2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« ジョギングよりサッカーが効果的というけど | トップページ | ラグビーワールドカップ開幕 »

2007年9月 3日 (月)

係員の誘導ミス、どう思う?

 世界陸上が終わってしまった。あっという間だった。

 陸上競技というのは、本当に実力勝負だから、観ていても、

「ウォー」
「スゲー」

の連続だった。そういう感動を書きたかったが、私にとって印象に残る一番の出来事がこれになってしまった。

 男子50キロ競歩の話である。2大会連続の入賞を争っていた日本の山崎勇喜選手。8位争いで、入賞ギリギリというラインだった。しかも、ガクッとペースが落ちていたから、この後ごぼう抜きされたかもしれない。

 とは言え、あと1周残っているにもかかわらず、誘導員が自信を持って、競技場に誘導した。

 きっと選手自身も、「あれ?」と思ったに違いない。あれだけ、意識が朦朧としているわけだから、思考力もゼロに等しかったのだろう。

 間違いはだれにでもある。起こってはいけないミスではある。

 私が解せないのは、誘導して少したったとき、「あと1周残ってるよ」と気づいて走っていった係員がいたにもかかわらず、なぜ山崎選手に伝えられなかったのかということ。追いつくまで、走っていってほしかった。

 私も、富士五湖ウルトラマラソンの最初の挑戦の時、実はコースを間違えてショートカットしてしまったことがあった。最後の本栖湖の1周をせずに戻ってしまったのだ。

 何かおかしいと気づいて、立ち止まって、コースマップを確認して、自分が間違ったとわかったのが、すでに5キロ以上走った後だった。

 もう、このまま行っちゃおうかとも思った。でも、チップで計測しているのだから、ダメに決まっている。恥ずかしいけど、疲れているけど、戻ることにした。5キロいったところから5キロ戻り、それから本栖湖1周(10キロぐらいだったかな?)を走り、結局90キロ地点でリタイアした。

 間違える前までは、ギリギリ完走できるかどうか、というタイムだったから、なんて自分は馬鹿だったんだと思った。でも、戻った上に、あそこまで走れてよかったという思いもある。悔しかったが、納得できた。そういうことがあって、富士五湖は1回も完走できていない。

 山崎選手のコメントは、「順位がついた方がよかった」である。50キロもがんばって、死力をつくしたにもかかわらず、「君は参加していないのに等しい」と言われちゃうわけでしょ。悲しいね。

 競技役員、昔は陸上でならした人なんだろうけど、ちょっと太り気味の人が多い。やっぱり、競技の世界にいる人は、競技にこだわってほしい。最先端の勉強もしてほしい。競歩は、ルールが厳しいだけに、こういうミスはやけに目立ってしまう。

 後味の悪いことになってしまった。たとえ、山崎選手が救済されて、五輪切符を手にしたとしても…。

<関連情報>
【世界陸上】最悪の失態…係員の誘導ミスで山崎が棄権扱い(サンスポ)


 

« ジョギングよりサッカーが効果的というけど | トップページ | ラグビーワールドカップ開幕 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/16333844

この記事へのトラックバック一覧です: 係員の誘導ミス、どう思う?:

» 競歩の山崎選手救済されず。あまりにかわいそう [ファイナンシャルプランナー世界に思いを巡らす]
先日まで行われていた世界陸上の男子50キロ競歩で、日本のエース山崎勇喜選手が、競技場に入る手前で審判団の誘導ミスで1周足らずにゴールした問題で、日本陸連として「結果としてレースは成立しなかった」して、五輪代表としての救済措置は適用しない方針を明らかにした。私も世界陸上のあの男子50キロ競歩の山崎勇喜選手のレースはテレビで観戦していたが、はっきりってあそこまで一生懸命歩いて最後はバテ気味ではあった... [続きを読む]

« ジョギングよりサッカーが効果的というけど | トップページ | ラグビーワールドカップ開幕 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ