基準が発表されたためである。メタボリックシンドロームは、訳すと内臓脂肪症候群(日本語の方がわかりやすいんだけど…)である。腸や肝臓など内臓の周囲に脂肪が蓄積して、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病になる危険が高まった状態のことを指す。

【成人の場合の診断基準】
 ☆ウエストが男性で85㎝以上、女性で90㎝以上(必須条件)
  (1)空腹時の血糖が高め
  (2)血液中の中性脂肪が正常値より高めか、
     血管内を掃除する善玉コレステロール(HDL)値が低め
  (3)血圧が高め
 のうち二つ以上があてはまること。
 
 もっとくわしく知りたい方は、下記のサイトで。
 メタボリックシンドロームの診断基準
 知っ得?納得!!メタボリックシンドローム
 セルフチェック リンゴ型肥満とメタボリックシンドローム
 
 この小中学生用診断基準案をまとめたということは、大人だけの問題じゃないということである。肥満傾向の子は、確実に増えてきている。データによると、1割の子どもが肥満であるるすでに、子どものメタボリックシンドロームも確認されているそうだ。

【小中学生用の診断基準】
 ☆男女にかかわらずウエストが80㎝以上か、
   ウエストを身長で割った値が0.5以上
 ☆血糖、中性脂肪、血圧の数値は成人よりやや低め(体格と、もともとの正常値の差を考慮)。

 ウエスト80以上の小学生…。けっこういそうです。食事や運動といった生活習慣を確立しなければならない時期。教育現場も厳しい対応が必要になりそうだ。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 教育ブログへ

2006年3月24日 (金)

子どもの体力低下と物騒な世の中

体力低下シリーズパート3である。
 以前、私は「子どもの運動欲求を抑圧する社会」と題して、次のような文章を書いたことがある。

発育期の児童は、自発的な運動欲求が強い。特に運動するように言われなくても、また運動の必要性を教えられなくても、それとは関係なしによく体を動かす。じっとしている方が難しい、それが子ども本来の姿である。
 しかし、現代の子どもたちの自発的な運動欲求は、様々な形で抑圧されている。次のようなものが、その主な原因として挙げられる。

 1 自由に遊べる空間の減少
 2 日常生活における運動の必要性の減少
 3 塾通いや家庭学習の増加による自由時間の減少
 4 テレビゲームなど室内の静的ゲームの流行

 このため運動不足になり、生活習慣病の増加、運動嫌いの増加、体力の低下、情緒の不安定や社会性の欠如など心の発達阻害などが問題となっている。
 これらの問題は、相互に関連し、より複雑化している。と同時に、将来の大人としての子どもという意味では、現在の大人の問題以上に深刻である。

 しかし、数年たった今、もう一つつけ加えなければならなくなった。それは、

 子どもだけで外に出せない物騒な世の中になってしまった

ということである。交通事故、誘拐、通り魔的な殺人、…。これでは安心して子どもを外に出すことはできない。外に出る時は、いつでも大人と一緒でなければならない。これでは、ますます社会性は欠如していく一方である。
 子どもの体力づくりは、安心な社会があってこそだと思う。大人の役割は大きい。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年3月20日 (月)

体力低下と「駅のエスカレーター」

wf01
 シリーズ「体力低下」パート2である。
 駅の階段にエスカレーターが設置されるようになったのは、バリアフリーが叫ばれるようになってからだろうか。確かに、足が不自由な方や高齢の方にとってはありがたい施設だ。

 しかし、だからといって本当にエスカレータは必要なのだろうか。子どもの体力低下や生活習慣病の問題を考えると、

 駅の階段ぐらい、自分の足で上り下りしたらどう?

と思う。運動習慣をつけるのも大事だが、日頃の生活を活動的にすることも必要だ。

 私は、バリアフリーを考えるなら、エスカレーターよりエレベーターの方がいいと思う。どちらにしても、乗るのはそれを必要としている人だ。

 先を争って乗ったり、急ぐ人のために右側をあけたりなんていうことはあってはならない。最近、ようやく「危険ですからエスカレーターに乗っての歩行はやめましょう」という張り紙を見かけるようになった。それぐらい元気な人は、やっぱり階段を使った方がいい。きっと体力向上になるぞ。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ 

2006年3月14日 (火)

子どもの体力低下と朝マラソン

 子どもの体力低下が叫ばれている。ま、今は学力低下の方が流行っているようだけど…。
 これから、シリーズでこの子どもの体力低下問題を論じていきたいと思う。さて、その1回目は、朝マラソンの効果である。

 きょうは、うちの学校では体育朝会というのがあった。毎月1回計画されていて、集団行動や体力づくりのちょっとしたきっかけとなるような運動をみんなで行ったりしている。きょうの体育朝会のメニューは、マラソンだった。マラソンといっても、42,195㎞ではない。なんと、たったの3,4分しか走らないマラソンだ。

IMG_2020a

 それでも、やらないよりはやった方がいいだろうということで、朝マラソン(業前運動)を位置づけている学校はけっこうある。でも、どうなんだろう? 果たして、この朝マラソンは、体力低下防止策として有効なんだろうか。いくつか問題点を挙げてみる。

 ・こんな短い時間で体力が高まるわけはないだろう(3,4分ではウォーミングアップにもならない)。
 ・運動の効果を問題にするなら、月に1回などというレベルではお話にならない(週3回は行う必要がある)。
 ・ただ走るだけでは楽しくない(私は走るのが好きだけど、みんながそういうわけにはいかない)。
 ・無理矢理走らされたら、逆に嫌いになってしまう子もいるだろう。

私は、個人的には走るのが大好きだから、走ることの楽しさを味わってもらいたいと思っている。おしゃべりしながら走るのもいい。競走するのも楽しい。タイムをとって自分の記録の伸びを実感するのも達成感がある。そうやって、楽しみながら運動に親しんでいくことこそが、体力低下を防止することになるのだと思うのだが。
 せめて、運動嫌いをつくらないようなやり方の工夫をしていきたいものだ。
 
  この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年3月 7日 (火)

出場辞退について

「とっても残念である」
駒大苫小牧の校長が言っていた。だが、いったい何が残念だったんだろう? 出場辞退して、1年我慢すれば、また何とかなるという、そういう発想だ。
 この出場辞退問題は、今回に限ったことではない。ドーピングのように、毎年のように繰り返されている。これは、私立学校や部活そのものの体質改善を図らなければ解決できない問題だろう。何のための高校スポーツか。これにつきる。子どもたちが天狗になったらおしまいだ。
 それに、考えても見よう、今どきの高校生事情を。酒やタバコが見つかったときは、すでに常習者だ。それをあたかも鬼の首を取ったかのように騒いでもねぇ。だったら、普段からきちんと指導しておかなくては。これは大人の責任でもある。
 そして、もっと残念なことは、連帯責任をとらされるということ。真面目な部員に非はあるのだろうか。青春をかけて取り組んできたスポーツなのに。学校の名前のために阻害されてしまう。これが一番残念だ。

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

2006年2月11日 (土)

斉藤孝「友だちいないと不安だ症候群につける薬」を読んで

 こういう売れすぎている人の本はあまり読みたくないのだけれど、題名につられて、つい買ってしまった。友だちは大事だし、親友と呼べる人がいれば心強い。だけど、どちらかというと、自分は「友だちがいない」人間の部類に入るんじゃないかと思っていた。だからといって、自分がおかしな人とも思わなかったし、仕事上のつきあいはきちんとしてきた。
 著者は、「友だち力」をつけることの大切さを説き、スキルアップの方法をいくつも教えている。中でも、おもしろかったのは、「偏愛マップ」というものだ。これを作るのは簡単だ。自分の好きなもの、好きなことを、片っ端から書き出せばいい。偏っていると思っても、それが自分のワールドなんだから、それでいいというわけ。大事なのは、これを使って人と話をするきっかけを作るということ。お互いの「偏愛」状況を見せ合って、1つでも共通点があったりしたら、これがきっかけで話が弾む。そう言えば、「へぇー、あなたもこんなことが趣味だったんですか」なんてことはよくある。そんな人とは、あうたびにそのことで盛り上がれる。人と付き合うというのは、その人の人格そのものと向き合うのではなく、お互いの好きなものやことを共有することだというのがナルホドと思った。
 そうか、友だちってそんなものだと思ってればいいんだ、と子どもたちが感じてくれればいいなと思う。中学生ぐらいなら十分読める。教員や親も読んだらいいんじゃないかと思った。

より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ