2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

運動会延期

 前日の金曜日は、やたらといい天気で暑かったのに。

 その暑い中、ダラダラ汗をかきながら準備をしたのに。

 前日までの天気予報では、雨は明け方早くにあがるはずだったのに。

 雲がもう少し北か南にずれていてくれればよかったのに。

 8時ごろには、雨はいったんやんで、「決行」の決断をしたのに。

 大勢の保護者も、校庭で待っていたのに。

 子どもたちも、「やりたい!」と言っていたのに。

 雨がやめば何とかなると思って、30分以上も様子を見て待ったのに。

 子どもたちがいよいよ椅子を出して準備というときに雨。結局、延期ということになった。延期してしまうと、休日開催ではなくなるので、いろんな意味でモチベーションが下がる。

「なぜもっと早く延期の決定をしなかったのか?」というクレームもずいぶんもらった。見る方としてはそうだろうと思う。

 私たちには、運動会に思い入れがあるだけに、判断を鈍らせてしまったのかもしれない。これで、2年続けて平日開催となった。


2007年9月23日 (日)

小学校の運動会で気に入らないこと

 昨日、娘の小学校の運動会があった。残暑の厳しい、ものすごい日差しの中、1日よくがんばりました!という感じだ。

 家に帰ってからも、へろへろだった。熱中症で倒れることもなく、よかったと思う。もちろん、演技も一生懸命やっていて、子どもらしい素直さを感じた。

 毎年、運動会を見に行くたびに、どうも気に入らないことがある。それは、

 女性の先生(特にベテランの方)の服装

である。

 長袖、長ズボンは、まぁ許せるとして、つばの広い帽子をかぶり、首にタオルを巻き、手袋をはめ、ウィンドブレーカーまで羽織る。

 つまりは、日焼け防止対策なのだろう。しかし、あまりに、スポーツをするにふさわしくない格好である。その場にあった服装というものがあるだろう。

 それに教師は、子どものよいモデルになるべきである。かっこいいトレーニングウェアで、颯爽と登場してもらいたい。

 

 

2007年9月18日 (火)

足のむくみがひどい

 24時間走のダメージを感じている。

 とにかく、足のむくみがひどい。まるで、象の足だ。

 足の裏、中指の付け根にできたマメは、すぐに針でつぶした。そうしないと、歩けないぐらい痛かったからだ。マメは、2重3重になっていて、容易に針をさしてもつぶれなかった。

 きょうになって、ひどかった左足の方の痛みはほとんどひいた。今は、右足がひどい。

 ここ10年ぐらい、マメができたということはほとんどない。それなのに今回、どうしてマメができてしまったのか考えた。

 理由1・やっぱり水をかけすぎたこと。1.7キロごとに水をかけたということは、ほとんど乾く間もなく濡れていたということ。ふやけるのはよくないに決まっている。100キロレースの時は、せいぜい水をかけるのは5キロごとだ。

 理由2・アスファルトの状態が悪かった。石がとびでている箇所がずいぶんあって、足の裏に激しく感じられた。これも原因の一つだろう。

 理由3・短い距離では感じなかったが、くつひもの締め具合が今一つだったかもしれない。先の方をゆるくしすぎて、足首のところをきつくしすぎたかもしれない。

 理由4・とにかく長い距離を走ったのだから仕方がない。初の体験ができてよかったと言えるだろう。

 次は、小金井公園の5時間走。今度は、スピードにもこだわりたい。

 

2007年9月17日 (月)

24時間ひらつかチャレンジ

 24時間ひらつかチャレンジに、まさしくチャレンジしてきた。

 ウルトラマラソンの道に足をふみいれてから、多くの強者に話を聞いてきた。自分もいつかは、100キロ以上の距離に挑戦できるだろうか、挑戦してみたいと思うようになった。これ、多分ウルトラマラソンにとりつかれた人はみんなそうなると思う。

 そのチャンスは、この3連休に訪れた。けっこう暑いし、忙しいこの時期だが、そんなことを言っていてはいつまでたってもチャレンジできない。

 いやぁ、思い切って申し込んでよかった!と思った。さすがに24時間は長い。でも、距離が決まっているわけではないから、とってもリラックスして走ることができる。「また、休んじゃおうかな」なんていう弱い自分にも会うことができる。
 
 逆に、自分はこんなにもできるのか?と思うようなビックリする力も発揮する。以下、簡単に参加報告を。

Img_4930b

 1日目は、13時にスタート。

 とにかく、走り出しは本当に暑かった。猛暑復活。炎天下の中を数時間走ることになり、相当バテた。日が暮れるまでの辛抱と思ったが、日が暮れてからも、けっこう蒸し暑かった。

 長丁場なので、無理しないように、時々歩きを入れたりしたので、距離的にはもう少し走れたかなという気もする。

 夜の12時を過ぎて、2日目。

 深夜の走りは初めてだったが、意外に眠くならなかった。夜中に少し雨が降った。もう少し降ってくれれば涼しくなってよかったかもしれない。

 夜が明ける前までには、100キロを走っておきたかったのでがんばった。すると、あたりが白んできたところで急に睡魔がおそってきた。競技場に寝転がって休んだ。30分ほど仮眠をとった。体は重いが、気分はフレッシュになった。

 夜が明けてからは、また強い日差し。暑かったので、水をじゃんじゃん足や頭にかけた。おかげで、足に豆ができてしまい、最後は苦しかった。

 あと1周できるかと思ったが、無理せずゴール。長丁場にピリオドを打った。

 記録は、1.73キロの周回コースを84周したので、145.32キロ。まぁ、欽ちゃんの2倍の距離は走りたいと思っていたので、とりあえず目標通り。満足である。

 が、すごい人はたくさんいるもので、200キロ以上走ってしまう人もいるようでビックリ。来年は、もっとがんばろうなんて、ゴールするときつかったことをすぐに忘れてしまうところがウルトラランナーなのかなと思った。

 おまけ情報。

 日中は、この会場となった平塚総合運動公園で、子どもたちも過ごした。アスレッチックがあったり、ふれあい動物園があったりして、楽しめたようだ。お子様連れにおすすめ。24時間つき合わせるわけにはいかないけど。

Img_4906a Img_4929a_2


2007年9月11日 (火)

鼻出血の正しい止め方

 偶然だが、こんなビデオを見つけた。

 小学校の5年の保健の学習で、「けがの予防」というのがある。その学習では、簡単なけがについて、応急手当の仕方まで行うことになっている。小学校で、ですよ。

 その中に、鼻血(鼻出血)の止め方もある。まだ、間違ったやり方をしている人は、意外に多いんじゃないだろうか。このビデオを見て、学習しよう。

 グリグリと鼻の穴の中にティッシュを詰めたり、首筋をトントンたたいたりしないように。こめかみのあたりをぬれタオルなどで冷やすのもいい。

2007年9月 9日 (日)

ラグビーワールドカップ開幕

 ラグビーのワールドカップがフランスで開幕した。

 地元フランス対アルゼンチンの開幕戦をテレビ観戦した。

 大方の予想を覆して、アルゼンチンが勝利した。地元フランスは、ガチガチ。いつもなら決めているようなペナルティゴールを2本失敗。それも、後半の追い上げムードのときにだ。8万人の観衆の声援が逆にプレッシャーになったのかもしれない。ものすごいざわめきだった。

 対するアルゼンチンは、ものすごい気迫。低いタックルがバンバン決まる。パスカットなんて、ラグビーではあまり見ないけど、そういうのも多かった。

 それに、サッカー強国だからだろうか、キックを多用していた。これでもかというハイパント。ガンガン走るフォワード陣。1列目の選手は、みんな30歳台というから、スタミナ切れも心配だったろうが、気迫が勝ったという感じである。

 それにしても、ラグビーというのは、超がつくほどの格闘技だ。流血もたくさんあった。あれだけの巨体が、スピードをつけて走り込んで激突する。テレビ観戦とはいえ、とても寝転がって見ていられない。チャンスのたびに体に力が入る。

 日本では、トップリーグもあるし、大学ラグビーもさかんとはいえ、人気の面では今ひとつメジャーになりきれていない感がある。やはり体格で負けちゃうからだろうか。確かに、こんな外国人とやったら殺されちゃうんじゃないかと思うような激しいゲームだった。

 その日本は、オーストラリアと初戦を行い、91対3の大敗を喫した。まだまだだな。ガンバレ日本!

<関連情報>
開催国フランスが屈辱の開幕黒星…8万人の声援に応えられず(サンスポ)

大量91失点で日本玉砕…ワラビーズの厚い壁にわずか3得点(サンスポ)

2007年9月 3日 (月)

係員の誘導ミス、どう思う?

 世界陸上が終わってしまった。あっという間だった。

 陸上競技というのは、本当に実力勝負だから、観ていても、

「ウォー」
「スゲー」

の連続だった。そういう感動を書きたかったが、私にとって印象に残る一番の出来事がこれになってしまった。

 男子50キロ競歩の話である。2大会連続の入賞を争っていた日本の山崎勇喜選手。8位争いで、入賞ギリギリというラインだった。しかも、ガクッとペースが落ちていたから、この後ごぼう抜きされたかもしれない。

 とは言え、あと1周残っているにもかかわらず、誘導員が自信を持って、競技場に誘導した。

 きっと選手自身も、「あれ?」と思ったに違いない。あれだけ、意識が朦朧としているわけだから、思考力もゼロに等しかったのだろう。

 間違いはだれにでもある。起こってはいけないミスではある。

 私が解せないのは、誘導して少したったとき、「あと1周残ってるよ」と気づいて走っていった係員がいたにもかかわらず、なぜ山崎選手に伝えられなかったのかということ。追いつくまで、走っていってほしかった。

 私も、富士五湖ウルトラマラソンの最初の挑戦の時、実はコースを間違えてショートカットしてしまったことがあった。最後の本栖湖の1周をせずに戻ってしまったのだ。

 何かおかしいと気づいて、立ち止まって、コースマップを確認して、自分が間違ったとわかったのが、すでに5キロ以上走った後だった。

 もう、このまま行っちゃおうかとも思った。でも、チップで計測しているのだから、ダメに決まっている。恥ずかしいけど、疲れているけど、戻ることにした。5キロいったところから5キロ戻り、それから本栖湖1周(10キロぐらいだったかな?)を走り、結局90キロ地点でリタイアした。

 間違える前までは、ギリギリ完走できるかどうか、というタイムだったから、なんて自分は馬鹿だったんだと思った。でも、戻った上に、あそこまで走れてよかったという思いもある。悔しかったが、納得できた。そういうことがあって、富士五湖は1回も完走できていない。

 山崎選手のコメントは、「順位がついた方がよかった」である。50キロもがんばって、死力をつくしたにもかかわらず、「君は参加していないのに等しい」と言われちゃうわけでしょ。悲しいね。

 競技役員、昔は陸上でならした人なんだろうけど、ちょっと太り気味の人が多い。やっぱり、競技の世界にいる人は、競技にこだわってほしい。最先端の勉強もしてほしい。競歩は、ルールが厳しいだけに、こういうミスはやけに目立ってしまう。

 後味の悪いことになってしまった。たとえ、山崎選手が救済されて、五輪切符を手にしたとしても…。

<関連情報>
【世界陸上】最悪の失態…係員の誘導ミスで山崎が棄権扱い(サンスポ)


 

2007年9月 1日 (土)

ジョギングよりサッカーが効果的というけど

 生活習慣病予防のために、2,3回、1時間程度運動するなら、ジョギングよりサッカーの方が効果的だという調査結果が出た。

 デンマークのコペンハーゲン大の研究チームによると、

 ・サッカーの方が体脂肪の減少幅が大きい。
 ・サッカーの方が筋肉が増える効果がある。
 ・サッカーの方が運動していて楽しい。

 楽しいっていうことは、それだけ長続きするし、何とかホルモンもいっぱい出るのかもしれない。

 運動の効果という点では、この研究の言う通りだろうと思う。サッカーの方がずっと激しいスポーツなのだから。

 しかし、だからといって、みんなサッカーをやった方がいいという問題ではないので気をつけよう。

 サッカーのような激しいスポーツでは、けがをするリスクも大きくなる。夢中でボールを追ってしまう。チームゲームだから自分だけ休むわけにはいかない。つい無理をする。ジョギング中に起こりそうなけがより、ずっと重傷なものになる可能性も高い。

 スポーツを愛する者としては、こういう効果だけを、しかも数値だけで、誤解を招くような公表のしかたには賛成しかねる。

 自分の好きなスポーツを、自分に合ったようにやればいいのである。簡単にやせようとか、簡単に病気を予防しようなんていう考え方そのものがおかしいのだと、私は思う。

ジョギングよりサッカーが効果的=生活習慣病対策で調査-コペンハーゲン大(ヤフー)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ