2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

ぬかるみバスターズ

 校庭整地について書くことにする。

 ここ数日は、晴天が続き、強い風も吹いているので、校庭がぬかるむということはすくない。

 しかし、今年は雪の多い年だった。1回でも雪が積もると、うちの学校の校庭は大変なことになる。

 一部、日の当たらないところがあり、そこが万年氷と化してしまうからだ。いったんそうなってしまうと、朝方は凍っていてカチカチ。だんだん日が照って暖かくなると、その氷がとけてグチャグチャになる。

 それが乾かないうちに、また朝がくる…、とまぁ、こういう悪循環に陥るわけである。

 そこで登場するのが、我々、「ぬかるみバスターズ」である。

Img_5686 我々の仕事は、こんな道具を使う。

 まずは、一輪車。そう呼んでいるけど、正式には何? 決して曲乗りはしない。

 それに、スコップ。砂を一輪車に積むのに使う。たくさんの砂をすくうので、平スコップの方が使いやすい。

 道具はそれだけ。あとは“力”があればいい。

Img_5687 こんな砂の山をどんどん切り崩して運んでいく。

 砂を運んでは、ぬかるんだところにまく。じゃんじゃんまく。ひたすらまく。

 そして、平らにならす。

 踏み固める。

 そんなことを繰り返す。効果は、翌日になって表れる。ぬかるんでいたところの水分が吸収されて、ビシッと土がしまっている。

 こうなれば、もういくら遊んでも大丈夫だ。自分のポリシーとして、

「今日は、校庭がぬかるんでいるので、外で遊んではいけません」

なんて放送を3日も繰り返すなんて、絶対にしたくない。校庭は、子どもの歓声がひびいてこそのものだ。

Img_5689

 毎年、この時期は、週に1度ぐらいは土運びをする。おかげで、腰痛になったりするが、子どもの元気な姿がみられることがうれしい。

 なんて、ちょっとかっこいい?

 最近は、若い教員が一緒にやってくれる。肉体労働は、1人でやると苦しい。何人かでやるのがいいよね。

2008年2月27日 (水)

Japan Blog Award 2008・ノミネート

 けっこうなビッグニュース!

 Japan Blog Award 2008のスポーツ部門にノミネートされた。

 自分でもけっこう驚いているが、第1次選考、第2次選考、第3次選考と、トントン拍子にクリア。

 ついに最終選考。最終選考は、公開投票によるらしい。左のブログパーツから、投票できる。いいと思ったら、ぜひ投票してください。

 私以外にノミネートされている方のブログも訪れてみた。それぞれにおもしろい。というか、こだわりがある。

 やっぱりブログは、こうでなければいけないと思う。

 投票期限は、3月2日(日)24時までということなので、お早めに。

 どうであれ、結果がとても楽しみだ!

 JapanBlogAward2008公式HP

2008年2月24日 (日)

強風のため

 「ジョグ・ノート」にも書いたのだが、きのうも今日も、ものすごい風。

 きのうは、出かけて帰ってくるのに、電車が遅れて大変だった。なかなか電車が来ない。ホームは人であふれる。しかも、風が冷たく寒い。ぎゅうぎゅう詰めの電車というのも、久しぶりに体験した。

 そんなわけで、きのうは走りに出ることも怯んでしまった。

 こりゃ、耳がちぎれるほど寒いんじゃないかと…。
 
 強風で、何かものが飛んでくるんじゃないかと…。

 走らない口実を作ってしまうとはねぇ。

 きょうも、3時間走と思っていたのに、いつの間にか2時間走になってしまった。

 長時間走っていると、体がポカポカになり、意外に寒さを感じなかった。もちろん、耳もちぎれなかった。

 この寒い時期のランニングは、集中力を高めるのにいいかもしれない。


2008年2月23日 (土)

アウェイの洗礼ですませるな

 20日に行われた東アジア選手権・日本-中国戦は、本当にひどい試合だった。

 選手たちはよく我慢して勝利をつかんだと思う。

 私が見ていて、一発レッドでもおかしくない場面が3回ぐらいあった。中でも、飛び出したゴールキーパーがノーマークの安田選手に跳び蹴りしたシーン。

 イエローは出たものの、それではすまされない。しかも、ペナルティスポットを指さした審判が、中国の抗議を受けて、エリアのぎりぎり外からのFKにかえたのも理解できなかった。

 日本人は、とても温厚で、攻撃的なタイプの人間が少ないと思っている。それにしても、だ。あんなにされて、黙っていていいのだろうか。

 そう思っていたところ、やはり正式な抗議が出されることになったそうだ。

 純粋に、スポーツを楽しめるようになってほしい。サッカー選手がサッカーではないことで勝負しているような、とてもおかしな状況であることを認識してほしいものだ。

<関連情報>
日本は再発防止要望書を提出…ラフプレーの中国に罰金も(サンスポ)

2008年2月21日 (木)

10万アクセス達成!

 日頃から、当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 10万アクセスを達成しました。

 今後とも、ボチボチと続けていきますので、ご愛読お願いします。

←ジャパンブログアワードのブログコンテストに応募したところ、1次選考通過、2次選考通過、現在3次選考中です。こちらも、楽しみです。

2008年2月18日 (月)

タレントのマラソン大会か?

 東京マラソン、テレビ観戦した。

 去年を思うと、なんてすばらしい天気か。解説の瀬古さんが、何度も「最高のコンディションですね」と言っていた。去年は、大雨だったからなぁ。まず、それがうらやましかった。

 しかし、それにしても厳寒のマラソン大会は、やはり厳しい。気温が低いから、いくら天気がいいと言っても、痙攣を起こしてしまうことが多い。

 陸連もメディアもノーマークだった藤原 新選手が2位に入った。マラソン2回目の挑戦で、前回の失敗を完璧にリベンジしたことになった。大したものだと思う。

 マラソンは長丁場だけに、1度の失敗を次にきちんと取り返すというのは、なかなかできるものではない。

 35㎞を過ぎて、足が痙攣している様子がよくわかった。あれをよく耐えたなぁと思う。私も経験があるが、全神経をその部分に集中させて、少しペースを落として、大丈夫そうな走り方に変える。サングラスで表情が見えなかったが、ものすごい集中力を発揮していたのだろう。

 さて、トップランナーが2時間ちょっとでゴールしてからも、テレビ中継は延々と続けられていた。

 まぁ、じっくり見ていたわけではないが、ゴールシーンはけっこう感動してしまう。それにしても、タレントやアナウンサーがずいぶんたくさんエントリーしていたんだと思った。

 マラソンブームを巻き起こしてくれるのかなと、少し期待もしているが、あまりにもテレビ局の自己満足的な展開にうんざり。

 感動したんなら、1回きり、東京マラソンだけ、じゃなくて、これから多くの大会に参加して、一緒に楽しんでもらいたい。そうじゃないのなら、冷やかしと同じだ。

<関連情報>
【マラソン】“新”星現る!一般参加・藤原が日本人トップ2位(サンスポ)

東京マラソンは世界一!東国原知事が体調最悪も完走に大満足(サンスポ)

一般参加から北京へ新星!藤原新(スポニチ)

陸連幹部も「藤原」知らなかった (スポニチ)

2008年2月16日 (土)

明日は東京マラソン

 明日は、第2回の東京マラソン。

 去年のことがあるので、多くの人から、

「今年も出るんですよね」

と言われた。

 しかし、前にも書いたが、残念ながら落選。

 この話を何回したことか。出場希望者が多くて、抽選になったことも、その倍率が4.7倍もあったことも、知る人は少ない。

 きょうは、忙しかったけど、明日は1日ヒマなので、じくりテレビ観戦することにしよう。

<関連情報>
女性ゲストランナーが会見 東京マラソン17日号砲(サンスポ)

2008年2月 9日 (土)

塩化カルシウム

 今日は、雪とのこと。夕方から、本格的に降り始めた。

 その真っ只中をランニングしてきた。走り出す前は、降っていなかったのだ。

 走っているうちに、だんだん目にぶつかるものが固形っぽくなってきた。車のライトなどに照らされると、けっこうな降り方だ。

 これはまた積もりそうだ。

 いつものランニングコースに、スロープになっている歩道橋がある。そこには、白い粒々がまかれていた。

 これは、塩化カルシウム。

 詳しく知りたい方は、ウィキペディアをご覧いただきたい。

 事前にまいてくれたとはありがたい。登りはまだいいが、下りは滑ると本当に怖い。変な走り方をするので、腰にきたりする。

 学校の校庭にもまいた。これは、融雪剤になる。

 事前にまけば、積もりにくくなる。雪が積もってからまくと、それをとかしてくれる。氷になったところにまくと、シャーベット状になる。

 そんなことで、走りながら、「また、校庭整備が大変になるなぁ」と思った。雪かきもしなきゃならんかな?


久々のランキング1位

 いくつかランキングに登録しているが、Jランクというところの教員部門のランキングで、久しぶりに1位になった。

Image00010

 だからどうてことはないんだけど、やっぱり励みになるし、うれしい。

 今後とも、応援よろしくお願いします。左のサイドバーにあるアイコンをクリックすると、自動的に投票されるしくみになっています。1日1回有効です。


2008年2月 7日 (木)

W杯アジア3次予選・タイ戦

 昨日のサッカーW杯予選は、地元埼玉スタジアムで行われた。

 職場からも、何人か観戦に出かけたようだが、雪が舞って寒かっただろう。気温は2度だったそうだ。

 しかも、3次予選の初戦とはいえ、相手はタイ。楽勝ムードなので、観客の入りも少なかった。

 あんなにいいスタジアムなのに、残念ではある。ま、自分も行かなかったけど。テレビでも、別のことをやりながらチラチラ見ていただけ。

 セットプレーから3発ということで、ビデオで見直してもわかりやすい。

 報道は、「快勝」の文字が躍っているけど、岡ちゃんはちゃんと反省していた。先制直後の失点は、日本のお決まりの悪いパターンだ。

 W杯は甘くない。本当にそう思う。

<関連情報>
決勝ゴールは大久保“泥くさ”弾!岡田ジャパン4発快勝(サンスポ)

岡田監督、爆勝も自戒「予選は簡単じゃない。甘かった」(サンスポ)

寒~い埼スタに観客3万5130人…代表戦ワースト2位(サンスポ)

2008年2月 3日 (日)

雪で中止といえば…

Img_5661a_2 青梅マラソンが雪で中止となった。

 マラソン大会は、雨でもやるが、さすがに雪には耐えられない。

 何でも、雪で中止になったのは12年ぶりとのこと。

 さて、そこで思い出すのが、2003年のチャレンジ富士五湖でのこと。雪の中、ランニングをした経験のある方はどれぐらいいるだろうか?

 実は、雪の中で走ったのは、そのときが初めてだった。しかも、117㎞に挑戦しようとしていたのだ。

 このとき、私は、

 雪が降っている中では絶対に走ってはいけない。

と心底思った。何がきついかというと、寒さに耐えられないからである。

 長袖シャツに、ロングスパッツ、その上からビニールのカッパ(しっかりしたもの)を羽織った。手袋をして上からビニール袋をかぶせる。帽子をかぶって、カッパのフードをしっかりひもで固定する。

 これで、けっこう防寒対策は万全だ、…と思ったら大間違いである。

 どうしても防寒できないところがあった。

 それは、足の先である。シューズの上に何かかぶせるわけにもいかない。道路は、ビチャビチャでシューズの中はすぐ濡れてしまう。しかも、その冷たさは半端ではない。雪解けの水だから、多分0度。

 これが一番きつかった。

 2003年のチャレンジ富士五湖は、47㎞地点で、大会続行不能ということで、中止になった。

 チャレンジ富士五湖・第13回(2003年)記録

 ここに、私の名前も載っている。後にも先にも、なかなかできる体験ではなさそうだ。

 47㎞地点で、「大雪のため、中止です」と言われたときは、ホッとした気持ちがほとんどだったが、ほんの少し、「あー、完走できないのか…」という気持ちがあった自分に、正直びっくりした。身体が赤信号を出していても、脳は「GO」と言う。ウルトラランナーになったんだなぁとつくづく感じたときだった。

 その後、バスに乗ってレストステーションまでいったが、ずぶ濡れの身体は冷える一方。ガチガチふるえていた。翌日から数日間、完璧に体調をくずしたのは言うまでもない。

 さて、今回の青梅マラソン。レースをスタートする前に中止にした大会本部の判断は、正しい。雪が降っている中では、絶対に走ってはいけないと私は思う。

12年ぶり2度目、青梅マラソンは雪で中止(サンスポ)

2008年2月 2日 (土)

勝田マラソン・完走

Img_5656_2 だいぶ報告が遅くなった。1月27日(日)に行われた勝田マラソン、何とか完走してきた。

 昨年、エントリーを間違えて、10㎞の部に参加した。やはり、メインのフルに参加しなくちゃと思った。

 スタートは、けっこう混雑していたが、広い広い大通りに出るととても気持ちよく走れた。

 寒さも、昨年ほどではなく、強風に悩まされることもなかった。

 しかし、タイムは伸びなかった。というか、根性が足りなかった。

 ゴールタイム(ネットタイム)は、4時間3分57秒。

 後半、しっかり落ち込んで、それっきりペースは上がらなかった。まぁ、こんなものかな?とも思う。

 次は、荒川市民マラソンに出場予定。こちらは、タイムにこだわれるようにしたい。

Image00009

2008年2月 1日 (金)

ハンドボールがメジャーになった瞬間

 ハンドボールのオリンピック予選の再試合が行われた。

 さすがに、女子は力の差があると思っていたのでテレビも見なかったが、男子はもしかしたら?という気持ちもあり、テレビにかじりついて応援した。

 自分自身、高校・大学とハンドボールにどっぷりつかってきて、その楽しさを味わってきたつもりだ。しかし、蒲生総監督の話を聞くと、ずいぶん昔から“中東の笛”に悩まされてきたのだということがわかった。

 審判は公正だった。だからこそ、本気でくやしい。

 確かに、力の差はあると感じた。あの3点差は、小さいようで大きい。韓国は、終始落ち着いてゲームをしていたし、コントロールしていた。

 大活躍した選手が、日本でプレーしているというのも皮肉な結果だった。

 やり直しが決まってからの数ヶ月。ハンドボールというマイナーな競技が大きく注目された。見ていても、絶対におもしろいスポーツだと思う。

 いっときでも、メジャーになったことはうれしい。今後も注目されるスポーツであってほしい。

<関連情報>
Wショック!五輪切符逃した上に収支は赤字?(サンスポ)

男子も散った韓国に3点差/ハンドボール(ニッカン)

蒲生総監督が泣いた/ハンドボール(ニッカン)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ