2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

大宮アルディージャ

2007年3月 3日 (土)

J開幕!

 待ちに待ったJリーグの開幕。

 大宮のシンカが問われるこの1年。いろんな面で期待している。

 当然、常に上位で戦ってほしいし、片岡やエニウトンが言うように、あわよくばタイトルもとってほしい。

 サポーターも、昨シーズンの倍増、3倍増を期待したい。数だけでなく、声を出して応援できる人を増やしたい。ホームゲームのスタジアムを満員にして、オレンジ一色に染まったところを見てみたい。

 さいたまダービーでは、何が何でも浦和に勝ちたい。

 とまぁ、こんなことを考えていると、すぐに時間がたってしまう。残念ながら、きょうの開幕戦は見に行けない。応援に行く皆さん、ぜひ私の分まで声援を送ってください。しっかりテレビ観戦します!

 家のベランダに、大宮のフラッグを掲げました。

 プーさんも応援しています!

IMG_3731.JPG

<関連情報>
大きな展開を徹底 ロバート監督 戦術練習で要求 J1大宮(埼玉新聞)

ゼロックス覇者・G大阪が好スタートを切るのか?新監督率いる大宮が昨年の屈辱を晴らすのか?寒さを吹き飛ばすような、熱い試合を期待! [ J's GOAL ]

恐れず 強敵に挑戦 2年前の再現狙う J1大宮(埼玉新聞)

2007年2月26日 (月)

バックパスと無意味なパス回しはやめよう

 決定力不足。これは、大宮の大きな課題である。

 最終調整とも言える練習試合で、山形戦で3得点して以来、名古屋戦、湘南戦、そして先日の柏戦と、3試合連続の無得点が続いている。

 確かに、深刻ではある。でも、何となく公式戦になれば、何とかなりそうな気もする。

 しかし、嫌な予感がするのは、バックパスが多いことと、無意味なDFラインでのパス回しが多いことである。

 攻撃陣に、いいパスが入れば、決定的なチャンスはけっこう作れている。でも、あまりにそのチャンスが少なすぎる。どうも、無駄なパスを使いすぎているような気がしてならないのだが。

 ボールポゼッションというのは、無駄にボールを動かしていることではない。無駄に見えてしまうのは、まわりが見えていないなぁと思わせてしまっているからだ。もっと、個人技にも自信を持ってほしい。

 J2時代に歯がゆかったのは、そういう後方でのパス回しがあまりに多かったからだ。無意味なパス回しはやめよう。ボランチはバックパスをやめよう。足下のパスだけでなく、スペースを使った動きをもっとしよう。

 そうすれば、自ずと得点もできるのではないだろうか。開幕のガンバ大阪との試合は甘くないと思う。そのへん、しっかしりてほしい。

 人気のないtotoですが、初回なので番狂わせも多いと思い、購入した。当然、大宮は“勝ち”にマークです。

toto20070303.JPG

 頼むよ!!

<関連情報>
大宮・ロバート監督が3戦連続無得点に“キレた”!

攻撃不安 練習試合3連続無得点 J1大宮

2007年2月24日 (土)

寒かったファン感謝デー

IMG_3834a.JPG

 さいたま新都心で行われた「ファン感謝デー」に行ってきた。

 ものすごい風で、とても寒かった。選手たちが着ているベンチウォーマーがあったかそうだった。

 2時過ぎに会場へ到着したら、すでに特設ステージで選手が並んでいた。その後、すぐにサイン会やら、売店で売り子をやるやら、忙しそうだった。

 すきを見て、大悟選手にサインをもらった。

IMG_3850a.JPG
 
 他の選手にももらえるチャンスはたくさんあったけど、いい大人なので自重した。こういうときに子連れだと、大胆になれるんだけど、きょうは家族の誰1人つき合ってくれなかった。寂しい…。

 主税選手と大介選手のトークがおもしろくて、大いに笑わせてもらった。

IMG_3847a.JPG

 一緒にしゃべっていた若い陽毅選手と川辺選手がとってもやりにくそうだった。

 真面目な話で、今季のキャプテンは主税選手になったということを、本人の口から聞いた。納得だね。ぜひ、この明るいキャラクターで、チームを引っ張っていってほしい。

 それから、オフィシャルイヤーブックも購入した。読んでいたら、もう来週が待ち遠しくなってしまった。

 開幕戦の相手は、ゼロックス・スーパーカップで、浦和に勝ったガンバ大阪である。ビデオでみたが、攻撃は驚異だね。バレーがスーパーサブにいるというのも恐ろしい。

 4点目をアシストした遠藤の個人技には、ほれぼれしてしまった。しかし、この相手とも互角以上の戦いができると信じている。

 順位予想クイズなんてやっていたけど、私の予想は、当然1位。プロなんですから、勝つことを目標にするのは当たり前でしょう。とにかく、応援がんばろう。

3764_1_1.JPG

<関連情報>
2007大宮アルディージャファン感謝デー実施レポート(大宮公式HP)

2007年2月22日 (木)

埼玉新聞「大宮アルディージャ未来予想図」

 埼玉新聞のスポーツ欄で、友清さんのコラム、「大宮アルディージャ未来予想図」が連載されている。

http://www.saitama-np.co.jp/main/rensai/sports/mirai_yosozu/index.html

 J1昇格から3年目を迎えた今年は、当たり前の話だが、もう昇格組ではない。フロントも、選手も、サポーターも、それぞれが何かしなければいけないと動き出した感がある(ことはある)。

 この連載に対しては、意見・提案を募集しているとのこと。メール、FAXをじゃんじゃん送っちゃおう。私たちにできることもたくさんあるはず!

2007年2月17日 (土)

山形との練習試合を見てきました

200702171543000.jpg

 秋葉の森まで、練習試合を見に行ってきた。

 どうしても、この目で今季の大宮の様子を見ておきたかったのだ。

 対戦相手は、モンテディオ山形。J2時代がなつかしい名だ。

 結果は、3-1の勝利。勝ち負けよりも、見に行ってよかったと思った。

 まず感じたのは、「みんなよく焼けて黒いねぇ」ということ。グアムの成果がまず顔に表れてる?

 次に感じたのは、「ユニホームかっこいい!」ということ。オレンジがより光って見える。ストッキングの紺もなかなかいい。

200702171544000.jpg 

 攻撃陣は、順調に仕上がっているように思う。エニウトン、大悟、アリソンがゴールを決めたが、その気になりさえすれば、チャンスはいくらでもつくれそうな感じだ(実際には少ないけど…)。

 特に、エニウトンはいい。ポストプレーもできるし、簡単にボールを奪われない懐の深さというものがある。大悟とのコンビネーションがもっとよくなったら、20得点ぐらいいけるんじゃないだろうか。

 2点目でも、エニウトンがポストに入ったボールを上手くキープして大悟に流し、フリーの橋本へ。それを折り返して大悟が飛び込んで決めた。

 チャンスメイクもできるし、ゴール前で、フリーキックももらえそうだ。

 藤本が右から、はっしーが左から、ガンガン切り込んでいく攻撃もよかった。精度はもう少しだけど、まだまだ調整できる。

 後半に登場した左の攻撃的な位置に入ったアリソンも、スピードを生かしたドリブル突破を見せていた。

 ただし、守備陣の不安感は否めない。前半は、片岡とレアンドロがセンター、右に冨田、左に波戸が入った。

 後ろで無意味に回したり、連携が今一だったり。危ないシーンが結構あった。悪いけど、山形の攻撃はがんばっていたけど全く恐怖感がない。それにもかかわらず、決定機を作らせてしまっていた。

 ボランチの佐伯も、もう少し前に絡んでほしいし、後ろとの連携もとってほしい。個人的には、川辺が一番がんばっていたように見えてしまう。

 ゴールを守る荒谷も、声はよく出ているけど、安定感がない。セーブの確実性と飛び出しのタイミングを鍛えてほしい。

 いろいろ課題はあるようだが、自分の目で確かめられてよかった。また、練習を見に行きたい。

2007年2月14日 (水)

シーズンチケット到着

IMG_3741.JPG

 2007シーズンシートのチケット12枚が到着した。

 いよいよ始まるんだなという緊張感が高まってくる。

 チケット方式なので、その都度切り取って持って行く。恥ずかしながら、去年は1,2回持って行くのを忘れた。カード式がいいなぁ、バッグに入れっぱなしでいいから。

 それでも、余裕で当日券が買えてしまうから、うれしいのか悲しいのか…。今年は、そういうことのないようにしなければ。

 チームについては、連携、意思統一の面でまだまだというところもあるだろうが、だれかがブレイクしてくれれば流れに乗れそうな気がする。
 
 去年は、大悟の鮮烈デビューだった。今年は、エニウトンだ。タイプは違うけど、浦和のワシントンなみの得点を期待する。期待しすぎかな? 

2007年2月13日 (火)

選手に感じる声で応援しよう

 藤本選手のブログ「主税日記」は、本当にいいことが書いてある。

 選手の気持ちがストレートに伝わってきて、すごく距離が近くなっているの感じる。

 きのうの練習についても、このように振り返っている。

やっぱりたくさんのファンの方達が練習を見に来てくれていると、選手もモチベーションが上がりますね。今日も一段と気合の入った練習が出来たと思います。特に指扇(秋葉)の時などは、ファンの方達と距離も近いので、「ワーッ」とか言う声も聞こえたりして、意外と選手ってそういう反応を感じているんですよ。

 今まで、きっとそうなんだろうと思ってはいた。でも、どうせ俺の声なんか届かないから、なんて思うこともあった。

 練習はなかなか見に行くことができないけど、試合では大勢の声に紛れてしまうけど、それでも選手に届く声を出したい。
 
 今年も、大声出すぞ!

<関連情報>
こんばんは(●^o^●)(主税日記)

2007年2月12日 (月)

ブログランキング

 いつも応援クリックありがとうございます。

 別に、ランキングで上位になったからといって、ご褒美があるわけではないけど、やっぱり励みになる。

 このブログを見て、大宮アルディージャに興味を持ってくれる人が増えたらうれしい。

 昨日、一瞬だったけど、ブログ村のランキングで、初めてベスト10に入っていた。最高9位だったようだ。
 
blog10i.JPG

 ちなみに、Jランクの方は、5位、6位あたりが定位置になっている。

blog5i.JPG

 今後とも、どうぞよろしく。

2007年2月11日 (日)

ポジション予想

「週刊サッカーマガジン」を買った。特集は、「2007年Jリーグ全選手写真名鑑」である。

 もちろん、予想布陣も載っている。中でも、大宮アルディージャの布陣予想は、けっこう難しい部類に入る。

 まず、基本フォーメーションは、4-4-1-1のようだ。グアムでの練習試合は、ほとんどこのパターン。

 その中で、不動に近いのは、ワントップのエニウトン、トップ下の大悟、ボランチの片岡、センターバックのレアンドロぐらいだろう。それ以外は、競争がはげしすぎる。

 OMF(右)…突破力ならアリソンだが、やはりチームを引っ張る藤本にやってもらうのが無難だろう。

 OMF(左)…早十に期待をしているが、島田も見たい。とっても悩ましいところ。早十をボランチにするという方法もある。島田の調子がよければ、これがいいかもしれない。

 ボランチ…攻撃的なパスセンスからいけば、慶行が妥当。昨シーズンは、ヘディングのゴールも多かった。しかし、波があるのが気にかかる。佐伯、斉藤というオプションも場合によってあり得る。

 センターDF…レアンドロとコンビを組むのは誰かということ。奥野、冨田、西村陽毅、場合によって片岡というのもある。個人的には、若手の陽毅にがんばってもらいたい。

 SDF(右)…腰痛の波戸より、ユニークな自己管理をしている卓朗がいい。若手の田中輝和にもがんばってもらいたい。

 SDF(左)…こうなると、残っているのは冨田、波戸。オーバーラップはあまり期待できないか。

 GK…セービングでは荒谷だけど、江角の評価が上がっていると聞く。いずれにしても、どっしり構えてほしい。

 とこういうわけで、基本的なポジションは、次のようになる。

        エニウトン

        大悟
   早十         藤本
  (島田)       (アリソン)
      片岡   慶行
     (早十) (片岡)

   冨田  陽毅 レアンドロ 卓朗
  (波戸)(冨田)

 あとは、攻撃の枚数を増やしたときに、森田、若林の長身FWや桜井、吉原の突破力をどう使うかだ。

 まだまだ、いろいろ試してもらいたい。

<関連情報>
攻守の軸揺るがず どうなる?開幕布陣 J1大宮(埼玉新聞)

2007年2月 9日 (金)

グアムキャンプ終了

 グアムキャンプが全日程を終了して、選手たちが帰国した。

 今年のキャンプは、収穫が大きかったように思う。ま、いろいろあったが…。

 最終日は、負傷していた慶行と波戸も練習に合流した。ひとまずホッとした。

 慶行は、憎き仁川戦で、右目上を10針も縫ったそうだ。ロバート監督のめざす組織的なパスサッカーに欠かせない人材である。大事にしたい。

 波戸は、持病の腰痛。自分も経験があるが、疲れがたまるとダメなんだな。ベテランなのだから、そのへんうまく調整してほしい。本職の右サイドバックだけでなく、左も経験したようだ。私は、左での起用もおもしろいと思っている。楽しみだ。

 少しずつ、今季の大宮の全容が明らかになってきている。来週は、ぜひとも練習試合を見に行きたいと思っている。

<関連情報>
波戸と小林慶が復帰 9日に合宿打ち上げ J1大宮(埼玉新聞)

ただいま!(橋本早十・ブログ)

グアムキャンプ最終日(主税日記)

より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ