2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年10月

2007年10月 8日 (月)

体育の日恒例・子どもの体力低下問題

 今年も、体育の日がやってきた。体育の日といえば、必ず話題になるのが

 子どもの体力低下

 今年も、しっかりニュースになっていた。今年の特徴は、新聞により論調は様々。横ばい状態にあることを、それぞれ次のように解釈している。

 体力低下も、下げ止まり。つまり底を打った?
 運動量の少ないライフスタイルが定着した証拠?
 これ以上下がりようがない危機的な水準?
 最低限のレベルまで落ちてしまった?

 一番楽観的なのが、朝日。逆に一番危機感を持っているのが読売。こうやって、読む人はそれを真に受けてしまうから困る。

 現場感覚で言えば(毎年言っているけど)、体力低下なんてことは全くない(と思う)。データとして、それが現れるのは、運動のできない子(運動嫌い、極端な経験不足)が増えているからだ。

 できる子は、当然昔より体力は上がっている。多様化した世の中で、すべてのこのデータを平均化するわけだから、当然下がるものだと私は思う。

 だから、これも毎年言っているが、あまり騒ぐほどのことではないのだ。毎日新聞の社説が言うように、運動の楽しさをもっともっと味わわせていくことが大切だと思う。

 そして、スポーツ環境がもっと整備されれば、子どもの体力なんてこと自体が全く問題にならなくなるだろう。

<関連情報>
子どもの運動能力、低下が鈍る 「運動少ない生活定着」(朝日新聞)

子供の体力低下は鈍化傾向  文科省18年度調査(産経新聞)

社説:子供の体力 まず運動の楽しさを教えよう(毎日新聞)

子供の体力危機的レベル、運動不足が定着…文科省調査(読売新聞)

子どもの体力下げ止まり? 運動不足が定着 最近10年は横ばい(東京新聞)

2007年10月 6日 (土)

東京マラソン、落選…

「東京マラソン抽選結果のお知らせ」というメールが入った。ドキドキしながら開いてみると、
次の文章が…。<以下引用>

このたびは東京マラソンにご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申込があり厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。
今後、参加料の未入金者が多かった場合には、追加当選者を出すことがございます。
その場合、11月中旬頃に再度『東京マラソン追加当選のお知らせ』にて通知させていただく予定です。
つきましては、下記に記載される『追加抽選のスケジュールについて』をご一読ください。なお、追加当選の状況に関する問い合わせには対応できません。
また、追加当選に該当しなかった方には再度の通知はお出ししませんので、何卒ご了承ください

 残念。第1回に参加できたものの、あの冷たい雨で、十分な走りができなかったので、是非とももう一度参加したかった。というか、せっかく1回目に出場したのに、もう連続出場記録が途絶えてしまうことが、とてもくやしい。

 微かだが、11月の追加抽選に望みをかけよう。

 ちなみに、今回の当選倍率は前回の3倍を上回る4.7倍だったそうだ。確かに、狭き門だね。

<関連情報>
東京マラソンの当選倍率は約4・7倍(ニッカン)

2007年10月 1日 (月)

ゲブレシラシエがマラソン世界最高記録樹立

 ベルリンマラソンで、男子マラソンの世界最高記録が生まれた。

 2時間4分26秒という超スピード。

 ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピ)といえば、トラック長距離の「皇帝」と呼ばれる選手。

 世界最高は、いつ出るかと思っていたが、年齢は34歳。

 この年で、このスピード。

 1キロ3分で走っても、この記録は出ない。

 すごすぎる。もしかして、東京マラソンに来てくれるかな?一度この目で見てみたい。

<関連情報>
【マラソン】ゲブレシラシエが世界新でベルリン連覇達成!(サンスポ)

ゲブレシラシエ「やっと実現」/マラソン(ニッカン)

ゲブレシラシエ世界新2時間4分26秒(スポニチ)

世界新“皇帝”ゲブレシラシエ、次は2時間3分台だ(サンスポ)

9月の月間走行距離

 9月の月間総距離は、255キロだった。

Run200709

 24時間マラソンにチャレンジして、145キロを走破したのだから、これぐらい当たり前というか、少ないんじゃないの?ということもあるが、自分にとってはこんなものだと思っている。

 10月は、小金井公園5時間走を目標にしてきたが、残念ながら息子の運動会とバッティング。それ以外、日程のあう大会はないので、大会参加ゼロということになる。ベストシーズンなんだけど…。

 11月の予定は、次の通りとなった。

  4日・湯のまち飯坂・ふくしまマラソン(フル)
18日・戸田マラソンin彩湖(ハーフ)

 まだ、だいぶ先だ。10月の走行距離の目標はどれぐらいにしようか?

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ