2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2009年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

たばこ値上げ

 たばこの値上げが決まった。

 10月1日から、110円~140円も値上げするようだ。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100428/biz1004281529017-n1.htm

 これは、相当な額ですよね。

 禁煙を加速することになるだろうか。

 http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100428/biz1004282214031-n1.htm

 たばこ離れが進むほど、消費が落ち込むから、値上げ幅も大きくなる。

 そうすると、余計にたばこ離れが進むだろう。

 これは、もう世の流れかな。


 無煙な社会になるといいと思う。

 
 たばこネタで、もう一つ。

 未成年の喫煙率が激減しているようだ。

 これは、タスポの影響もあるだろうし、喫煙防止教育の成果がようやく上がってきたという見方もあるだろう。

 どちらもそうだと思う。

 同時に、受動喫煙防止から、禁煙場所が増えて、喫煙するという行為がかっこ悪く思えるようになった来たことが大きいと感じている。

 昔は、たばこを吸う姿をカッコイイと思うような社会だった。

 そう思うと、世の流れを感じる。


 いっそ、これを機会に、本当に無煙社会になったらいいんじゃないだろうか。

 喫煙防止教育を進めている私にとっては、なかなかグッドなニュースだった。

2010年4月29日 (木)

プレミアリーグ

 昨年の夏に、ブルーレイディスクレコーダーを買って以来、休日にスポーツ番組をじっくり見ることができるようになった。

 「サッカー」というキーワードを入れておくだけで、ありとあらゆる番組を録画してくれるスグレモノだ。

 しかも、時間のないときでも、しっかり内容がチェックできる「ダイジェスト機能」がついているので、90分のゲームが、30分程度で見られてしまう。

 中でも最近のお気に入りは、サッカーの本場・イングランドのプレミアリーグ。

 マンチェスターユナイテッドとチェルシーの優勝争いが繰り広げられていて、目が離せなくなってしまった。

 テレビで見ていて印象的なのは、

 ・パスのスピードが非常に速いこと

  しかも、そのパスをいとも簡単に正確にトラップする。

  選手個々の技術レベルが高いことがわかる。


 ・攻守の切り替えがやたら速いこと

  攻め込んでいたと思ったら、あっという間のカウンターというのがザラ。

  しかも、それを繰り返す強靱なスタミナに恐れ入ってしまう。


 ・当たりが強いこと

  審判も、フエを吹かないことが多い。

  ちょっとやそっとの接触では倒れない選手もすごい。

 
 そんなわけで、Jリーグとはケタ違いのパフォーマンスを感じてしまう。

 選手だけではない。

 観客もハイレベルである。

 スタジアムのあの盛り上がりは、日本ではなかなかない。

 日本でも、スタンディングオベーションが一般的にならないかと思う。


 我が大宮アルディージャのホーム、ナックファイブスタジアムは、日本では数少ないイングランド式のスタジアムである。

 スタジアムの雰囲気も、イングランド並になったらいいなと思う。


 プレミアについては、またネタにしたい。

 本日はここまで。

  

ご無沙汰しておりました。

 1年以上のブランクでした。

 職場が変わったこともあり、

 ある“こと”にハマってしまってしまったこともあり、

 ブログ更新どころではありませんでした。

 まったく、ゆとりのない生活。


 しかし、

 再開することにしました。

 また、ぽつぽつと、スポーツのこと、健康のこと、教育のこと、…

 書き留めていきたいと思います。

 週に一度ぐらいののんびり更新になるかもしれませんが、

 どうぞよろしく。

« 2009年3月 | トップページ | 2010年5月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ