2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

体育・スポーツの話題

2011年5月28日 (土)

腰痛

 腰痛に悩まされている。

 寝込むほどではないし、まったく動けないわけでもないので、つい動いてしまう。

 それがいいのか、悪いのか。


 ちょっとよくなると、子ども(学校の)たちとバスケットボールをやってしまい、ついつい本気モードになって、後から痛くなる。

 この間は、校内大会の審判なんかもやってしまった。

 が、意外に調子は悪化していない。

 少しは動いた方がいいのかな? 


 ランニングの方も、ずっとお休みしているけど、2キロぐらいならなんとゆっくり走れそう。

 お腹が出っ張ってきたので、よけいに腰痛にはよくなさそうだ。

 少しずつ、動いてみることにする。

2010年9月26日 (日)

台風一過の運動会

Img_7688

 早朝は,雨もふっていた。どうやら台風の影響らしい。

 朝から午前中にかけては,寒いほどの曇り空。

 運動会を開催する側としては,頭を悩ませる天気だ。

 ただ,午後は台風が通り過ぎて,カラッといい天気になるという予報だから,延期はあり得ないだろう。

 というわけで,1時間ほど遅れて,息子の運動会は始まった。

 昼過ぎには,天気予報どおり,一気に雲が流れて行く。

 午後は強いぐらいの日差し。

Img_7702

 息子もがんばっていたし,他の学年の演技も見て,久しぶりに感動した。

 やっぱり,教師ががんばればいい運動会ができるんだと実感した。

 何か,変な言い方だけど,保護者はそれを感じ取ることができているだろうか。

 自分の子どもばっかり見てないで,正しい“学校応援団”になれるといいんだけど…。


2009年2月 7日 (土)

適正スポーツ診断テスト

 こんなブログパーツをみつけた。

 適正スポーツ診断テスト

 おもしろいので、どうぞやってみてください。


 ちなみに、自分は、

 D 陸上・体操・登山  エクササイズタイプ

になった。

 今の自分にぴったり合っちゃってる。

 ん~、昔は球技タイプだったんだけどなぁ。

 スポーツの嗜好や得意分野の変化っておもしろい。

 人それぞれのスポーツ遍歴を分かち合えたらおもしろいと思った。

2009年2月 6日 (金)

朝青龍のガッツポーズについて

 先場所の大相撲で優勝した朝青龍のガッツポーズについては、賛否両論あるようだ。

 スポーツとしての相撲という側面と神事としての相撲という側面があるので、そのへんをきちんと理解していないとダメなんだろうなと思う。

 TBSラジオのアナウンサーが、

 「あれ(ガッツポーズ)は、絶対ダメです。あれはやってはいけません」

と言っていたのを聞いて、そこまで言い切るのはなぜなんだろうと疑問に思っていた。


 そこで、簡単に相撲の由来を調べてみることにした。以下、ウィキペディアから。

 ・相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事である。
 ・健康と力に恵まれた男性が神前にてその力を捧げ、神々に敬意と感謝を示す行為である。
 ・そのため礼儀作法が非常に重視されている。
 ・従って、力士はまわし以外は身につけない。

 土俵の上は、“女人禁制”ということが、少し前に問題になったことがあったが、それもうなずける。

 さらに、

 ・祭の際には、天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁等を願い、相撲を行なう神社も多い。
 ・二者のどちらが勝つかにより、五穀豊穣や豊漁を占うという意味もある。
 ・そのため、勝負の多くは1勝1敗で決着するようになっている。

 なるほど、勝てばいいってことではないわけがよくわかる。

 相撲がいかにスポーツ化されたとはいえ、敗者への配慮が必要なことは、これでよくわかった。

 相撲は、自分のためにとるのではない。

 こういうことは、文化として大事なことである。守っていきたい伝統である。


 付け足し
 
 テレビで、“ひとりすもう”というのを見た。

 稲の霊と相撲し、霊が勝つと豊作となるため、相撲をとる人間側は常に負けるというもの。

 しかも、1勝1敗で、3回目に勝負がつくようにする。

 負けっぷりも大事で、わざとらしくなくうまくやるのが恒例行事となっているようである。

 これなんか、朝青龍にやらせたらどうだろ?

2009年2月 1日 (日)

親業

 娘が、漢字検定を受けるというので、会場まで送り迎えしてきた。

 電車で何駅か。確かに繁華街を通ったりするので、心配は心配。

 でも、人通りの多い昼間。

 別に1人で行かせてもいいんじゃないの?なんて思っている私は、現状を認識していない?


 私が子どもの頃(小学校の高学年ぐらい)は、けっこう子どもだけで出歩いたものだ。

 1人だけで電車に乗ったこともあった。

 というか、犯罪に巻き込まれるとか、誘拐されるとか、殺されちゃうとか、そんなこと、当時の親はあんまり現実のことと考えていなかった。

 どうなんだろうねぇ。

 1人で判断して、困ったら見知らぬ人でも助けを求めて、なんとかがんばるってことが必要な気もするんだけど。

 
 さて、子どものスポーツでも、親がかりなことは多い。

 休日の少年団の野球やサッカーには、必ず親がついていて、マネージャーみたいなことをやっている。

 結局は、子どもが自分だけの力でスポーツを楽しんでいないんだよな。

 親がかり…。

 親も大変なんだよね。大変なことを理由に、野球なんかやらせられないという家庭も多いと聞く。

 スポーツを自ら楽しめるような子どもを育てようとしているのに、社会がそれを許さない状況にあるとは…。

 このあたりも考えて、生涯スポーツを考えていかなければいけないようだ。


2009年1月30日 (金)

今月の生活目標「外で元気に遊ぼう」

Genki

 小学校では、月ごとに「生活目標」というのを決めて指導している。

 今月の生活目標は、

 「外で元気に遊ぼう」
  
である。

 これって、目標?

 元気に外で遊ぶのは、子どもなら当たり前。

 自分が子どもだったら、「なんて簡単な目標なんだ」「いつもやってるよ」ってな感じになるだろう。

 昔だったら、だれもがそう思うだろうし、今の子でも多くの子はそう思っているようだ。

 しかし、室内にとじこもる子どももいる。

  子どもは風の子

という言葉は、死語なんだろうか。

 
 この目標の達成度について、真面目に議論している教師も、なんだか妙である。

 自分は大人だけど、寒くてもいっぱい外に出て運動するぞー。

2008年3月 1日 (土)

全国体育学習研究会・研究委員会

 今年度から、全国体育学習研究会(以下、全体研と略す)の研究委員を務めることになった。

 これは、私にとって、千載一遇の勉強の機会ととらえている。

 簡単に言ってしまうと、この研究会は、「楽しい体育」の学習を目ざしている。それは、「運動そのものを楽しむ」ということである。だから、体力づくりのための体育とか、勉強疲れのストレス解消のための体育ではあり得ない。

 しかし、子どもの体力低下問題が叫ばれて、先頃発表された新学習指導要領案では、体力づくりのための体育が主流になりそうである。まぁ、逆風状態というところだ。

 そんな中、全体研の研究委員会では、「楽しい体育のカリキュラムづくり」に挑戦している。今年度は、しっかりとした実践で裏付けながら、具体的なカリキュラム編成作業に入ろうとしている。

 私は、ボールゲーム担当になった。ボールゲームは、近年ニュースポーツが盛んに取り入れられている。これが、全体研の提唱する楽しい体育論とどうかかわるのかということは、あまり問題にされてこなかった。はっきり言ってしまうと、目新しいものにとびつく的な感じだったかもしれない。

 また、ボールゲームの究極の楽しさは、戦術を学ぶことだという考え方があるが、果たして本当にそうなのか。

 そんなところを論点にしながら、研究していくことになった。他にも、体操、ダンス、低学年の運動、中学校の理論学習などの担当に分かれた。

 くわしくは、全体研のホームページがあるので、訪れていただきたい。ぜひ、入会も。

 全国体育学習研究会公式HP(zentaiken.com)

2008年2月28日 (木)

ぬかるみバスターズ

 校庭整地について書くことにする。

 ここ数日は、晴天が続き、強い風も吹いているので、校庭がぬかるむということはすくない。

 しかし、今年は雪の多い年だった。1回でも雪が積もると、うちの学校の校庭は大変なことになる。

 一部、日の当たらないところがあり、そこが万年氷と化してしまうからだ。いったんそうなってしまうと、朝方は凍っていてカチカチ。だんだん日が照って暖かくなると、その氷がとけてグチャグチャになる。

 それが乾かないうちに、また朝がくる…、とまぁ、こういう悪循環に陥るわけである。

 そこで登場するのが、我々、「ぬかるみバスターズ」である。

Img_5686 我々の仕事は、こんな道具を使う。

 まずは、一輪車。そう呼んでいるけど、正式には何? 決して曲乗りはしない。

 それに、スコップ。砂を一輪車に積むのに使う。たくさんの砂をすくうので、平スコップの方が使いやすい。

 道具はそれだけ。あとは“力”があればいい。

Img_5687 こんな砂の山をどんどん切り崩して運んでいく。

 砂を運んでは、ぬかるんだところにまく。じゃんじゃんまく。ひたすらまく。

 そして、平らにならす。

 踏み固める。

 そんなことを繰り返す。効果は、翌日になって表れる。ぬかるんでいたところの水分が吸収されて、ビシッと土がしまっている。

 こうなれば、もういくら遊んでも大丈夫だ。自分のポリシーとして、

「今日は、校庭がぬかるんでいるので、外で遊んではいけません」

なんて放送を3日も繰り返すなんて、絶対にしたくない。校庭は、子どもの歓声がひびいてこそのものだ。

Img_5689

 毎年、この時期は、週に1度ぐらいは土運びをする。おかげで、腰痛になったりするが、子どもの元気な姿がみられることがうれしい。

 なんて、ちょっとかっこいい?

 最近は、若い教員が一緒にやってくれる。肉体労働は、1人でやると苦しい。何人かでやるのがいいよね。

2007年10月 8日 (月)

体育の日恒例・子どもの体力低下問題

 今年も、体育の日がやってきた。体育の日といえば、必ず話題になるのが

 子どもの体力低下

 今年も、しっかりニュースになっていた。今年の特徴は、新聞により論調は様々。横ばい状態にあることを、それぞれ次のように解釈している。

 体力低下も、下げ止まり。つまり底を打った?
 運動量の少ないライフスタイルが定着した証拠?
 これ以上下がりようがない危機的な水準?
 最低限のレベルまで落ちてしまった?

 一番楽観的なのが、朝日。逆に一番危機感を持っているのが読売。こうやって、読む人はそれを真に受けてしまうから困る。

 現場感覚で言えば(毎年言っているけど)、体力低下なんてことは全くない(と思う)。データとして、それが現れるのは、運動のできない子(運動嫌い、極端な経験不足)が増えているからだ。

 できる子は、当然昔より体力は上がっている。多様化した世の中で、すべてのこのデータを平均化するわけだから、当然下がるものだと私は思う。

 だから、これも毎年言っているが、あまり騒ぐほどのことではないのだ。毎日新聞の社説が言うように、運動の楽しさをもっともっと味わわせていくことが大切だと思う。

 そして、スポーツ環境がもっと整備されれば、子どもの体力なんてこと自体が全く問題にならなくなるだろう。

<関連情報>
子どもの運動能力、低下が鈍る 「運動少ない生活定着」(朝日新聞)

子供の体力低下は鈍化傾向  文科省18年度調査(産経新聞)

社説:子供の体力 まず運動の楽しさを教えよう(毎日新聞)

子供の体力危機的レベル、運動不足が定着…文科省調査(読売新聞)

子どもの体力下げ止まり? 運動不足が定着 最近10年は横ばい(東京新聞)

2007年9月30日 (日)

運動会延期

 前日の金曜日は、やたらといい天気で暑かったのに。

 その暑い中、ダラダラ汗をかきながら準備をしたのに。

 前日までの天気予報では、雨は明け方早くにあがるはずだったのに。

 雲がもう少し北か南にずれていてくれればよかったのに。

 8時ごろには、雨はいったんやんで、「決行」の決断をしたのに。

 大勢の保護者も、校庭で待っていたのに。

 子どもたちも、「やりたい!」と言っていたのに。

 雨がやめば何とかなると思って、30分以上も様子を見て待ったのに。

 子どもたちがいよいよ椅子を出して準備というときに雨。結局、延期ということになった。延期してしまうと、休日開催ではなくなるので、いろんな意味でモチベーションが下がる。

「なぜもっと早く延期の決定をしなかったのか?」というクレームもずいぶんもらった。見る方としてはそうだろうと思う。

 私たちには、運動会に思い入れがあるだけに、判断を鈍らせてしまったのかもしれない。これで、2年続けて平日開催となった。


より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ