2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

韓国にも負けて4位確定

 本当に残念な結果になった。相手が韓国だけに、よけいにくやしい。

 削りまくられた高原。存在感はあったけど、得点は決められなかった。得点王がかかっていたんだけど。

Snap_24__0707282144

 日本は、サウジ戦の反省からか、前半から積極的に前に出てきた。縦への動きが少し増えた。何より俊輔のやる気がちがっていたような…。

 それにしても、再三の決定機を決めきれなかった。韓国がよく守ったというより、自滅に近い印象だ。後半に入ってからは、なぜか、また無意味な横パスとサイドチェンジが多くなった。

 疲れている状況でも、やるべきことを理解して徹底できた韓国と、疲れちゃったから楽な方へと流れてしまった日本のちがいか。日本人の弱い部分を見てしまったような、とっても後味の悪いゲームだった。

 PK戦にもつれ込んだ時点で、これはダメだなという感じがした。もっと言えば、またも11人対10人で、延長まで粘られてしまった時点で、ダメだったのかもしれない。

 川口の神懸かりセーブは出なかった。逆に、それを期待しすぎていて、全部決められる姿を見せることができたのは、ある意味収穫だったかもしれない。6人目のキッカーに羽生が出てきたとき、まずいなぁと思った。延長でも、決定機を外していたからだ。ツキのあるやつがラッキーボーイになりやすいのと同様に、こういうツキのないやつがアンラッキーボーイになることも多い。

 キーパーにはじかれた後、羽生は顔を覆って倒れ込んでいた。つらいねぇ。チームメイトは、「お前のせいじゃない」と言うように、抱き起こしていた。全くその通りだ。バッシングはやめよう。責めを負うのは指揮官である。

Snap_24__0707290020

 オシム采配に疑問を感じたアジアカップだった。

<関連情報>
高原、ここにきて2戦連続不発…オシム監督の信頼に応えきれず(サンスポ)

2007年7月28日 (土)

暑い!

 とにかく、走る時間がつくれないほど、仕事に追われた日々だった。

 一昨日から、ようやくぐっすり眠れるだけの時間がとれるようになった。

 って、一体どんな仕事をしてるんでしょうね。きっと、みんな忙しいんでしょう。忙しいというやつほど、仕事ができないというからね。あまり言うのはよそう。

 昨日、久しぶりに走った。ゆっくり寝たのと、午後からはまた仕事があったので、10時からという恐ろしく暑い時間帯に走った。

 確かに、汗が止まらないし、気分も悪くなった。午後は、とっても眠かった。

 少し時間がとれたので、東京マラソンの申し込みをした。ついでに、ランネットで検索して、出場候補の大会を選んでみた。

 そのうち、「小金井公園5時間走」にはエントリーを決めた。過去に1度出たことがある。地元の走友会が主催しているアットホームな大会だ。公園内を走るので、家族連れでも楽しめる。5時間走には、ベテランのペースメーカーがついてくれる。5時間で、50キロを走りたいと思っている。

 その他、フルマラソンにもいくつか出る予定である。残念ながら、つくばマラソンには、都合が合わず出られそうもない。代わりを探しているところである。

 これから、レースを目標にがんばっていこう。

2007年7月26日 (木)

オシムの目指すサッカーって、ああいうんじゃないでしょ

 飲み会だったけど、キックオフに間に合うように帰ってきた。

 サウジアラビアサポーターから発せられる音は、本当に独特だ。これがアジアカップなんだなという感じである。

 前半、ほとんど日本がボールを支配。しかし、例によってシュートまでいかない。どうしてああやって横パスばっかり繰り返すんだろう?あのスタイルがオシム流なの?私は違うと思うんだけど。

 MFの選手たちがそろって、「ミドルシュートをねらう」とかいっていたと思うんだけど、前半はミドルシュートはなかったと思う。もう負けそうになって時間がないというときに、ミドルを打っても相手の思うつぼでしょ。何考えているのか?羽生のシュートは惜しかったけど、あれは前半に打っておくべきものだと思う。

 アルコールのおかげもあって、このつまらないゲーム展開に嫌気がさしてしまった。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 どれぐらいの時間がたったのだろう。気がついたら、1対1で前半が終わりそうになっていた。得点シーンを完璧に見逃してしまった。VTRで何度も見たけどね。

 またも、先制された後に追いつくという展開。後半に入っても同じ。というか、後半の失点は早すぎ。これでは守備崩壊といわれても仕方がない。

 サウジの攻撃は、とってもシンプルだ。縦に切れ込んで、1対1で勝負して、シュートで終わる。それに対して、日本は、やたら回す。打つべきところでパスを選択する。インターセプトされてカウンターを浴びる。

 3点目をとられたシーンは、守りが5人いたのに対して、サウジの選手は2人しかいなかった。なのに、GK川口の内側を抜かれてゴール。あんまりだ。国際試合で、3失点はきつい。日本の2得点が、かっこよかっただけに、よけいに残念だ。阿部のオーバーヘッドはワールドクラスだ。
 
 オシムの目指すサッカーって、どんなの?確実に日本はよくなっているの?選手に伝わってない部分が多いんじゃないかと思う。今回は、高原が好調だったから、絶対チーム状態は昨年よりいいと思っていたのに残念だ。

 負けちゃったので、次は3位決定戦。相手は今大会さえない韓国。準々決勝も準決勝も無得点の相手である。これで負けたら、大変だよ!

<関連情報>
オシムジャパン、守備陣崩壊で最多失点負け…アジア杯3連覇逃す(サンスポ)

日本V3消滅、サウジに惜敗/アジア杯(ニッカン)

3連覇夢散…オシム監督負け惜しみ(スポニチ)

3失点オシム日本 ゴールも王座も守れなかった…アジア杯準決勝(スポーツ報知)

2007年7月21日 (土)

オーストラリアをPK戦で下す

 いやな感じを思い出させる展開だった。

 日本は、いいリズムで終始ボールを回していた。しかし、得点はオーストラリアが先にとった。後半の24分、セットプレーから、裏をとられて失点。ビドゥカを完全に抑えていただけに、残念だった。

 まだ時間はある。そのわずか3分後。相手DFのミスにつけこんで、高原の絶妙な切り返しからのシュート。気迫がこもっていた。これで同点。

Snap_24__0707212132_002

 その後も、日本は攻めてはいた。しかし、縦への動き、追い越す動き、ドリブルで勝負する動きが足りない。確かにボールは支配しているけど、守っている方にとっては全くこわくない。持ってるだけだから。

 後半は、相手の動きがぴたり止まっていたので、90分で決着をつけてほしかった。しかも、退場者も出て、数的優位でもあったわけだから。

 延長に入っても、オーストラリアはバテバテ。攻めているのは、途中交代したキューエルとカールだけ。一方的な展開である。しかし、点が入らない。せっかく、佐藤と矢野というフレッシュなFWを入れたのに、なかなかボールを供給できない。このへん、何とかしてほしい。

 今日の苦戦は、攻撃のキーマンである俊輔と遠藤のキレが今一だったことにあると、私は思う。疲れが出てきたかな? 暑さはハンパじゃないようだ。

 PK戦。オーストラリアは、キックもできないような選手がキッカーになっていたような…。川口の2人連続のセーブは見事だった。去年のアジアカップを思い出す。

Snap_24__0707212206_001

 昨年のワールドカップでの苦い敗戦以来の因縁の対決。PK戦とはいえ勝ってよかった。

 それにしても、アジアの戦いは甘くない。次は順当にいくとサウジアラビアだろうか。これも手強い相手である。

<関連情報>
日本ベスト4進出!PK戦でオーストラリア下す アジア杯(サンスポ)

日本PK戦で豪州下し4強/アジア杯(ニッカン)

日本 PKで豪州下し4強入り(スポニチ)

2007年7月16日 (月)

やっとのことでグループリーグ突破

 サッカー・アジアカップ2007。グループリーグから、ヒヤヒヤする試合の連続である。

 もっと自信を持ってプレーできないものかなぁと思う。海外で活躍し、実績を上げている選手もいる。Jリーグでそれなりの成績を出している選手もいる(そうじゃないのがいるところに確かに問題はあるが…)。

 カタール戦でのオシム監督の激怒。

「俺は死ぬ気でやっているのにお前たちは…」

みたいな発言は、私としては好きではない。実際に戦っているのは監督ではなく、選手だからである。どんな結果であれ、選手はそれなりの覚悟で試合に臨んでいる。そういった選手を勝たせることができなかったのは監督の責任である。これは間違いない。負けた試合を選手の責任にする指導者にだけはなりたくない、と私は常々思っている。

 インタビューにも、きちんと答えてほしい。

 オシムの望むレベルは、こんなものではないのだろう。できるはずだと思うんだけどなぁ。

 高原や俊輔のパフォーマンスは、さすがである。この2人がいなかったら、カタール戦、UAE戦ともに危なかった。

 きょうのベトナム戦も、先制されていやなムードだった。しかも、オウンゴール。あまりに受けに回りすぎる。もっと積極的に攻撃してほしい。攻撃は最大の防御であるのだから。

 同点に追いついたのは、落ち着き払った俊輔の切り返しからのクロス。ノーマークの巻が胸で押し込んだ。巻らしい。

 逆転ゴールは、遠藤のFK。遠藤のFKはとても正確だ。これは実際に見て驚異に感じた。ねらい澄ましたゴールだった。

 3点目は、俊輔の右足のゴール。同点のクロスでさえ、わざわざ左足で蹴っているのに、あの場面は右足。珍しいものを見させてもらった。

 4点目は、巻のヘッド。結果として、4-1という大差になったが、決して楽勝という感じではなかった。ベトナムのカウンターに、いつも怯えている感があった。

 それにしても、こんなに苦戦するものなんだと、改めてアジアのレベルがあがったことを思い知らされた。日本は、こういう中でこそチャンピオンになってほしい。決勝トーナメントが楽しみだ。

<関連情報>
オシムジャパン、ベトナムに圧勝! アジア杯5大会連続8強(サンスポ)

オシムジャパンが1位通過/アジア杯(ニッカン)

日本4発!8強決めた/アジア杯(スポニチ)

巻2発!遠藤FK弾!俊輔も!日本8強決めた…アジア杯B組1位突破(スポーツ報知)

 

2007年7月15日 (日)

アメリカと対等に渡り合うも、惜しくも3連覇ならず

 日本の3連覇がかかっていたアメリカンフットボールのワールドカップ。台風襲来ということで、ベストのコンディションではなかった。ファンブルリカバーによるターン・オーバーがそれぞれ2回という波乱の決勝であった。

 前半、第2Qまでは、日本が10対7でリード。互角以上の戦いだった。

 後半、いったん追いつかれたが、またも美しいタッチダウンでリードを奪う。

 しかし、アメリカは徐々に地力を発揮してきた。第4Qのランプレーは見事だった。結局これにやられて、17対17の同点に追いつかれる。

 延長に入って、ついに日本は力尽きた。しかし、ゲームの印象として、日本の攻撃は美しかった。前にも書いたが、ショットガンからのパスプレーには、いろんなオプションがあって楽しめた。体格では明らかに劣っているものの、戦術では引けをとっていなかった。

 一方のアメリカは、危うくなってから、ゴリ押しという感じだった。美しくはないが、パワーとうまさを感じさせた。優勝が決まった瞬間、アメリカ選手は大喜びした。それだけ、本気モードになっていたということだろう。よくここまで追いつめたと思う。

 解説者が言っていた。確かに、このアメリカチームは、アメリカのベストチームではない。まぁ、3軍ぐらいなものだろうか。それでも、このクラスのチームとなら日本のフットボールも相当いけるということを証明してくれた。3連覇は逃したし、アメリカという大物食いも逃したのはとても残念だが、とても楽しめるゲームだった。

 最後に、監督のインタビューで印象に残った言葉。

「伝統の違いを感じた」

つまりは、アメリカという名前に負けたということか。しかし、伝統は創り出すものだと私は思っている。新たな伝統を築く日本フットボールに、今後も期待したい。

<関連情報>
日本競り負け優勝逃す/アメフト(ニッカン)

米に競り負け日本V3逃す/W杯(スポニチ)

2007年7月 8日 (日)

アメリカンフットボール・ワールドカップ開幕戦

 久しぶりに、その他スポーツネタを。

 BSで、アメリカンフットボールのワールドカップ開幕戦、日本VSフランスを観た。アメフトのワールドカップをやっているということを知らなかったし、それが3回目の今大会を日本で開催されるというのも知らなかった。しかも、日本が2年連続世界一になっているということも、もちろん知らなかった。

 とは言え、前2大会は、本家のアメリカが出場していないということ。これでワールドカップと言えるのかということも問題だが…。

 今大会は、そのアメリカが参戦している。日本は、決勝でぜひアメリカを破って、3連覇を飾りたいところだ。

 と思ったものの、日本のレベルはそんなに高いのか?と疑ってしまった。日頃、NFLを観ていたら、あのスピード、迫力、もちろんテクニックも超弩級である。日本のライスボウルなんかを観ても、うまいんだろうけど、やっぱり物足りなさを感じてしまう。

 しかし、昨日の試合は、体格で圧倒的に上回るフランスを相手に、48対0の完封勝ち。第4Qまで、ファーストダウンを1回も許さなかった。ショットガンからのパスプレーは、日本のお家芸と言ってもいいんだろう。観ていて気分がよかった。

 次はスウェーデン戦。観たことがないので何とも言えないが、順調に決勝まで駒を進めてほしいと思う。そして、バスケの世界選手権の時も書いたが、もっとメディアで取り上げてほしい。

<関連情報>
日本V3へ大勝発進/アメフト(ニッカンスポーツ)

【アメフト】日本、3連覇へ完封発進!仏を48-0で下す(サンスポ)

「堅守速攻」日本V3へ白星発進…アメリカンフットボールW杯(スポーツ報知)

初戦はフランスに圧倒 標的は米国(スポニチ)

  

2007年7月 6日 (金)

サロマのゴール写真

Img_4577

 サロマのゴール写真が届いた。ゴール手前で脇を見ている。しかも、ちょっと困惑の表情。

Img_4578_1 これは、ゴールテープを片づけちゃってるのを見てのこと。

「あれー、1人1人テープをはって待っててくれるんじゃなかったけ?」

という顔。ボランティアさんだから、文句は言わないけど、ちょっと残念。

2007年7月 4日 (水)

6月の月間走行距離

 6月の月間走行距離が、久しぶりに200キロを超えた。

200406run

 ジョグノートの記録によれば、241.5キロ。

 ひとえに、サロマで100キロを1日で稼いだというところにある。しかし、それ以外で100キロ以上走れたのは、この時期ではよくがんばったと言える。ブログやジョグノートで、いろいろと宣言してしまうのもいい効果を上げていると思う。

 問題は、この7月、8月。夏場の走りである。暑さと仕事の忙しさ、ビールの誘惑に負けず、というか、これらとうまくつき合いながら、無理せず走りたい。夏以降のレースの予定も立てたい。

2007年7月 1日 (日)

サロマ湖100㎞ウルトラマラソン完走記

Img_4543

 完走記というほど大げさじゃないかもしれないが、少しくわしく振り返ってみることにする。

 今回のサロマは、7回目。ラッキーセブンだから、何かいいことがあるんじゃないかと期待していた。が、それほどにいいことはなかったようだ。

 そかわりといっては何だが、今回は忘れ物の多い大会となってしまった。緊張感がなかったんだろうか。行きの飛行機の出発時刻が昼過ぎと遅かったせいもある。早起きしなくてもいいと安心してしまった。それに、サロマから帰ってきた日の翌日に、重要な会議があって、そこで私はある提案をしなければならなかった。つまりそのレポート作成に追われていたということもある。

 いずれにしても、レースに集中できる環境、時期ではなかったことは確かだ。

 それでも、サロマは出る!

言ってみれば、これだけは強い気持ちがあったということかもしれない。

 その忘れ物の話しに戻る。今回忘れたのは、

 ・RCチップ(私はイエローなので…)
 ・ナンバーカード引換証の印
 ・GTメールの申し込み
 ・携帯電話の充電
 ・塩

いつもスペシャルドリンクにしている「栄養ドリンク」は、途中の薬局で購入。買えるものはいいよね。しかも、早く気づけばね。これらすべて、気づいたのは受付会場に到着してからだから手遅れ。

 まず、チップと引換証の印は、スタッフがきちんと対応してくれて難なくクリア。GTメールの申し込みもそこでできることを知って、アドレスを打ち込んだ。携帯の充電はあきらめて、必要でないときは電源を切っておくことに。

 塩は、終盤の必需品。昨年は、スイカコーナーでスイカを食べずに塩だけもらった。体が急に動くようになる優れものだ。これは、スタート地点に並んでいたら、海宝さんが「塩ありますよ~」と言って配ってくれていた。天の助けとはこのこと。ありがたく頂戴した。60キロ過ぎから、塩の助けを借りて走った。

 こんなに忘れ物をするほど、緊張感がなかったおかげで、けっこうリラックスして走れた。最初は竜宮台の折り返しをめざし、次はフル地点、中間点、グランティァサロマのレストステーション、おしるこの鶴雅リゾート、ワッカの入口、ワッカの折り返し、ゴールという感じで気持ちを切り替えながら走った。時間が早く流れているような感じがした。

 序盤は、好調。ほぼ1キロ6分ペース。このままうまくいくなんて、ウルトラはそんなに甘くないとは分かっているが、あえてペースを落とすというのは本当に難しい。抑えようとしても、なかなか抑えがきかないものだ。

 案の定、フル地点当たりから、右太ももの付け根が痛くなり、足があがらない状態になってしまった。水をかけたり氷で冷やしたりしながら、何とか走った。50キロ過ぎからペースダウン。グランティァサロマまでは、毎回のことながらつらい。ちょうど上り坂があるのもその原因の一つだ。

 レストステーションでは、着替えない予定だったが、あまりの暑さに、長袖から半袖に着替えた。これが後々、後悔することになるのだが。

 後半は、ずっと苦しかったが、ワッカの入口にかかったとたん、突如として元気になった。小刻みなアップダウンが、逆にリズムをつくり出したのかもしれない。キロ8分近くまで落ちていたペースが6分台にまで回復した。

 でも、これも80~85キロだけの話。その後は元に戻ってしまい、2度とペースがあがることはなかった。

 その後、まさかの雨。しとしとぐらいだったからどうってことはなかった。確かに1回やんだのだが、再び降り出したときは本降り。確かに寒い。半袖にしたことをくやんだが、ゴールは間近だったのでがんばることができた。

 それでも、ゴールタイムは11時間52分。これは、ベストタイムに次ぐ好タイム。11時間を切ったのも2回目。ここまで復活できたのは本当にうれしい。

 もっとうれしかったのは、ゴール地点で教え子に会えたこと。教え子と言っても、20年前だからもう立派なお母さんになっていた。雨の中、かわいい息子さんを抱いて迎えてくれた。じっくり話したかった。でも、体が固まってしまい、どうにもならない。そこそこに切り上げ、大混雑の着替え場所へ。雨になると、外で着替えられないから大変なことになる。

 早くゴールできたおかげで、完走パーティー前にバスに乗ることができた。あのあさましいパーティーに出ずに、宿でゆっくり入浴、食事ができた。同宿の方、全員完走。今回はコンディションがよかったから、完走率も高いのかもしれない。

 Img_4542

 楽しかった! そして多くの人に感謝。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ