2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2008年2月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年3月

2008年3月18日 (火)

荒川市民マラソン参加記

 荒川市民マラソンに参加してきた。

Img_5809a

 まったくもって、何十回もマラソンを走っているのに、初心者みたいな走りをしてしまった。

 情けなや…。

 スタートは混雑していたので、思うように走れないのはしかたがない。とわかっていながら、ちょっとしたすき間をみつけては数名を抜かすということを繰り返した。

 そのおかげで、ずいぶんと速いペースになってしまっていた。5キロ地点は、28分。5キロから20キロまでの5キロごとのラップは、いずれも25~26分前半。

 中間地点を1時間50分そこそこで通過したときは、

 「久々に、3時間40分台が出るかも…」

なんて思ってしまっていた。そうやって、今までに何度も失敗してきたはずだった。

 何回走っても、何十回走っても、自重できないのはなぜ?と自分に問いかけたくなる。

 28キロ地点から、胸が苦しくなり、目の前に☆がたくさんまたたき始めた。☆☆☆☆…。それから、パッタリ気力が失せてしまい、大幅なペースダウン。

 久しぶりにレースで歩きを入れてしまった。

 それでも、少し歩いたり、エイドステーションで物を食べたり飲んだりすると、少し回復する。

 34キロの名物「シャーベット」を食べたら、気力もずいぶん回復。そこからは、遅いながらも一定のリズムで走ることができた。

 くやしいのは、こんなときでもラストスパートができてしまうこと。

 これだけのエネルギーが残っているのに、なんであそこではダメだったのか。

 これも、いつも反省することだった。はい、そうやってあやまちは繰り返されるのであった…。ま、それも楽しいからいいんだけどね。

 よかったことは、名物「完走ラーメン」を待ち時間ゼロで食べられたことかな。そのぐらいしか思いつかない!

Img_5812a

 それにしても、マンモス大会。人、人、人。人の洪水状態だった。私が帰るときも、ゴールを目指すランナーの列は、延々と続いていた。7時間の時間制限なんて、無制限と同じようなものだからね。

Img_5810a

 例年悩まされる強風もなく、暖かいというか、暑いほどの1日だった。

 4月は、仕事で忙しいけど、5月からはウルトラマラソンいくぞ~!

Img_5808a

2008年3月 7日 (金)

Japan Blog Award 2008 授賞式

 Japan Blog Award 2008 の授賞式に参加してきた。

Img_5733

 いやぁ、ほんとに、

「もしかしてだまされているのかも…」

という気持ちは拭いきれなかった。

 結果から言ってしまうと、「残念でした」だった。部門別のグランプリを授賞したのは、弁護士でトライアスリートのJunyaさんだった。

Img_5739 こんなプレートを胸につけて、ブロガー席に着いていると、なんだかミョーな緊張感がわき上がってきて困った。

 昔、年末によくテレビで見た「レコード大賞授賞式」を思い出した。ノミネートされたブログがアナウンスされ、審査員&プレゼンターが、白い封筒を持って登場する。封を切って、「発表します」なんて言われると、自分はないだとうと思っていても、けっこうドキドキするものだ。

 貴重な体験をさせてもらった。

 授賞式の後、簡単な立食パーティがあった。スポーツ部門にノミネートされた方々とたくさん話をした。多分、ブログを書いているだけだったら、書き手の顔を見ることはないだろう。この人がこの文章を書いているんだと思ったら、急に親近感がわいてきた。

 今回お会いできた方のブログは、今後も定期的に訪れてみようと思う。

Junya’s Triathlog - Road to Kona 
 スポーツ部門のグランプリに輝いたブログ。トライアスロンの練習日記で、練習コースの紹介や細かな練習内容の記録が収められている。写真がすごくフィットしているしきれい。かっこいいブログだ。つくりかたは、私も参考にしたい。

Jリーグ100チームを目指して
「私は見るだけですよ」と言われていたけど、これだけ分析的にスポーツを見て、しかも数多くコメントできるなんてすごいことだ。私は、大宮サポで、サポ専用のブログも運営しているけど、このブログには足下にも及ばない。

フラッグフットボール&コーチング
 実は、小学校でも「フラッグフット」が導入されつつある。とても興味がある。実際に指導に当たっている方と直接お話しすることができてうれしかった。今度、じっくり教えてもらえたらいいと思う。

日刊吉田
 こちらは、スイミングのコーチ。しかも北海道からお越しとのこと。ブログならどこでもすぐ読めるけど、実際に会うとなると距離を改めて感じる。もっと話を聞きたかった。文章の終わりにいつもオチがあって、勉強になりそう。

 私が直接お話しできたのは、この4人の方だった。楽しいひとときだった。

 あっ、そうそう。スポンサーさんからおみやげをいただいた。

 アジエンスのシャンプー・コンディショナーのセットは、妻に喜ばれた。いわく「これ、高くてなかなか買えないのよ」
 
 コカ・コーラからは、缶コーヒーとコーヒー豆のセット。これは私好みかな。

 そして、スバルからは、車!「スバル・フォレスター」 これは息子のおもちゃに。家の中をビュンビュン疾走している。
 
Img_5767

 今後とも、当ブログをよろしくお願いします。

2008年3月 2日 (日)

荒川市民マラソンのナンバーカード引換券が届いた

 再来週、3月16日に出場予定の荒川市民マラソン

 きのう、ナンバーカード引換券が届いた。

Img_5694

 40歳代とあるし、今さらかくしても…と思ったが、やっぱりかくしてしまった。

 夕方から3時間走を行った。いちおう予定通りのトレーニングだったのだけど、こういうのが届くと、俄然やる気がアップする。そういう自分が、別に嫌いではないけど。

 さて、今回の荒川では、おもしろい?企画が1つ加わった。それは、

 ランナーを探せ!

である。チラシを見ると、大会を盛り上げるため、コース沿道で応援してくれる人を増やそうという企画だ。

 スポンサーである荒川下流河川事務所のキャラクター「ガンブッチ」くんのシールを貼った黄色い帽子をかぶっているランナーを探して、写真やナンバーを実施事務局にメールすると、抽選で景品がもらえるというのだ。

 この黄色い帽子をかぶってもらえるランナー募集中、ということだったので、さっそく応募した。

 盛り上がるかどうかはわからないけど、何となくおもしろそうじゃありませんか。そういうのって、私はけっこう好き。帽子は、かぶった方が走りに集中できる方だし。

 年度末のこの時期は、週末に飲み会が入ることが多い。大会前々日、前日の昼、夜と、なんと3連続で予定が入った。あんまり飲めない飲み会になりそう。

 1月の勝田マラソンでは、4時間オーバーだったので、今回はサブ4をねらいたいと思っている。酒の誘惑に勝てるか?というのも今大会の見所?になりそうである。

荒川市民マラソン in ITABASHI


2008年3月 1日 (土)

全国体育学習研究会・研究委員会

 今年度から、全国体育学習研究会(以下、全体研と略す)の研究委員を務めることになった。

 これは、私にとって、千載一遇の勉強の機会ととらえている。

 簡単に言ってしまうと、この研究会は、「楽しい体育」の学習を目ざしている。それは、「運動そのものを楽しむ」ということである。だから、体力づくりのための体育とか、勉強疲れのストレス解消のための体育ではあり得ない。

 しかし、子どもの体力低下問題が叫ばれて、先頃発表された新学習指導要領案では、体力づくりのための体育が主流になりそうである。まぁ、逆風状態というところだ。

 そんな中、全体研の研究委員会では、「楽しい体育のカリキュラムづくり」に挑戦している。今年度は、しっかりとした実践で裏付けながら、具体的なカリキュラム編成作業に入ろうとしている。

 私は、ボールゲーム担当になった。ボールゲームは、近年ニュースポーツが盛んに取り入れられている。これが、全体研の提唱する楽しい体育論とどうかかわるのかということは、あまり問題にされてこなかった。はっきり言ってしまうと、目新しいものにとびつく的な感じだったかもしれない。

 また、ボールゲームの究極の楽しさは、戦術を学ぶことだという考え方があるが、果たして本当にそうなのか。

 そんなところを論点にしながら、研究していくことになった。他にも、体操、ダンス、低学年の運動、中学校の理論学習などの担当に分かれた。

 くわしくは、全体研のホームページがあるので、訪れていただきたい。ぜひ、入会も。

 全国体育学習研究会公式HP(zentaiken.com)

« 2008年2月 | トップページ | 2009年1月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ