2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

スポーツ

2010年8月24日 (火)

「日本のスポーツ百年」

 近代オリンピックの父、かのクーベルタンから、

 「そろそろ、日本もオリンピックに参加しませんか?」

と、日本柔道の父、嘉納治五郎がお誘いを受けた。

 オリンピックに参加するには、出場選手を選ばなくちゃいけない。

 しかし、当時の日本には、そういう組織はなかった。

 ということで、大日本体育協会(今の日本体育協会)を設立したのが、1911年(明治44年)。

 来年、2011年(平成23年)で、ちょうど100年になるのだそうだ。

 で、そのイベントがなかなかすごい。

 http://www.japan-sports.or.jp/jasa100th/history/index.html

 日本全国4会場で、シンポジウムが開かれる。

 21世紀のスポーツとグローバル化代への挑戦

っていう大きな大きなテーマのもと、

 第1回は、今年10月23日、」福島会場「スポーツによる公正で福祉豊かな地域生活の創造」というテーマで行われる。

 第2回 京都(12月11日) スポーツで考える「環境と共生」の時代

 第3回 広島(2月26日) スポーツが築く「平和と友好」に満ちた世界

 第4回 東京(7月15日) 総括

 どれか1つでも、行ってみたいものだ。

2010年8月23日 (月)

武活動Tシャツ

Img_7671_3

 中学の部活で、友達とそろえたらしい。

 こういうの、子どもたちは好きなんだね。

 「武士道」と「部活動」をミックスした造語だろうか。

 部活がスポーツの楽しさを教えているのか、疑問に思うことも多い。

 反面、部活が礼儀を教えているということも、実際にはある。

 ただ、娘がこういうTシャツを選んで着ているということが、なんだかとっても不思議な感じがして、つい書いている。

 子どもたちは、何を求めてスポーツをするんだろうか。

 部活の現状と関連づけて考えてみたいテーマである。


 しかし、書かれている言葉に、武士道らしいものはないな…。

 やっぱり、部活は根性か…。

2009年2月28日 (土)

野球とサッカー、どちらが好き?

 ココログのネタに、こんなのがあったので、ちょいと参加してみる。

 どちらが好きかと言われると、実は両方好き。というか、スポーツはみんな好きだから。

 で、それじゃ以上終わりになってしまうので、場面ごとに考えてみる。


1 自分がやるとしたら?

 これは、野球の方。小学校時代から野球少年だったから。

 中学まで野球部。

 その後、自分の野球能力に限界を感じてしまったけど、今でもやるなら野球の方がいいな。

 サッカーは、足を使うという不自然さに、自分は適応できなかった。

 というわけで、サッカーは超へたくそ。


2 観戦するとしたら?

 これは、サッカーに軍配が上がる。
 
 最近は、野球を観なくなってしまった。

 きっかけはいろいろあるけど、サッカーのスピーディーさに比べると、野球はじれったくなってしまう。

 サッカーは終わり時間が決まっている(延長の場合はまれ)というのもいい。


3 スタジアム観戦なら?

 これは、どちらもいい。

 でも、最近はサッカー場にしか出かけていないけど。

 いくら大画面でも、テレビはテレビ。

 スタジアムは、臨場感がちがう。一体感もある。

 それに、私が好きなのは、芝の緑の美しさ。

 どちらにしても、スタジアムに出かけて観戦することをオススメする。


4 読むなら?

 野球の勝ち。

 山際淳司「江夏の21球」は、スポーツドキュメンタリーを文学としても価値づけた名作である。
 
 サッカーの方は、村上龍あたりにがんばってもらいたいと思っている。


5 漫画なら?

 これは、引き分け。

 野球漫画で好きなのは、古いけど、「ドカベン」

 14巻、甲子園準決勝・土佐丸高校VS明訓高校の死闘がサイコー。

 対して、サッカー漫画は、最近はまっているのが1つ。

 「GIANT KILLING」

 監督が主役というのが、なかなかめずらしい。

  
6 体育の授業でやるなら?

 これは、絶対サッカー。

 とはいっても、11人対11人ではやらない。4人ぐらいが1チームかな。

 不確定性が高いから、みんなで楽しむというにはいいと思う。

 野球は、打ってから塁間を走る、とってから投げるとか、いろんな要素の動きが入ってきて難しい。

 ルールについても同じ。サッカーは超シンプル。


というわけで、ずいぶん長文になった。

 この企画、おもしろい!


コネタマ参加中: 野球とサッカー、どちらが好き?

2009年1月 8日 (木)

新年恒例ファミリースキー

 毎年恒例のファミリースキー。

 今年も、玉原スキーパークへ行ってきた。

Img_6868_2

 1年生の息子も、何とか滑れるようになり、おもしろさ倍増だった。

 「ぼくは、ターンを覚える」

なんて豪語するから、そりゃ無理だろうとおもっていたが、そのすぐ後に、ヒョイっとできるようになってしまった。

 自分の息子ながら、すごいっ!と感心。やっぱり上の兄弟が滑っているところを見ている影響というのは大きいんだと思った。

 兄ちゃんと娘は、プルークながら、2人でガンガン暴走?しまくり。

 特に娘は、ポジションがいいので、スピードを出しても安定している。レーサータイプ?

Img_6878a_2

 慎重派だった兄ちゃんも、ずいぶんとチャレンジするようになってきた。何本も滑る体力に、親父も脱帽。頼もしくなったものだ。

 玉原唯一の上級コースにも、初めて挑戦。何とか降りてこられた。

 そろそろ、他のスキー場も候補に上げないといけないかな。

2008年2月 1日 (金)

ハンドボールがメジャーになった瞬間

 ハンドボールのオリンピック予選の再試合が行われた。

 さすがに、女子は力の差があると思っていたのでテレビも見なかったが、男子はもしかしたら?という気持ちもあり、テレビにかじりついて応援した。

 自分自身、高校・大学とハンドボールにどっぷりつかってきて、その楽しさを味わってきたつもりだ。しかし、蒲生総監督の話を聞くと、ずいぶん昔から“中東の笛”に悩まされてきたのだということがわかった。

 審判は公正だった。だからこそ、本気でくやしい。

 確かに、力の差はあると感じた。あの3点差は、小さいようで大きい。韓国は、終始落ち着いてゲームをしていたし、コントロールしていた。

 大活躍した選手が、日本でプレーしているというのも皮肉な結果だった。

 やり直しが決まってからの数ヶ月。ハンドボールというマイナーな競技が大きく注目された。見ていても、絶対におもしろいスポーツだと思う。

 いっときでも、メジャーになったことはうれしい。今後も注目されるスポーツであってほしい。

<関連情報>
Wショック!五輪切符逃した上に収支は赤字?(サンスポ)

男子も散った韓国に3点差/ハンドボール(ニッカン)

蒲生総監督が泣いた/ハンドボール(ニッカン)

2008年1月15日 (火)

マリオン・ジョーンズに実刑判決

 筋肉増強剤などの禁止薬物使用にかかわる偽証罪などで、アメリカ陸上女子の金メダリスト、マリオン・ジョーンズが、禁固6月という実刑判決を受けた。

 アメリカらしい“厳罰主義”を、ここでも通したという感じ。

 今までなら、獲得した5個の金メダルを返し、「ごめんなさい」と謝罪すれば、選手としての制裁を受けるだけでなんとかすまされてきた。

 それが、社会的にも制裁を受けるということは、よほどドーピング問題が深刻であるということだろう。

 もっと言えば、スポーツだけの問題にとどまらないということだ。

 世界的なヒーロー・ヒロインが、一転して犯罪者となる。ドーピング問題は、ぜひとも解決の方向に向かってほしい。

<関連情報>
【陸上】M・ジョーンズ、最高で禁固6月以上の実刑も(サンスポ)

2008年1月12日 (土)

ハンドボール・予選やり直しがようやく決着

 ハンドボールのオリンピックアジア予選やり直し問題が、ようやく決着しそうだ。

 自分も、高校・大学と7年間やってきたスポーツだけに、興味を持ってこの問題を見てきた。

 日本が中東よりの不可解な判定で、クェートに接戦の末、敗北した。韓国も同じように苦杯をなめ、クェートがオリンピック代表となった。

 ハンドボールというのは、バスケのようなスピードと、サッカーのような接触プレーで、一瞬にして豪快なシュートが決まるおもしろさがある。

 とはいえ、反則は厳しく、すぐにイエローカード、レッドカードが出る。レッドは2分間の退場。この間、相手のパワープレーということになる。サッカーのように、もう出られないというのではないので、けっこう頻繁にカードが出る。

 これを悪用されたら、たまったものではない。日本側が抗議するのは当然のこととうなずけた。

 その抗議を国際ハンドボール連盟が承認し、予選のやり直しが決定した。にもかかわらず、アジア連盟はそれを拒否した。

 オリンピック予選をやり直すということ自体、異例中の異例だと思ったが、もっとびっくりしたのは、上部組織の決定に、下部組織が逆らったということだ。こんなことがあってはならない。

 このゴタゴタが、東京開催で決着する。しかも、当のクェートをはじめ中東はボイコットするらしい。

 日本にも、再びオリンピック出場のチャンスが出てきたということだが、忘れてはならないのは韓国の存在である。韓国は、クェートに次いで2位だったわけだから、ここに勝たなければならないわけで、まだまだ大きな壁を乗り越えなければならない。

 東京開催、これは注目したい。

<関連・最新情報>
男女延べ9カ国に出場打診=中東3カ国は不参加か-ハンド五輪予選(スポーツナビ)

【ハンドボール】日韓だけで再予選…男女4カ国がボイコット(サンスポ)


ハンドやり直し予選11日中に参加国集約(ニッカン)


2008年1月 7日 (月)

スキーに行ってきました

 毎年、恒例のファミリースキー。

 今回は、子どもたちがけっこう滑れるようになって、久しぶりにガンガンいった。

 朝は9時頃にはゲレンデに立つ。昼飯は30分。リフトが止まるまで滑る。

 とは言っても、子どもたちは雪遊びなんかもしたりするけど。

Img_5611a

 写真は、ちょいとサービスして、深雪にドサッと倒れたシーン。この後、子どもたちの攻撃を受けて、埋められてしまった。寒かった。

 それにしても、スキーというのは不思議だ。ただ、雪山を滑り降りてくるだけなのに、全然飽きない。

 「次はこうやって滑ろう」とか、「こっちの斜面に行ってみよう」とか、自然に運動のめあてを持てているから楽しいのかもしれない。

 年に1回ぐらいじゃなくて、あと2回ぐらいは行きたいものだ。

2007年9月 9日 (日)

ラグビーワールドカップ開幕

 ラグビーのワールドカップがフランスで開幕した。

 地元フランス対アルゼンチンの開幕戦をテレビ観戦した。

 大方の予想を覆して、アルゼンチンが勝利した。地元フランスは、ガチガチ。いつもなら決めているようなペナルティゴールを2本失敗。それも、後半の追い上げムードのときにだ。8万人の観衆の声援が逆にプレッシャーになったのかもしれない。ものすごいざわめきだった。

 対するアルゼンチンは、ものすごい気迫。低いタックルがバンバン決まる。パスカットなんて、ラグビーではあまり見ないけど、そういうのも多かった。

 それに、サッカー強国だからだろうか、キックを多用していた。これでもかというハイパント。ガンガン走るフォワード陣。1列目の選手は、みんな30歳台というから、スタミナ切れも心配だったろうが、気迫が勝ったという感じである。

 それにしても、ラグビーというのは、超がつくほどの格闘技だ。流血もたくさんあった。あれだけの巨体が、スピードをつけて走り込んで激突する。テレビ観戦とはいえ、とても寝転がって見ていられない。チャンスのたびに体に力が入る。

 日本では、トップリーグもあるし、大学ラグビーもさかんとはいえ、人気の面では今ひとつメジャーになりきれていない感がある。やはり体格で負けちゃうからだろうか。確かに、こんな外国人とやったら殺されちゃうんじゃないかと思うような激しいゲームだった。

 その日本は、オーストラリアと初戦を行い、91対3の大敗を喫した。まだまだだな。ガンバレ日本!

<関連情報>
開催国フランスが屈辱の開幕黒星…8万人の声援に応えられず(サンスポ)

大量91失点で日本玉砕…ワラビーズの厚い壁にわずか3得点(サンスポ)

2007年8月26日 (日)

世界陸上開幕・サバイバル男子マラソン

 世界陸上が大阪で開幕した。あのカール・ルイスで盛り上がった東京大会以来の日本開催である。

 そう、あの時は長嶋さんが元気で、「ヘイ!カール」と親しげに声をかけていたのを思い出す。

 オリンピックでは、男子マラソンは最後と決まっているが、今回は最初。しかも、この猛暑の中のレースとなった。

 日本選手は、アフリカ勢と比べると、やや力負けの感がある。しかし、地元開催である。この暑さにも慣れている?と言えるかもしれない。

 私も、今年は、日中走ることをほとんどしていない。というのも、ダメージが大きすぎるからである。暑さに耐えるというだけで、相当厳しい。汗の量もハンパじゃないから、補給する水分量だってすごい。この間、夕方2時間半のLSDやったときも、2リットル近く飲んだ。足や腕、体にもかけた。

 だから、このトップの世界のスピードで、この時期にマラソンを走るというのは、あまりに危険だと思った。その通り、多くのトップランナーがリタイアした。

 日本の尾形選手、一時3位になりながら、最後は抜かれて5位。これが日本勢の最高位。後続する大崎、諏訪の両選手が、6位と8位に入賞し、日本は団体の金メダルを獲得した。

 マラソンの団体って何だよという思いはあるけど、日本の選手層の厚さを物語るものだから、それはうれしい。

 おめでとう!

 さて、ついつい見てしまう陸上競技。テレビだと、次から次へと種目を切り替えてくれるから、なおさらである。砲丸投げ、十種競技、10000mと、眠い目をこすりながらテレビにかじりついていた。

 寝不足になりそう。

<関連情報>
【世界陸上】尾方、酷暑に耐えて5位入賞-男子マラソン(サンスポ)


より以前の記事一覧

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ