2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

8月の月間走行距離・猛暑の中、まずまず

 8月が終わった。暑い夏だった。

 しかし、その猛暑の中、けっこうがんばった方だと思う。毎年、8月は休養しちゃうぐらいだから。

 月間走行距離は、164キロ。目標は、150キロだったから、いちおうクリア。

Run200708

 9月は、24時間マラソンに挑戦する。ロングを何本か走っておきたい。

 きのう、きょうぐらい涼しいと、体もだいぶ楽なんだけど。

2007年8月27日 (月)

投票率が27.67%とは…

 私の地元、埼玉県の県知事選挙が行われた。

 首都圏の投票率というのは、とても低い。政治への関心がなさすぎる。

 今回の投票率も、27.67%ということで、埼玉県知事選挙としては最低記録を更新したそうだ。だれが当選したかという以前の問題として、とても腹立たしくなってしまう。

 3人に1人も投票に行かないわけで…。

 そういうときに、あこがれのスポーツ選手が、

 「君も投票に行きなよ」「大事な権利なんだぜ」

なんて言うと、けっこう効果的。こういうことに、スポーツ選手が利用されるというのは、私はいいことだと思う。選手自身のためにもなると思う。

 覚醒剤は絶対ダメとか、いじめはやめようとか、そういうキャンペーンに、スポーツ選手が起用されることは、これまでもたくさんあった。

 さて、今回の知事選挙でも、我らが大宮アルディージャの片岡洋介選手が、期日前投票制度の利用呼びかけをおこなっていた。

 有権者の皆さん、特に、僕と同世代の若い有権者の皆さん、あなたの一票が、大切です。

という呼びかけもむなしい。

 スポーツと政治は、重要なかかわりがあるよ。スポーツしか頭にない人でも、脳味噌まで筋肉にしてしまってはいけない。自分で、責任を持つためにも、1票の権利を確実に行使したいものである。
Img_4896

 ちなみに、うちは家族そろって投票に行く。選挙権のない者が3名もいるが、それでもみんなで行く。少しでも、関心を持たせたいという願いもある。

 それを選管もわかっているのか、子どもにはおみやげがある。今回は、こんなかわいい消しゴムつきの鉛筆をくれた。以前は、風船が定番だったけど、使えるものの方が格段にいいね。

<関連情報>
上田氏が大差で再選 投票率は過去最低27.67% 知事選(埼玉新聞)

片岡 洋介選手が埼玉県知事選挙「期日前投票制度の利用呼びかけ」を実施(大宮アルディージャ公式HP)

2007年8月26日 (日)

世界陸上開幕・サバイバル男子マラソン

 世界陸上が大阪で開幕した。あのカール・ルイスで盛り上がった東京大会以来の日本開催である。

 そう、あの時は長嶋さんが元気で、「ヘイ!カール」と親しげに声をかけていたのを思い出す。

 オリンピックでは、男子マラソンは最後と決まっているが、今回は最初。しかも、この猛暑の中のレースとなった。

 日本選手は、アフリカ勢と比べると、やや力負けの感がある。しかし、地元開催である。この暑さにも慣れている?と言えるかもしれない。

 私も、今年は、日中走ることをほとんどしていない。というのも、ダメージが大きすぎるからである。暑さに耐えるというだけで、相当厳しい。汗の量もハンパじゃないから、補給する水分量だってすごい。この間、夕方2時間半のLSDやったときも、2リットル近く飲んだ。足や腕、体にもかけた。

 だから、このトップの世界のスピードで、この時期にマラソンを走るというのは、あまりに危険だと思った。その通り、多くのトップランナーがリタイアした。

 日本の尾形選手、一時3位になりながら、最後は抜かれて5位。これが日本勢の最高位。後続する大崎、諏訪の両選手が、6位と8位に入賞し、日本は団体の金メダルを獲得した。

 マラソンの団体って何だよという思いはあるけど、日本の選手層の厚さを物語るものだから、それはうれしい。

 おめでとう!

 さて、ついつい見てしまう陸上競技。テレビだと、次から次へと種目を切り替えてくれるから、なおさらである。砲丸投げ、十種競技、10000mと、眠い目をこすりながらテレビにかじりついていた。

 寝不足になりそう。

<関連情報>
【世界陸上】尾方、酷暑に耐えて5位入賞-男子マラソン(サンスポ)


2007年8月23日 (木)

佐賀北高の快挙

 夏の甲子園は、佐賀北高が優勝して、幕を閉じた。

 昨年は、マー君VSハンカチ王子で、高校野球に釘付けだったが、今年は全く見なかった。自分が、ここまでミーハーな奴だとは思わなかった。スポーツは全般をカバーしているつもりだったが…。

 今年の決勝戦は、出勤日であったこともあって、まったく見ていない。しかし、佐賀北高が、逆転満塁ホームランで勝ったというニュースを聞いて、それはすごいと思った次第である。

 もっとよくニュースを見てみると、この佐賀北高は公立校であるとのこと。特待生問題で揺れた私学中心の高校野球界に一石を投じる結果になったというのが皮肉である。

 私の母校(もちろん公立)は、十数年前に決勝までいったことがある。惜しくも敗れて準優勝だった。佐賀北も、普通科中心の進学校であるというから、状況は似ていたのだろう。

 サンスポによると、

 公立校の全国制覇は96年の松山商(愛媛)以来11年ぶり。普通科を中心とした学校では、84年の取手二(茨城)以来。春は95年の観音寺中央(香川)がある。

 佐賀県勢の優勝は、94年の佐賀商以来13年ぶり。樟南(鹿児島)を8-4で破った決勝では、4-4の九回に西原が満塁本塁打を放って勝利を決めた。決勝戦の満塁本塁打はそれ以来で史上2本目。

とのこと。公立校が優勝することは、本当に難しい時代である。しかも、佐賀県勢は13年前の優勝の時にも、満塁ホームランで勝ったというのだから、ミラクルである。

 高校野球は、ベスト8ぐらいから見ることが多い。トーナメントで勝ち上がっていくチームには、何かが憑いている。そういうチーム同士が戦うから、何が起こるかわからないという、スポーツの持つ偶然性の原理が高くなる。やっぱり、見とかなくちゃいけないなと感じた。

<関連情報>
【甲子園】決勝史上初の逆転ドラマ!公立校、佐賀北が日本一!(サンスポ)

2007年8月21日 (火)

東京マラソン、競争率5.1倍

 東京マラソンの参加申し込みが締め切られたそうだ。

 もちろん、私も申し込んでいる。しかし、ニュースを聞いてビックリ!

 競争率なんと、5.1倍。フルマラソンの部は、3万人の定員のところ、12万9077人が応募したそうな。

 さすが、日本の首都を駆け抜ける東京マラソンという感じだ。

 しかも、きょうはたくさんの人から声をかけられた。

 「今年も、東京マラソン出るんですか?」

 ネームバリューも話題性も、ピカイチである。当たるといいなぁ。

<関連情報>
申し込み、15万4700人=定員の5倍-第2回東京マラソン(時事通信)

来年の東京マラソンに12万人以上が参加申し込み(サンスポ)

2007年8月20日 (月)

欣ちゃん、激走!

 24時間テレビの企画で、欣ちゃんが激走。

 というか、ほとんど歩いていたような。それでも、66歳でふだん全く運動をしていないという人が、70キロというウルトラな距離を走り通せたというのは、やっぱりすごいことなのでしょう。

 ほんの数ヶ月のトレーニングでも、人間の体は変わる。変えることができる。これはすごいことだ。

 だから、ちゃんと専門家について、しっかりトレーニングすれば、自分だってまだまだという思いがこみ上げてくる。

 それにしても、欣ちゃんの人気はすごい。ああいうのをカリスマ性というんだろうか。みんなが感動しちゃってる。
 
 欣ちゃん、お疲れ様。できそうもないことをやったから、みんなが感動するということで、ダメージは相当なものだと思う。しばらく養生して後遺症の残らないようにしてください。私も、100キロ後は、ものすごいダメージだから。

 日本テレビのこの企画、つい見てしまうけど、あんまり走ることに素人を起用すると、そのうち大事故が起きそうな気がしてならない。感動を売り物にするのは、どうも賛成できない。

<関連情報>
「欽」字塔、66歳最年長完走!!…日テレ系「24時間テレビ」(スポーツ報知)

欽ちゃん70キロ完走「泣けちゃったよ」(ニッカン)

欽ちゃん 足痛に耐え涙のフィナーレ(スポニチ)

 

2007年8月12日 (日)

GPSがあれば…

 恥ずかしい話だが、わたしは方向音痴である。右に曲がって左に曲がって右に曲がったら、もうどういう方角なのかわからなくなってしまう。目的地と逆方向に走っていたなんていう経験も多い。

 きのうも、2時間のLSDに出かけた。道路をまっすぐ行って、折り返して帰ってくるという単純なコースなんだけど、迷ってしまった。

 確かに、大きな道路が斜めに交わったりしていて、しかもそれが高架だったりするので、くぐったり側道に出たりと、多少複雑ではあるけれど…。

 きのうも、気づかないうちに逆方向へ走っていた。15分ほど行って、どうもいつもの風景と違うことに気づいた。それまで気づかないというのは、ハイの状態だからなのだろうか?

 おかげで、2時間の予定が2時間30分になってしまった。別に用事も何もないからよかったけど。

 そんな私が、最近ほしいと思っているのがこれ。腕時計型のGPSである。


ガーミンForeAthlete201【送料無料】【1D0809SA】

 ・ディスプレイ上のバーチャルパートナー(仮想伴走者)がいつも一緒。
 ・緯度、経度、高度などの位置情報が表示可能。
 ・地点登録をすればマップ画面にて位置確認ができる。
 ・トラックバックの機能を使えば、走行軌跡を辿ってスタート地点に戻れる。
 ・決められたトラック内でも、未知のルートにおいても、カロリー計算が可能。
 ・ラップタイム、区間距離、区間ペースなど、約2年分のトレーニングデータが本体内に保存可能。
 ・パフォーマンスデータは自動的に計算され記録される。
 ・オートラップ機能とオートポーズ機能はストップウォッチを自動停止してくれる。
 ・ラップタイマー機能で区間スピードが確認できる。
 ・設定ペースを上回っているか下回っているか?アラームで知らせてくれる。
 ・距離を設定すれば、完走時点でアラームが知らせてくれる。
 ・ソフトウェアをPCにインストールすれば、トレーニングデータの解析と保存が可能。

私にとって一番必要なのは、アンダーラインの機能だけど。その他にも、おもしろそうな機能が満載。ほしいんだけど、ちょっと高価なので思案中である。

2007年8月 8日 (水)

無謀か?24時間走に挑戦することに。

07hira チャリティではないけど、24時間走に挑戦することにした。

 9月15日~16日に行われる「ゆめリレーin湘南平塚」の個人24時間走にエントリーした。

 無謀かもしれない。100キロを走るんだから、次のステップとして当然かもしれない。いずれにしても、いつもの好奇心がさわいでしまったということ。2年前ぐらいから、そろそろ挑戦してみたいと思っていたのだ。

 妻には、「それって楽しいの?」と言われてしまった。

 こういう根源的な問いには、何とも答えがたい。まぁ、きっと楽しいんだろう。人にはこの楽しみを押しつけようとはしないけど…。

 エントリーしてみると、緊張感がわいてくるものだ。といって、きょうもランニングをさぼってしまった。もうすぐ1ヶ月前となる。この夏の走り込みの重要度が急に増してきてしまった。

<関連情報>
24時間ひらつかチャレンジHP(ランナーズ・ウェルネス)

2007年8月 2日 (木)

悲惨な7月の走行距離

 7月の月間走行距離は、なんと悲惨な69キロ。目標に遠く及ばず、100キロにも満たない。

Run200707

 7月というのは、こうなることが多い。

 ・仕事の関係で大忙し
 ・6月末のサロマ湖100キロで燃え尽き
 ・暑さ負け
 ・飲み会多し
 ・参加大会なく、緊張感なし

 ざっとこんな理由があがる。せっかく6月に走り込んだのだから、キープできればいいんだけど。

 8月も、参加大会はないが、9月、10月のシーズンに向けて、地道な走り込みができればと思う。

 昨日は8月最初の日ということで、8キロ走った。「八」というのは末広がりで縁起がいい。走行距離も末広がりといきたいところだ。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ