2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月

2010年5月 5日 (水)

国民生活選好度調査の結果から

 4月27日、内閣府から「国民生活選好度調査」の結果が公表された。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/senkoudo/senkoudo.html


 この調査は、国民が実感している幸福感・満足感の現状を把握することを目的としているそうだ。


 この調査の第1問は、これ。

 現在、あなたはどの程度幸せですか。「とても幸せ」を10 点、「とても不幸」を0点とすると、何点くらいになると思いますか。いずれかの数字を1つだけ○で囲んでください。


 この問いに対する結果は、これ。

・日本人の幸福度の平均値は“6.5”。

・真ん中の“5”を選択する者が多い。


 この結果を見ただけでも、何となく“日本人的”だなぁと思ってしまう(残念ながら悪い意味で)。

 自分も、確かに毎日忙しいけど、幸福感はけっこう大きいよね。


 また、こんな結果を出ている。

・男女別には、女性のほうが幸福感が高い。

・年齢別には、30 歳代の幸福感が最も高く、年齢階層があがるにつれ低下する。

 男性の方が拘束された生活をしているんでしょうかね。

 このへん、解釈の仕方によって、女性から反感を買いそうです。

 年齢が上がると、どんどん幸せじゃなくなる社会って、とっても悲しい気がする。

 ただ、結果に表れていることと、実際とはずいぶん違うんじゃないかなと感じる。

 カネと時間的なゆとりは、リタイアした方の方がずっとたくさんあると思うけど。


 幸福感を判断する際に重視した事項(複数選択)で、最も多かったのは、

 健康状況(69.7%)

だった。

 健康教育を推進している身にとっては、

 「それみたことか」

という感じである。

 小学校や中学校では、なかなか“健康”というものが、切実なものとして理解されない。

 だからこそ、「大事だぁ大事だぁ」と連呼するんじゃなくて、

 健康になることが楽しい、うれしい!

と思える学習を組織したいと考えている。(これ、持論です!)


 それから、幸福感を判断する際に重視した事項の4番目に、

 自由な時間・充実した余暇(46.7%)

というのがあった。

 健康ほどではないにしろ、仕事よりも余暇が人生にとっては重要な部分を占めるってことかな。

 これも持論だけど、健康ともかかわって、余暇を楽しむ最良の選択は、

 スポーツ

だと思っている。

 だからこそ、余暇を楽しむためのスポーツについて、もっともっと学校の体育に時間に学ばせたい。

 体力向上も、技能向上も大事だけどね。

 楽しむってこと、運動の楽しさってことを重要視したい。


 「国民生活選好度調査」の結果から、改めて感じたことでした。

2010年5月 3日 (月)

ランニングも復活!

 実は、新年に、

 「5時に起きて走る」

という誓いをしました。

 確かに、しばらくがんばりました。

 ところが、3月に入って、とたんに仕事が忙しくなり、

 走らない生活が、また続いてしまいました。


 この連休で、完全休養して、また走り始めないと、またズルズルいきそうで。

 ちびちびでもいいので、やっぱり走り続けることにしました。

 
 レースがモチベーションになると言いますが、

 現在、レースの予定、

 なし。


 サロマは出たいと思っていたのですが、忙しくてエントリーすることも忘れてしまいました。


 というわけで、秋の大会を目指します。

 秋も、忙しいんだろうなぁ。

 でも、フルマラソン、復活するぞ~!

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ