2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ナイキのブログキャンペーン

「NIKEiDの放つ、大胆なブログキャンペーン」
「ブログで繋がる道に、参加してください」

という、コピーに誘われて、貼り付けてみた。

どんなもんでしょ?

2008年1月19日 (土)

東京マラソンって、五輪代表選考レースだったのね

 抽選に漏れて全く興味のなくなった感の強い、というか、まだ出場できないくやしさを引きずった感のある“東京マラソン”。

 どこぞのテレビ局のアナウンサーが大挙して参加するなんていうことを聞くと、はっきり言って、

 ムカつく。

 確かに話題性は強いから、いいネタになるんだろう。でも、こういう輩のために、競争率が上がったと思うと、楽しみを奪われたという思いの方が強い。

 と思っていたら、東京マラソンって、北京五輪男子マラソンの選考レースだったのね。

 17日、その招待選手が発表された。

 日本の男子マラソンは、女子に比べると、世界から少しおくれをとっている。諏訪、入船、どうだろうか?昨年も、油谷が寒さに負けて沈んだ。

 ま、応援というより、

 「あー、去年はここを走ったんだなぁ」

なんて思い出しながら、テレビ観戦することにしよう。

<関連情報>
諏訪、ジェンガが出場 2月17日東京マラソン(産経新聞)

 

2008年1月16日 (水)

勝田マラソンのナンバー引換証が届く

Img_5647 1月27日、参加予定の勝田マラソン、ナンバー引換証が届いた。

 この連休で少し走り込んだが、けっこう疲労が残っている。今週末も、少し追い込みたいと思う。

 あんまり速いペースは無理なので、4時間を切るぐらいは何とかしたい。

 寒すぎないことを祈ろう。

<関連情報>
勝田全国マラソン公式HP

2008年1月15日 (火)

マリオン・ジョーンズに実刑判決

 筋肉増強剤などの禁止薬物使用にかかわる偽証罪などで、アメリカ陸上女子の金メダリスト、マリオン・ジョーンズが、禁固6月という実刑判決を受けた。

 アメリカらしい“厳罰主義”を、ここでも通したという感じ。

 今までなら、獲得した5個の金メダルを返し、「ごめんなさい」と謝罪すれば、選手としての制裁を受けるだけでなんとかすまされてきた。

 それが、社会的にも制裁を受けるということは、よほどドーピング問題が深刻であるということだろう。

 もっと言えば、スポーツだけの問題にとどまらないということだ。

 世界的なヒーロー・ヒロインが、一転して犯罪者となる。ドーピング問題は、ぜひとも解決の方向に向かってほしい。

<関連情報>
【陸上】M・ジョーンズ、最高で禁固6月以上の実刑も(サンスポ)

2008年1月12日 (土)

ハンドボール・予選やり直しがようやく決着

 ハンドボールのオリンピックアジア予選やり直し問題が、ようやく決着しそうだ。

 自分も、高校・大学と7年間やってきたスポーツだけに、興味を持ってこの問題を見てきた。

 日本が中東よりの不可解な判定で、クェートに接戦の末、敗北した。韓国も同じように苦杯をなめ、クェートがオリンピック代表となった。

 ハンドボールというのは、バスケのようなスピードと、サッカーのような接触プレーで、一瞬にして豪快なシュートが決まるおもしろさがある。

 とはいえ、反則は厳しく、すぐにイエローカード、レッドカードが出る。レッドは2分間の退場。この間、相手のパワープレーということになる。サッカーのように、もう出られないというのではないので、けっこう頻繁にカードが出る。

 これを悪用されたら、たまったものではない。日本側が抗議するのは当然のこととうなずけた。

 その抗議を国際ハンドボール連盟が承認し、予選のやり直しが決定した。にもかかわらず、アジア連盟はそれを拒否した。

 オリンピック予選をやり直すということ自体、異例中の異例だと思ったが、もっとびっくりしたのは、上部組織の決定に、下部組織が逆らったということだ。こんなことがあってはならない。

 このゴタゴタが、東京開催で決着する。しかも、当のクェートをはじめ中東はボイコットするらしい。

 日本にも、再びオリンピック出場のチャンスが出てきたということだが、忘れてはならないのは韓国の存在である。韓国は、クェートに次いで2位だったわけだから、ここに勝たなければならないわけで、まだまだ大きな壁を乗り越えなければならない。

 東京開催、これは注目したい。

<関連・最新情報>
男女延べ9カ国に出場打診=中東3カ国は不参加か-ハンド五輪予選(スポーツナビ)

【ハンドボール】日韓だけで再予選…男女4カ国がボイコット(サンスポ)


ハンドやり直し予選11日中に参加国集約(ニッカン)


2008年1月 7日 (月)

スキーに行ってきました

 毎年、恒例のファミリースキー。

 今回は、子どもたちがけっこう滑れるようになって、久しぶりにガンガンいった。

 朝は9時頃にはゲレンデに立つ。昼飯は30分。リフトが止まるまで滑る。

 とは言っても、子どもたちは雪遊びなんかもしたりするけど。

Img_5611a

 写真は、ちょいとサービスして、深雪にドサッと倒れたシーン。この後、子どもたちの攻撃を受けて、埋められてしまった。寒かった。

 それにしても、スキーというのは不思議だ。ただ、雪山を滑り降りてくるだけなのに、全然飽きない。

 「次はこうやって滑ろう」とか、「こっちの斜面に行ってみよう」とか、自然に運動のめあてを持てているから楽しいのかもしれない。

 年に1回ぐらいじゃなくて、あと2回ぐらいは行きたいものだ。

2008年1月 3日 (木)

3校も途中棄権とは…

 日頃から鍛えているはずのトップ選手が、なぜこうも途中棄権するのか。

 そんなに箱根路は厳しいのか。

 今年は、これで3校が途中棄権したことになった。

 大東大の9区は、3㎞過ぎで体調が急変。最終的には意識が混濁。命に別状がなくてよかったと思う。

 東海大の10区は、前半の線路の踏切でねんざ。それでもよくそこまで走ったというべきだろう。マメがつぶれたぐらいで、ものすごい激痛なわけで、それに耐えて走るというのは並大抵の精神力ではない。

 あとちょっとだったんだから、どうしてがんばれなかったのかという人は多いかもしれない。でも、もっと早くやめさせるべきだったと私は思う。

 大東大の只隈監督は、「駅伝は怖いなとあらためて思った」と述べたという。駅伝という競技は、本来個人競走であるものを無理矢理集団スポーツに変えてしまっているように思う。

 こういう発想が日本人的なんだろうか。

 私の勤務している市内でも、小・中学生の駅伝大会というのがある。苦しみを乗り越えてタイムをのばしていくという達成感を味わわせることができて、とてもいいことだと思っている。しかし、競技にのめり込んでしまい過ぎると、こうした命にかかわるようなことにもなりかねない。

 正月早々、考えさせられた。

<関連記事>
東海大10区で悲劇…快走の佐藤、喜び吹き飛ぶ 箱根駅伝(サンスポ)

大東大は途中棄権、只隈監督「駅伝は怖い」 箱根駅伝(サンスポ)

箱根駅伝をドラマにしすぎでは?

 今年の箱根駅伝往路は、2区の途中まで見て、リタイヤした。

 純粋に長距離レースは、見ていておもしろい。何がおもしろいんだという人もいるが…。

 しかし、正月のテレビ番組として、視聴率を上げようとする報道側の姿勢が、いつも気になっている。

 今回も、「ものすごいペースで、区間記録を上回っています!」と、興奮してアナウンスしていると思ったら、実はたったの4秒速いだけだったというのがあった。あまりにも大げさだ。

 しかも、アクシデントが起こることを期待しているようなフシがある。1区でも、優勝候補が大ブレーキになれば大騒ぎ。

 見ていなかったが、5区の山登りでは、順天堂大学が両足の痙攣で全く動けなくなったということ。あと500mで往路のゴールだっただけに、くやしかっただろう。

 そういう状況を「悲劇の何とか」といって、大ニュースにする。サンスポのHPには、箱根駅伝のアクシデント集が載っていた。本人たちには、まだまだ将来がある。悲劇のヒーローにして喜んでいてはいかんと私は思う。

<関連情報>
【駅伝】早大往路V!“渡辺チルドレン”駒野が5区大逆転走(サンスポ)

【駅伝】王者に“山の疫病神”降臨…順大がまさかの途中棄権(サンスポ)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 心ならずも、長らく休養してしまいました。

 年賀状をたくさんいただきましたが、「ブログ見てますよ」という方が何人もいらっしゃいました。

 心地よいプレッシャーを感じて、再開しようと思いました。

 とりあえず、正月スポーツのことや昨年の反省などをアップしていきたいと思います。

 今後とも、どうぞよろしくお願いします。


« 2007年10月 | トップページ | 2008年2月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ