2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

台風一過の運動会

Img_7688

 早朝は,雨もふっていた。どうやら台風の影響らしい。

 朝から午前中にかけては,寒いほどの曇り空。

 運動会を開催する側としては,頭を悩ませる天気だ。

 ただ,午後は台風が通り過ぎて,カラッといい天気になるという予報だから,延期はあり得ないだろう。

 というわけで,1時間ほど遅れて,息子の運動会は始まった。

 昼過ぎには,天気予報どおり,一気に雲が流れて行く。

 午後は強いぐらいの日差し。

Img_7702

 息子もがんばっていたし,他の学年の演技も見て,久しぶりに感動した。

 やっぱり,教師ががんばればいい運動会ができるんだと実感した。

 何か,変な言い方だけど,保護者はそれを感じ取ることができているだろうか。

 自分の子どもばっかり見てないで,正しい“学校応援団”になれるといいんだけど…。


2010年9月20日 (月)

土日ランナー

 このところ,少しずつランニングライフが復活している。

 体はきついが,毎日の生活に“張り”というか“アクセント”というか,そんな感じで心地よい。

 ストレスも確実に解消される。

 何より,ビールが10倍うまくなるしね。

 というわけで,たるんだお腹はなかなか締まってはきませんが…。

Image00765

 9月は,ここまで見事に,土日のみの「土日ランナー」状態である。

 きょうも休日。

 きょう走れば,土日祭日ランナーに昇格するかな?

2010年9月 5日 (日)

運動時の熱中症対策について

 これだけの猛暑が続いて、熱中症で倒れる人が続出しているとの報道が多くなっている。

 ん~、確かに、熱中症はこわいし、それなりの対策をとらなければならないと思っているのだが…。

 ちょっと、“騒ぎすぎ?”という感じもしている。

 たとえば、最近、天気予報で、熱中症対策についても触れるようになってきた。

 「熱中症情報です。本日は、原則運動中止となっています」

といった具合に。

 これって、どこに根拠があるのかっていうと、


熱中症予防のための運動指針(1994日本体育協会)


というのがあるんだそうだ。

 この運動指針によると、気温35℃以上になれば、原則運動中止となっている。

 それはね、確かにそれだけ暑ければ運動はしない方が身のためですよ、っていうことはよくわかる。

 しかし、この指針をすべてに適用したら、夏休みの部活は全部中止でしょうね。

 小学校でも、運動会シーズンを控えているので、この暑さの中でも、練習しなければならないでしょう。

 雨でも中止、暑くても中止、なんてことでは、行事をこなすことができなくなりそうです。

 
 私自身、思うに、まずは自己管理。

 しっかりとした水分補給。早めの休養。

 体調が悪かったら、迷わず休む。

 あとは、指導者がそのことをきちんと理解して、無理にやらせないこと。

 
 暑いからといって、エアコンの効いた部屋にばっかりいるようでは、やっぱりダメたと思いますよ。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ