2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

体育研究

2010年10月 3日 (日)

全国体育学習研究協議会京都大会

 第55回全国体育学習研究協議会が,京都で開催されます。

 期日は,11月5日(金)~7日(日)

 観光シーズンの京都は,大変なにぎわいだそうですが,ホテルに缶詰状態になって,体育をスポーツを大いに語り合ってきたいと思います。

 申し込みは,まだ間に合いますので,ぜひご一緒に。

 くわしくは,次のホームページへ。

 全国体育学習研究会

 京都市体育研究会

2009年2月24日 (火)

このボールで…

Img_6893

「土俵に上がらなければ相撲はとれない」と言われる。

 サッカーだったら、ボールを蹴ろうとしなければ、サッカーにならない。

「サッカーはこわくてやりたくないの!」
と言ってやろうとしない子(低学年の女の子にけっこう多い)に、どうやってサッカーの授業に参加させたらいいだろう。

 1年生には、写真のようなボールを使ってサッカーをやることにしている。

 まず、比較的柔らかいボール(ライトドッジボールやソフトバレーボール)を選ぶ。

 次にボールの空気を抜いて、ベコベコにする(あまり抜きすぎると、踏んで危ないこともあるので注意)。

 これでも、ずいぶん“転がらないボール”ができるが、さらに、

 そのボールに、レジ袋(最近は集めにくくなったけど)をかぶせる。

 そうすると、1年生が思いっきり蹴ったボールが、数バウンドで止まるボールができあがる。

 追いかければ十分ボールに追いつけるので、自然と団子状のドリブルゲームになる。

 低学年の子どもの「自分が、自分が」という気持ちも満たされる。

 苦手な子でも、あのボールなら追いつけそうだ、蹴れそうだという気持ちになれる。

 そんな気持ちになれば、もうこっちのものだ。

 みんなで思いっきりスポーツをする楽しさを味わわせてやろう。

 これで、みんなが参加できる(つまり同じ土俵の上に立てる)こととなる。


 とは言っても、走力のある子がボールを触る機会が多くなる。

 しかし、走力がないがゆえに、相手ボールになって戻りきれなかった子が、偶然こぼれたボールをシュートできちゃったりすることもある。

 偶然が何度か続けば、それを「作戦にしよう」というチームも出てくる。

 つまり、だれかをゴール前に貼り付けておこうというものだ。

 1年生で、こういうのを、「オフサイドだ!」なんて言ったら、とても楽しめない。ルールは、サッカーの本質(一般的特性という)を失わない程度に、子どもに合うように変えていけばいいのだ。

 おそらく、低学年のうちは、このドリブルゲームが一番合っていると思う。

 パスの意識が出てくるのは、自分を犠牲にしてもチームの勝利を優先しようとする年頃になってからだろう。

 その時には、それにあったルールや用具、場を工夫していけばよい。

 サッカー型の授業は、こんなふうに発展していくのだと考えて、現在、カリキュラムづくりを研究している。

 また、いつか報告したい。

2009年1月25日 (日)

全体研研究委員会・全国大会反省

 昨日、全体研(全国体育学習研究会)の研究委員会に参加してきた。

 ※ 全体研の考え方については、公式HP  zentaiken.com をご覧いただきたい。


 今回は、過日行われた全国大会(東京大会・10月31日~11月3日)の反省が主な議題である。

 研究委員会では、特に次の5領域を重点的に検討することを提案してきた。


  ①体操 ②ボールゲーム ③ダンス ④低学年の運動 ⑤中学、高校


 民間教育団体なので、学習指導要領に取り上げられている内容とは異なっている。


 さて、少し専門的になってしまうが、今回の議論で感じたことをメモしておく。


<体操>
 エアロビクス理論に基づく運動を、陸上運動としてではなく、体操の学習として構想できないかという提案があった。例えば、ジョギングなどのように。

 これについては、私も10年前に実践をしたことがあるので、興味がある。

 保健領域で、「運動の効果を知ろう」という単元を構想し、ジョギングをしながら心拍数をはかり、自分の体がパワーアップしていく様子を実感させようというものである。

 くわしくは、こちらをご覧いただきたい。


<ダンス>
 創作ダンスの提案授業があったが、これに対して全体研のマニュアル作成を急ぐべきだとの意見があった。

 授業というものをマニュアル化するのは、なかなか」難しい。しかし、それがカリキュラムづくりと考えれば、必要なことであると思った。

 しかし、ダンスについてはわからないことが多すぎる。


<低学年の運動>
 低学年では、集団スポーツの形をとりながらも、個が生かされ遊んでいるという状況を作り出すことが大切であるとの意見があった。

 個が生かされなければならないからといって、個人スポーツがあっているかというと、そういうことでもない。

 個と個がぶつかり合うことを通して、人との関わりも学んでほしいという教育的な意図が大きく絡んでいる。


<中学・高校>
 地域総合型スポーツクラブと学校体育との関係や、学校スポーツ後の本当の意味での生涯スポーツプログラムをどう作っていくかが、これからの課題である。

 確かに、スポーツを創れる子どもを育てる必要を強く感じている。

 スポーツクラブに参加しても、ただ教えてもらっているという状況では悲しい。

 自分からスポーツにかかわり、工夫できるようになってほしい。そういう意味で、自分も「スポーツイベントを開こう」という授業を構想したことがある。

 くわしくは、こちらをご覧いただきたい。

 
 さて、だいぶ長くなってしまった。

 自分の担当であるボールゲームについては、別にまとめることにする。

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ