2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 韓国にも負けて4位確定 | トップページ | 無謀か?24時間走に挑戦することに。 »

2007年8月 2日 (木)

悲惨な7月の走行距離

 7月の月間走行距離は、なんと悲惨な69キロ。目標に遠く及ばず、100キロにも満たない。

Run200707

 7月というのは、こうなることが多い。

 ・仕事の関係で大忙し
 ・6月末のサロマ湖100キロで燃え尽き
 ・暑さ負け
 ・飲み会多し
 ・参加大会なく、緊張感なし

 ざっとこんな理由があがる。せっかく6月に走り込んだのだから、キープできればいいんだけど。

 8月も、参加大会はないが、9月、10月のシーズンに向けて、地道な走り込みができればと思う。

 昨日は8月最初の日ということで、8キロ走った。「八」というのは末広がりで縁起がいい。走行距離も末広がりといきたいところだ。

« 韓国にも負けて4位確定 | トップページ | 無謀か?24時間走に挑戦することに。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/15981977

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨な7月の走行距離:

« 韓国にも負けて4位確定 | トップページ | 無謀か?24時間走に挑戦することに。 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ