2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

野球とサッカー、どちらが好き?

 ココログのネタに、こんなのがあったので、ちょいと参加してみる。

 どちらが好きかと言われると、実は両方好き。というか、スポーツはみんな好きだから。

 で、それじゃ以上終わりになってしまうので、場面ごとに考えてみる。


1 自分がやるとしたら?

 これは、野球の方。小学校時代から野球少年だったから。

 中学まで野球部。

 その後、自分の野球能力に限界を感じてしまったけど、今でもやるなら野球の方がいいな。

 サッカーは、足を使うという不自然さに、自分は適応できなかった。

 というわけで、サッカーは超へたくそ。


2 観戦するとしたら?

 これは、サッカーに軍配が上がる。
 
 最近は、野球を観なくなってしまった。

 きっかけはいろいろあるけど、サッカーのスピーディーさに比べると、野球はじれったくなってしまう。

 サッカーは終わり時間が決まっている(延長の場合はまれ)というのもいい。


3 スタジアム観戦なら?

 これは、どちらもいい。

 でも、最近はサッカー場にしか出かけていないけど。

 いくら大画面でも、テレビはテレビ。

 スタジアムは、臨場感がちがう。一体感もある。

 それに、私が好きなのは、芝の緑の美しさ。

 どちらにしても、スタジアムに出かけて観戦することをオススメする。


4 読むなら?

 野球の勝ち。

 山際淳司「江夏の21球」は、スポーツドキュメンタリーを文学としても価値づけた名作である。
 
 サッカーの方は、村上龍あたりにがんばってもらいたいと思っている。


5 漫画なら?

 これは、引き分け。

 野球漫画で好きなのは、古いけど、「ドカベン」

 14巻、甲子園準決勝・土佐丸高校VS明訓高校の死闘がサイコー。

 対して、サッカー漫画は、最近はまっているのが1つ。

 「GIANT KILLING」

 監督が主役というのが、なかなかめずらしい。

  
6 体育の授業でやるなら?

 これは、絶対サッカー。

 とはいっても、11人対11人ではやらない。4人ぐらいが1チームかな。

 不確定性が高いから、みんなで楽しむというにはいいと思う。

 野球は、打ってから塁間を走る、とってから投げるとか、いろんな要素の動きが入ってきて難しい。

 ルールについても同じ。サッカーは超シンプル。


というわけで、ずいぶん長文になった。

 この企画、おもしろい!


コネタマ参加中: 野球とサッカー、どちらが好き?

2009年2月27日 (金)

シューズにつける小銭入れ

Img_6925

 けっこう便利で、いつもシューズにつけていた小銭入れ。

 10年以上使い込んだけど、ついに破けてしまった(写真)。

 走っていると、お金がこぼれ出てしまう。

 というわけで、新しいのを買った。

 アディダス製で、前のよりもちょっと小ぶり。デザイン的にはかっこいいんだけど、どうにも使い心地がよくない。

 取り出し口が小さいから、指が入らない。

 腰を屈めて、120円取り出すのに、けっこう時間がかかる。

 自動販売機の前で、四苦八苦している姿は、周りの人からどんなふうに見られているんだろう?なんて考えてしまったりする。

 ちょっとした小物だけど、使う側の気持ちを考えてくれるとうれしいと思った。

2009年2月24日 (火)

このボールで…

Img_6893

「土俵に上がらなければ相撲はとれない」と言われる。

 サッカーだったら、ボールを蹴ろうとしなければ、サッカーにならない。

「サッカーはこわくてやりたくないの!」
と言ってやろうとしない子(低学年の女の子にけっこう多い)に、どうやってサッカーの授業に参加させたらいいだろう。

 1年生には、写真のようなボールを使ってサッカーをやることにしている。

 まず、比較的柔らかいボール(ライトドッジボールやソフトバレーボール)を選ぶ。

 次にボールの空気を抜いて、ベコベコにする(あまり抜きすぎると、踏んで危ないこともあるので注意)。

 これでも、ずいぶん“転がらないボール”ができるが、さらに、

 そのボールに、レジ袋(最近は集めにくくなったけど)をかぶせる。

 そうすると、1年生が思いっきり蹴ったボールが、数バウンドで止まるボールができあがる。

 追いかければ十分ボールに追いつけるので、自然と団子状のドリブルゲームになる。

 低学年の子どもの「自分が、自分が」という気持ちも満たされる。

 苦手な子でも、あのボールなら追いつけそうだ、蹴れそうだという気持ちになれる。

 そんな気持ちになれば、もうこっちのものだ。

 みんなで思いっきりスポーツをする楽しさを味わわせてやろう。

 これで、みんなが参加できる(つまり同じ土俵の上に立てる)こととなる。


 とは言っても、走力のある子がボールを触る機会が多くなる。

 しかし、走力がないがゆえに、相手ボールになって戻りきれなかった子が、偶然こぼれたボールをシュートできちゃったりすることもある。

 偶然が何度か続けば、それを「作戦にしよう」というチームも出てくる。

 つまり、だれかをゴール前に貼り付けておこうというものだ。

 1年生で、こういうのを、「オフサイドだ!」なんて言ったら、とても楽しめない。ルールは、サッカーの本質(一般的特性という)を失わない程度に、子どもに合うように変えていけばいいのだ。

 おそらく、低学年のうちは、このドリブルゲームが一番合っていると思う。

 パスの意識が出てくるのは、自分を犠牲にしてもチームの勝利を優先しようとする年頃になってからだろう。

 その時には、それにあったルールや用具、場を工夫していけばよい。

 サッカー型の授業は、こんなふうに発展していくのだと考えて、現在、カリキュラムづくりを研究している。

 また、いつか報告したい。

2009年2月19日 (木)

心拍数の変化

 今年1月から、ランニングを再開して以来、自分の体を使って、ある“実験”をしてきた。

 それは、

  ランニングによって、心臓がパワーアップすること

を確認することである。

 以前、長期研修でそんな研究をしたことがある。

 自分の体が、運動によって、着実にかわっていくということを実感できれば、健康な生活習慣としてスポーツの有用性も理解できるのではないかと。

 1ヶ月半、ランニング前・ランニング直後・その2分後の心拍数をずっととってきた。

 その結果をグラフにしたものが、これである。

Sinpaku
                             (15秒間の心拍数)

 ランニング直後の心拍数は、ほんの数日でぐっと少なくなる。これまでの経験があるから、すぐに心臓も慣れるということだろう。

 ちなみに心拍数が減るということは、それだけ心臓がパワーアップしていることに他ならない。

 直後は、その後あまり変化がないようにも感じられる。これは、慣れてくれば、当然走るペースも上がってくるからかもしれない。

 ランニング前の心拍数も2分後の心拍数も、少しずつ減ってきている。

 なるほど、確かに変化が見られることがわかった。

 人間の体って、やっぱりスゴイ! こうやって体は適応していくんだということがよくわかった。

 なんか、とってもうれしい。

  

2009年2月15日 (日)

イエローチップ年間登録サービス終了

Img_6915

 チャンピオンズチップによる計測システムが導入されて、13年だそうだ。

 私は個人的に、このシステムが気に入って、イエローチップホルダーになった。

 自分専用のチップを持つということは、けっこう便利だった。

 レース用のシューズには、ほぼつけっぱなし。

 ゴール後も、取り外して返す必要もなく、快適である。

 しかも、年間に参加した大会のタイムをまとめて教えてくれるというオマケまでついていた。

 最近は、チャンピオンズチップを使わない大会も増えてきた。

 東京マラソンなんかは、薄いICチップだった。

 せっかくの統一したシステムが、また多様化してしまうのは、参加する側としては不便になるような感じがする。


 年間500円の登録料は、安いか高いかわからないが、自分としては今回のサービス終了はとても寂しい。

 

2009年2月13日 (金)

1月の月間走行距離

 遅くなったが、1月の月間走行距離をまとめた。

Soukou0901

 11日から走り始めたので、当然それまではゼロ。

 ずいぶんと休んでいたので、77キロという数字は、まぁこんなものかという感じ。

 大事なのは、これから。

 休まず継続していきたい。

 
 そうだ! サロマ申し込まなければ。

2009年2月11日 (水)

テレ玉親子ふれあいマラソンにエントリー

Img_6917

http://www.teletama.jp/sports/oyakofureai/2009.htm

 一昨年、参加したテレ玉親子ふれあいマラソンに参加することにした。

 実は、昨日がエントリー〆切り日で、あわててネットから申し込んだ。

 種目は、親子の部(1,2年)。

 うちの子どもたちは3人とも、低学年のうちに、この「親子マラソン」に参加させられている。

 ま、いちおう、本人も

 「やる!」

とは言っているのだが、2㎞はけっこうきつい。

 練習もやるやると言いながら、それほどできないから、つらさも倍増である。

 だからって、走ることが嫌いになっちゃうわけでもないようだ。

 6年生になる娘も、高学年の部に参加すると言うのだから。

 ふだん、父親が走っているのをチラチラ見ているからだろうか。

 ま、何でもいいから、自分の好きなスポーツを楽しみ続けられるようになってほしいと思っている。
 

2009年2月 8日 (日)

富士山

 ランニングを再開して、そろそろ1ヶ月。

 平日は、早朝。休日は、夕方に走ることが多い。

 この時期の楽しみの一つは、美しい夕焼け&朝焼けが見られること。

 特に、ランニングコースにある陸橋の上からは、富士山も拝める。

 なかなかの絶景である。

Img_6911

 デジカメを持っていったけど、なかなかうまくとれず…。

 本当は、もっともっと感動的な美しさなんだけど。

2009年2月 7日 (土)

適正スポーツ診断テスト

 こんなブログパーツをみつけた。

 適正スポーツ診断テスト

 おもしろいので、どうぞやってみてください。


 ちなみに、自分は、

 D 陸上・体操・登山  エクササイズタイプ

になった。

 今の自分にぴったり合っちゃってる。

 ん~、昔は球技タイプだったんだけどなぁ。

 スポーツの嗜好や得意分野の変化っておもしろい。

 人それぞれのスポーツ遍歴を分かち合えたらおもしろいと思った。

2009年2月 6日 (金)

朝青龍のガッツポーズについて

 先場所の大相撲で優勝した朝青龍のガッツポーズについては、賛否両論あるようだ。

 スポーツとしての相撲という側面と神事としての相撲という側面があるので、そのへんをきちんと理解していないとダメなんだろうなと思う。

 TBSラジオのアナウンサーが、

 「あれ(ガッツポーズ)は、絶対ダメです。あれはやってはいけません」

と言っていたのを聞いて、そこまで言い切るのはなぜなんだろうと疑問に思っていた。


 そこで、簡単に相撲の由来を調べてみることにした。以下、ウィキペディアから。

 ・相撲は日本固有の宗教である神道に基づいた神事である。
 ・健康と力に恵まれた男性が神前にてその力を捧げ、神々に敬意と感謝を示す行為である。
 ・そのため礼儀作法が非常に重視されている。
 ・従って、力士はまわし以外は身につけない。

 土俵の上は、“女人禁制”ということが、少し前に問題になったことがあったが、それもうなずける。

 さらに、

 ・祭の際には、天下泰平・子孫繁栄・五穀豊穣・大漁等を願い、相撲を行なう神社も多い。
 ・二者のどちらが勝つかにより、五穀豊穣や豊漁を占うという意味もある。
 ・そのため、勝負の多くは1勝1敗で決着するようになっている。

 なるほど、勝てばいいってことではないわけがよくわかる。

 相撲がいかにスポーツ化されたとはいえ、敗者への配慮が必要なことは、これでよくわかった。

 相撲は、自分のためにとるのではない。

 こういうことは、文化として大事なことである。守っていきたい伝統である。


 付け足し
 
 テレビで、“ひとりすもう”というのを見た。

 稲の霊と相撲し、霊が勝つと豊作となるため、相撲をとる人間側は常に負けるというもの。

 しかも、1勝1敗で、3回目に勝負がつくようにする。

 負けっぷりも大事で、わざとらしくなくうまくやるのが恒例行事となっているようである。

 これなんか、朝青龍にやらせたらどうだろ?

2009年2月 3日 (火)

進まない受動喫煙対策

 久しぶりに健康教育系のネタを。

 先日、新聞記事にこんなのがあった。

 「進まない受動喫煙対策 分煙は防止効果なし 世界は全面禁煙へ」

 簡単にいってしまうと、日本は遅れているということである。

 WHOのたばこ規制枠組み条約が発効して4年という。

 たばこの害、とりわけ受動喫煙の害については広く認識されてきた。

 世界では、飲食店や公共の場での喫煙を法律で禁止する動きが広がっている。

 しかし、日本では、罰則規定のない努力義務(2003「健康増進法」)ということで、結局は事業所や公共団体の自主的な判断に任されてしまっている。

 記事によると、喫煙者でさえも、他人の煙を吸うことに不快感を感じている人が多いという。

 うちの近くのラーメン屋(結構うまい!)も、灰皿がなくなった。

 反面、ファミリーレストランのような子どももたくさん行くようなところが、まだ分煙にとどまっている。しかも、分煙といっても、何の仕切りもない。

 これじゃあね。

 ラーメン屋さんのように、スパッとやってくれないものか。

 それとも、罰則がなければダメなのか。

 早く、健康意識が高まることを期待している。

2009年2月 1日 (日)

親業

 娘が、漢字検定を受けるというので、会場まで送り迎えしてきた。

 電車で何駅か。確かに繁華街を通ったりするので、心配は心配。

 でも、人通りの多い昼間。

 別に1人で行かせてもいいんじゃないの?なんて思っている私は、現状を認識していない?


 私が子どもの頃(小学校の高学年ぐらい)は、けっこう子どもだけで出歩いたものだ。

 1人だけで電車に乗ったこともあった。

 というか、犯罪に巻き込まれるとか、誘拐されるとか、殺されちゃうとか、そんなこと、当時の親はあんまり現実のことと考えていなかった。

 どうなんだろうねぇ。

 1人で判断して、困ったら見知らぬ人でも助けを求めて、なんとかがんばるってことが必要な気もするんだけど。

 
 さて、子どものスポーツでも、親がかりなことは多い。

 休日の少年団の野球やサッカーには、必ず親がついていて、マネージャーみたいなことをやっている。

 結局は、子どもが自分だけの力でスポーツを楽しんでいないんだよな。

 親がかり…。

 親も大変なんだよね。大変なことを理由に、野球なんかやらせられないという家庭も多いと聞く。

 スポーツを自ら楽しめるような子どもを育てようとしているのに、社会がそれを許さない状況にあるとは…。

 このあたりも考えて、生涯スポーツを考えていかなければいけないようだ。


« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ