2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 勝田マラソン・完走 | トップページ | W杯アジア3次予選・タイ戦 »

2008年2月 3日 (日)

雪で中止といえば…

Img_5661a_2 青梅マラソンが雪で中止となった。

 マラソン大会は、雨でもやるが、さすがに雪には耐えられない。

 何でも、雪で中止になったのは12年ぶりとのこと。

 さて、そこで思い出すのが、2003年のチャレンジ富士五湖でのこと。雪の中、ランニングをした経験のある方はどれぐらいいるだろうか?

 実は、雪の中で走ったのは、そのときが初めてだった。しかも、117㎞に挑戦しようとしていたのだ。

 このとき、私は、

 雪が降っている中では絶対に走ってはいけない。

と心底思った。何がきついかというと、寒さに耐えられないからである。

 長袖シャツに、ロングスパッツ、その上からビニールのカッパ(しっかりしたもの)を羽織った。手袋をして上からビニール袋をかぶせる。帽子をかぶって、カッパのフードをしっかりひもで固定する。

 これで、けっこう防寒対策は万全だ、…と思ったら大間違いである。

 どうしても防寒できないところがあった。

 それは、足の先である。シューズの上に何かかぶせるわけにもいかない。道路は、ビチャビチャでシューズの中はすぐ濡れてしまう。しかも、その冷たさは半端ではない。雪解けの水だから、多分0度。

 これが一番きつかった。

 2003年のチャレンジ富士五湖は、47㎞地点で、大会続行不能ということで、中止になった。

 チャレンジ富士五湖・第13回(2003年)記録

 ここに、私の名前も載っている。後にも先にも、なかなかできる体験ではなさそうだ。

 47㎞地点で、「大雪のため、中止です」と言われたときは、ホッとした気持ちがほとんどだったが、ほんの少し、「あー、完走できないのか…」という気持ちがあった自分に、正直びっくりした。身体が赤信号を出していても、脳は「GO」と言う。ウルトラランナーになったんだなぁとつくづく感じたときだった。

 その後、バスに乗ってレストステーションまでいったが、ずぶ濡れの身体は冷える一方。ガチガチふるえていた。翌日から数日間、完璧に体調をくずしたのは言うまでもない。

 さて、今回の青梅マラソン。レースをスタートする前に中止にした大会本部の判断は、正しい。雪が降っている中では、絶対に走ってはいけないと私は思う。

12年ぶり2度目、青梅マラソンは雪で中止(サンスポ)

« 勝田マラソン・完走 | トップページ | W杯アジア3次予選・タイ戦 »

コメント

はじめまして・・・
ボランティアで毎年、競技役員(医務救護)を
やっている者ですが・・・
今年のこの雪はスタート前に中止して正解でしたねぇ・・・
先ほど折り返し地点まで車で行ってみましたが、
スタート地点に比べて標高も高く奥多摩に近い
折り返し地点は雪の降り方と気温がまるで違っていて
びっくりしてしまいました・・・

参加するためにトレーニングを積んできたランナーの方々や
遠方から参加しに来ていただいた方には
本当に残念な結果になってしまいましたが
また来年も参加していただきたいと思います。

青梅人96号さん、コメントありがとうございます。

いくら鍛え抜いている鉄人でも、雪はいけません。経験者が語っているのですから間違いありません。

苦情は出るでしょうが、運営者として適切なご判断を下されたと思っています。

私は、一昨年青梅に参加しました。人情味あふれるいい大会ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/17937976

この記事へのトラックバック一覧です: 雪で中止といえば…:

« 勝田マラソン・完走 | トップページ | W杯アジア3次予選・タイ戦 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ