2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« サロマ湖100㎞・完走! | トップページ | 6月の月間走行距離 »

2007年7月 1日 (日)

サロマ湖100㎞ウルトラマラソン完走記

Img_4543

 完走記というほど大げさじゃないかもしれないが、少しくわしく振り返ってみることにする。

 今回のサロマは、7回目。ラッキーセブンだから、何かいいことがあるんじゃないかと期待していた。が、それほどにいいことはなかったようだ。

 そかわりといっては何だが、今回は忘れ物の多い大会となってしまった。緊張感がなかったんだろうか。行きの飛行機の出発時刻が昼過ぎと遅かったせいもある。早起きしなくてもいいと安心してしまった。それに、サロマから帰ってきた日の翌日に、重要な会議があって、そこで私はある提案をしなければならなかった。つまりそのレポート作成に追われていたということもある。

 いずれにしても、レースに集中できる環境、時期ではなかったことは確かだ。

 それでも、サロマは出る!

言ってみれば、これだけは強い気持ちがあったということかもしれない。

 その忘れ物の話しに戻る。今回忘れたのは、

 ・RCチップ(私はイエローなので…)
 ・ナンバーカード引換証の印
 ・GTメールの申し込み
 ・携帯電話の充電
 ・塩

いつもスペシャルドリンクにしている「栄養ドリンク」は、途中の薬局で購入。買えるものはいいよね。しかも、早く気づけばね。これらすべて、気づいたのは受付会場に到着してからだから手遅れ。

 まず、チップと引換証の印は、スタッフがきちんと対応してくれて難なくクリア。GTメールの申し込みもそこでできることを知って、アドレスを打ち込んだ。携帯の充電はあきらめて、必要でないときは電源を切っておくことに。

 塩は、終盤の必需品。昨年は、スイカコーナーでスイカを食べずに塩だけもらった。体が急に動くようになる優れものだ。これは、スタート地点に並んでいたら、海宝さんが「塩ありますよ~」と言って配ってくれていた。天の助けとはこのこと。ありがたく頂戴した。60キロ過ぎから、塩の助けを借りて走った。

 こんなに忘れ物をするほど、緊張感がなかったおかげで、けっこうリラックスして走れた。最初は竜宮台の折り返しをめざし、次はフル地点、中間点、グランティァサロマのレストステーション、おしるこの鶴雅リゾート、ワッカの入口、ワッカの折り返し、ゴールという感じで気持ちを切り替えながら走った。時間が早く流れているような感じがした。

 序盤は、好調。ほぼ1キロ6分ペース。このままうまくいくなんて、ウルトラはそんなに甘くないとは分かっているが、あえてペースを落とすというのは本当に難しい。抑えようとしても、なかなか抑えがきかないものだ。

 案の定、フル地点当たりから、右太ももの付け根が痛くなり、足があがらない状態になってしまった。水をかけたり氷で冷やしたりしながら、何とか走った。50キロ過ぎからペースダウン。グランティァサロマまでは、毎回のことながらつらい。ちょうど上り坂があるのもその原因の一つだ。

 レストステーションでは、着替えない予定だったが、あまりの暑さに、長袖から半袖に着替えた。これが後々、後悔することになるのだが。

 後半は、ずっと苦しかったが、ワッカの入口にかかったとたん、突如として元気になった。小刻みなアップダウンが、逆にリズムをつくり出したのかもしれない。キロ8分近くまで落ちていたペースが6分台にまで回復した。

 でも、これも80~85キロだけの話。その後は元に戻ってしまい、2度とペースがあがることはなかった。

 その後、まさかの雨。しとしとぐらいだったからどうってことはなかった。確かに1回やんだのだが、再び降り出したときは本降り。確かに寒い。半袖にしたことをくやんだが、ゴールは間近だったのでがんばることができた。

 それでも、ゴールタイムは11時間52分。これは、ベストタイムに次ぐ好タイム。11時間を切ったのも2回目。ここまで復活できたのは本当にうれしい。

 もっとうれしかったのは、ゴール地点で教え子に会えたこと。教え子と言っても、20年前だからもう立派なお母さんになっていた。雨の中、かわいい息子さんを抱いて迎えてくれた。じっくり話したかった。でも、体が固まってしまい、どうにもならない。そこそこに切り上げ、大混雑の着替え場所へ。雨になると、外で着替えられないから大変なことになる。

 早くゴールできたおかげで、完走パーティー前にバスに乗ることができた。あのあさましいパーティーに出ずに、宿でゆっくり入浴、食事ができた。同宿の方、全員完走。今回はコンディションがよかったから、完走率も高いのかもしれない。

 Img_4542

 楽しかった! そして多くの人に感謝。

« サロマ湖100㎞・完走! | トップページ | 6月の月間走行距離 »

コメント

完走おめでとうございまーす!

はい。20年前の教え子です(笑)
先生、探しましたよー!40キロ地点辺りからずっと「似てるな」と思ってたけど、違ったら困るので応援できずごめんなさい・・・。

20年も経ったけど、先生は、あの時とそんなに変わらないと思いますよ。だって、100キロ完走しちゃうくらいだし。

お昼くらいまではいい天気だったのに、あの雨・・・私もビックリでした。寒かったですね。埼玉は普段暑いので、北海道のこの寒さは辛かったと思います。お天気が良かったら、一緒に記念撮影したかったなぁ(笑)

義両親も無事完走です。
義母は、60歳まで(あと5年)の間に「サロマンブルー」目指すそうです。我が家はキャンピングカーを買ったので、5年の間に、また応援で付いて行くかも知れません・・・その時また先生と、サロマで会えるといいなと思ってます。

先生もサロマンブルー目指して頑張ってくださいね☆パンフレットに顔写真が載るの、楽しみにしてます。

淡々とした記事だけど、ぼくにはとうてい考えられない大事業でもあり、ひさしぶりに活字を読んで涙が出たよ。またいつか会いましょう。

北海道の教え子さん、懐かしかったですね。本当にうれしかったです。
でも、そういう事情ならこれから毎年会えるかもしれませんね。楽しみが一つ増えました。

takeoさん、コメントありがとうございます。この夏にまたお会いできることを楽しみにしています。「書く」ことのできる機会が減ってきて、こんなブログやってます。継続したいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/15581641

この記事へのトラックバック一覧です: サロマ湖100㎞ウルトラマラソン完走記:

« サロマ湖100㎞・完走! | トップページ | 6月の月間走行距離 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ