2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« アメリカと対等に渡り合うも、惜しくも3連覇ならず | トップページ | オーストラリアをPK戦で下す »

2007年7月16日 (月)

やっとのことでグループリーグ突破

 サッカー・アジアカップ2007。グループリーグから、ヒヤヒヤする試合の連続である。

 もっと自信を持ってプレーできないものかなぁと思う。海外で活躍し、実績を上げている選手もいる。Jリーグでそれなりの成績を出している選手もいる(そうじゃないのがいるところに確かに問題はあるが…)。

 カタール戦でのオシム監督の激怒。

「俺は死ぬ気でやっているのにお前たちは…」

みたいな発言は、私としては好きではない。実際に戦っているのは監督ではなく、選手だからである。どんな結果であれ、選手はそれなりの覚悟で試合に臨んでいる。そういった選手を勝たせることができなかったのは監督の責任である。これは間違いない。負けた試合を選手の責任にする指導者にだけはなりたくない、と私は常々思っている。

 インタビューにも、きちんと答えてほしい。

 オシムの望むレベルは、こんなものではないのだろう。できるはずだと思うんだけどなぁ。

 高原や俊輔のパフォーマンスは、さすがである。この2人がいなかったら、カタール戦、UAE戦ともに危なかった。

 きょうのベトナム戦も、先制されていやなムードだった。しかも、オウンゴール。あまりに受けに回りすぎる。もっと積極的に攻撃してほしい。攻撃は最大の防御であるのだから。

 同点に追いついたのは、落ち着き払った俊輔の切り返しからのクロス。ノーマークの巻が胸で押し込んだ。巻らしい。

 逆転ゴールは、遠藤のFK。遠藤のFKはとても正確だ。これは実際に見て驚異に感じた。ねらい澄ましたゴールだった。

 3点目は、俊輔の右足のゴール。同点のクロスでさえ、わざわざ左足で蹴っているのに、あの場面は右足。珍しいものを見させてもらった。

 4点目は、巻のヘッド。結果として、4-1という大差になったが、決して楽勝という感じではなかった。ベトナムのカウンターに、いつも怯えている感があった。

 それにしても、こんなに苦戦するものなんだと、改めてアジアのレベルがあがったことを思い知らされた。日本は、こういう中でこそチャンピオンになってほしい。決勝トーナメントが楽しみだ。

<関連情報>
オシムジャパン、ベトナムに圧勝! アジア杯5大会連続8強(サンスポ)

オシムジャパンが1位通過/アジア杯(ニッカン)

日本4発!8強決めた/アジア杯(スポニチ)

巻2発!遠藤FK弾!俊輔も!日本8強決めた…アジア杯B組1位突破(スポーツ報知)

 

« アメリカと対等に渡り合うも、惜しくも3連覇ならず | トップページ | オーストラリアをPK戦で下す »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/15781177

この記事へのトラックバック一覧です: やっとのことでグループリーグ突破:

» アジアカップ第3戦 [BBRの雑記帳]
ハノイは今日も死ぬほど暑そうな(こればっかりやけど、試合開始時で100Fらしい)夕暮れ時、アジアカップ予選リーグ第3戦は完全アウェーのヴェトナム戦。どちらも勝ち点4で迎えたこの1戦、ヴェトナムサッカー界としては大きな歴史を作れるかも知れない試合。何しろ...... [続きを読む]

» ベトナムを下し予選1位通過 [zara's voice recorder]
日本が4-1で快勝! B組首位通過で準々決勝進出 サッカーのアジアカップで3連覇を狙う日本代表は16日、ベトナムのハノイで、ベスト8進出を懸けてグループリーグB組最終戦のベトナム戦に臨み、巻、遠藤のゴールなどで2-1と勝利し、準々決勝進出を決めた。 日本..... [続きを読む]

» サッカーアジアカップ2007、日本対ベトナム戦。 [思いつくまま]
グループリーグ3戦目。ハノイでの日本{/v/}ベトナム戦。 高温多湿の戦場は、4万人のアウェイ一色だった。 引き分け以上なら、グループリーグトップになるが、相手が格下とはいえ、負ければ相変わらず、hai、さよな〜ら〜よ。{/sayonara/} 日本のメンバーは、先日と全く同じで高原&巻の2トップだった。 試合は、前半7分、相手CKからのボールが鈴木ケータの足に当たり、オウンゴール。_| ̄|○ 何をやっているのか。{/ee_2/}  しかし、12分、左から中村俊が1人かわしてクロス、これをファーサイ... [続きを読む]

» 鴎+8とベトナムに大勝し1位で追加とHERO’S [別館ヒガシ日記]
は小林宏が1失点の完投9勝目で打線も5点を取り連敗を脱出し ベトナム戦は巻2点で遠藤FK&中村で4対1で勝利して1位で通過で HERO’Sは 8時半前に起床しでTB返しやネット検索などして10時過ぎまで過ごし 11時前に背中の消毒でに出掛けに帰宅しベッドで... [続きを読む]

» アジアカップ3戦ベトナムに大勝し1位で通過 [スポーツ瓦版]
アジアカップ日本VSベトナムは日本4対1で勝ち1位で通過だ 前半は日本が自殺点し巻&遠藤FK2点で逆転し2対1で終了だ 後半は中村&巻ゴールの2点で日本が勝利し4対1で終了だよ 日本は相変わらず試合の開始と終了に失点する事が多い思うけど B組の首位....... [続きを読む]

» ECO勝利。 [キングのオキラク蹴球記]
この土日月は自然の脅威を感じる連休となりました。 被害が拡大しない事を願うばかりです。 ☆日本グループリーグ1位突破!! 後にも先にも勝って当然のゲーム。 オウンゴールした時は「あれ!?」って、ほんの少しだけ思ったけれど、 一瞬でもベトナムに夢を見....... [続きを読む]

» ECO勝利。 [キングのオキラク蹴球記]
この土日月は自然の脅威を感じる連休となりました。 被害が拡大しない事を願うばかりです。 ☆日本グループリーグ1位突破!! 後にも先にも勝って当然のゲーム。 オウンゴールした時は「あれ!?」って、ほんの少しだけ思ったけれど、 一瞬でもベトナムに夢を見....... [続きを読む]

» 2007アジアカップ 対ベトナム戦 [FOOTBALL語り場]
4-1で日本が勝ちました。 これでグループリーグ1位通過となりました。 先発メンバーは前のUAE戦と変わらず、体調不良で交代した高原、負傷交代した鈴木が先発。 ただベトナムはホスト国なのでホームの後押しという利点が・・・・。 気温は昼間日陰でも40度越え、今日も暑い..... [続きを読む]

» ■[07/16]アジアカップ グループB 第3戦「対ベトナム」 [コレバナ〜裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト]
引き分け以上で決勝トーナメントへの進出が決まる、対ベトナム戦。完全アウェーの中、日本はとにかく勝ち点3をもぎとり、1位で抜けることを目指す。その日本、まず前半7分、鈴木の足に当たるオウン・ゴールで先制点を献上するもその後は目が覚めたか、落ち着いてゴール・....... [続きを読む]

» 開催国ベトナムを圧倒し勝利! [蹴球航海記]
週末は台風が凄かった。おまけにパソコンが不調になるとは・・・ もう散々な週末だったなあ。 っと話は変わりますが、アジアカップで日本が開催国ベトナムに見事逆転勝利しました。 最初はオウンゴールがあって焦ってしまったけど、結果的には勝てたのが良かった。 そ....... [続きを読む]

» アジアカップ オシムジャパンチルドレン巻の復活2ゴールで1位通過を決めた! [オールマイティにコメンテート]
16日アジア・カップ1次リーグB組最終戦ベトナム代表対日本代表の試合がハノイで行われ、日本代表が4対1でFW巻の復活2ゴールなどでB組1位通過を決めた。試合は前半6分にCKからベトナムにまさかの先制点を許す展開も前半12分MF中村俊輔のクロスをFW巻のヘ...... [続きを読む]

» 決勝T進出! [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
アジアカップ2007はグループリーグ最終節が始まった。 グループBの日本は開催国ベトナムに4−1で快勝! もう1試合、カタールはUAE相手に1−2で逆転負け。 グループAではオーストラリアが開催国タイ相手に4−0と圧勝。 そしてイラクとオマーンがスコアレスドローに終わる。 昨日のグループリーグDでは韓国がバーレーンに1−2でまさかの逆転負け。 開催国が相手とは言え、格下は格下なので大量点で勝って貰いたい所。 それがまさかのOGで幕開け?( ̄□ ̄;!! まさかこのまま行くなんて事は・・・。 そんな心... [続きを読む]

» 巻ドッピエッタ!!!【グループリーグ第3戦日本−ベトナム】 [ジキルハイドのバックパス]
ちょっとした不運で先制されてしまったものの 早い時間の巻ゴールで同点に追いつけた。 ベトナムではサッカーが大人気らしいが、声援が凄い。 おかげで実況解説があまり聴こえない。 UAEが勝った為ベトナムも2位で決勝ラウンド進出 いや良....... [続きを読む]

» ベトナムの首都に整ったリベンジの舞台 【サッカー アジアカップ1次リーグ】 [不定期更新のスポーツニュース]
サッカーのアジアカップ1次リーグB組の最終戦が16日行われ、日本がFW巻のゴール等でベトナムを圧倒し4-1で勝利を収めた。カタールがUAEに敗れたため、B組からは日本(1位)とベトナム(2位)が決勝トーナメント進出を決めた。 またA組ではイラク(1位)とオ..... [続きを読む]

» 日本4ー1ベトナム [地球の日記☆マーク♪のblog☆]
日本が4-1の完勝 B組首位で決勝トーナメント進出=サッカー日本代表  サッカーのアジアカップで3連覇を狙う日本代表は16日、ベトナムのハノイで、ベスト8進出を懸けてグループリーグB組最終戦のベトナム戦に臨み、巻の2ゴールなどで4-1と勝利し、準々決勝進... [続きを読む]

» アジアカップ2007 ベトナムに当然の勝利で決勝Tへ! [しっとう?岩田亜矢那]
またまた、巻がスタメンとしてピッチに入ってきたので 「日本は今日も試合開始前から1人少ない10人での試合か〜」 と悪態ついていたら前半7分にいきなりベトナムに先制を許してしまう。 それにしても今大会は失点が多い。 前回大会は決定力不足以上の「決定力欠如」状態であったが その分、守備はきっちりしていて失点は非常に少なかった。 しかし、今大会では格下相手のグループリーグでさえ無失点試合無しである。 これは決勝Tに向けての修正点かも知れない。 なんて、難しい顔して悩んでいると 巻が中村俊のクロスを押し... [続きを読む]

» 日本、快勝で首位通過! [雲の上からHello! ]
アジアカップ2007 グループリーグ第3戦 日本 4ー1 ベトナム 立ち上がりは、「ホームアドバンテージがこれほどのものとは!」と、焦っちゃったよ。実際CKからオウンゴールで先制点を許したし。確かに不運だったけど、この試合ベトナムは二アに速いボールを狙って蹴ってたから、単なる偶然というわけじゃない感じ。 どうなることかと思ったけど、巻のゴールで追いついてからは終始日本のペース。テレ朝はやけにピンチを煽ってたけどね。2点目はFKからヤットのゴール。絶対ファーに蹴るって思ってた... [続きを読む]

» 日本代表次はあのオーストラリアか・・【サッカースパイクあれこれ【あこがれの選手のサッカースパイクを徹底チェック!】 [サッカースパイクあれこれ【あこがれの選手のサッカースパイクを徹底チェック!】 ]
我らが日本代表は決勝トーナメントに無事に進んでくれました。次はあのオーストラリアです。オーストラリアといえば誰もがあの苦い15分間を思い出すんじゃないでしょうか。テレビの中の出来事に口を開けることしかできなかった、衝撃の逆転劇。あのときの記憶は我々に...... [続きを読む]

« アメリカと対等に渡り合うも、惜しくも3連覇ならず | トップページ | オーストラリアをPK戦で下す »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ