2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 野辺山100キロウルトラマラソン・出場断念 | トップページ | 赤を青に無断で加工 »

2007年5月13日 (日)

児童数36人・コート2面で、バスケットボールの学習をどう組織するか?

 今回は、ちょっとマニアック?専門的?教員らしい話になる。

 うちの学校の先生に、体育の研究授業をやってもらうことになった。6月15日。単元は、バスケットボールということになった。6年生である。

 バスケットボールというのは、自分の背よりも少し高いところにある籠状のゴールにボールを投げ入れて得点を競う。シュートへ持って行くまで、パス、ドリブルをして、チーム一丸となって攻防を繰り返すゲームである。

 つまり、バスケットボールは、こういうところが他の競技と違うところであって、5人対5人で行わなければいけないというものではない。小学校では、バスケットボールのおもしろさを味わわせるために、あえて人数を減らして、ボールに触る回数を増やしたり、チームのメンバーと関わりやすいようにして授業を行っている。
 
 だから、バスケットコートが4面もあれば、4人ぐらいのチームを作ってガンガンゲームを楽しませることができる。しかし、そんなに設備に恵まれた学校は少ない。うちの学校も、2面しかない。

 この2面で、クラスの児童数は36人。さて、こういう現状で、楽しいバスケットボールの授業をどう作るかという無理難題に取り組んだ。以下は、私の案である。

--------------------------------------------------------

○学習のねらい
 ・どの子にもバスケットボールの特性に触れさせる。
みんながパス、ドリブル、シュート 作戦を立ててゲームに臨む 作戦が成功する 得点の取り合い(競い合い) 仲間との協力 相手の尊重 マナー
 ・子どもには…みんなが楽しめるバスケットボールにしよう。

○場の設定
 ・ベニヤ板とフラフープで、簡易ゴールを2組つくることは可能?
・ゲームでは使わないゴールをどう活用するか?
→ それによって、チーム数や練習の場の設定が変わる

○チームづくり
 ・1チームの人数は、4人or5人。8チームつくる。
 ・ペアになるチームを決める。
  A-Ⅰ  B-Ⅰ  C-Ⅰ  D-Ⅰ
 A-Ⅱ  B-Ⅱ  C-Ⅱ  D-Ⅱ

○学習の流れ
<ねらい1>(総当たり戦)…3時間
 ・ゲーム①(4分)-ゲーム②(4分)-ゲーム③(4分)-ゲーム④(4分)
→ 1時間で、1ゲーム4分・4試合は可能か?
 ・対戦のないチームは、審判、得点、計時、記録(ペアチームへのアドバイス)、応援などを分担して行う。

 <ねらい2>(対抗戦)…5時間
 ・ゲーム①(4分)-ゲーム②(4分)-練習( 分)-ゲーム③(4分)-ゲーム④(4分)
→ 練習の時間がとれない!
 ・ペアチームの合計得点で競う。
・あいさつ等は、ペアチームが一緒にすませる。
 ・練習は、ペアチームが一緒にやるか、別々にやるか?
→ 8~9人で練習は可能か?
  → コートをどう使えば練習がしやすいか?(ゴールは6カ所ある)
 ・ゲームは、常に4人対4人で行う。
 ・最終的には、チーム間で1時間の使い方を話し合わせて決めさせたい。

○用具
 ・ボールは、ミニバスケットボール3号を使用。

--------------------------------------------------------

 先日、この案をたたき台にして検討会を行った。結果は、6人ずつの6チームを作って、対戦のないチームは審判や計時などの仕事を分担するというのがよいのではないかということになった。

 しかし、学習過程は少し工夫が必要である。全チームが同時にゲームを行えないからである。このへんは、また指導案ができたあたりでお見せしたい。

 自分のこだわりとは少し違う方向へ進んだが、それでもいいと思う。どこにこだわるかによって、何を捨てるかが必然的に決まってくるものだ。こういうギリギリの状況で授業づくりをしていくことは、我々の力にもなると思っている。

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 野辺山100キロウルトラマラソン・出場断念 | トップページ | 赤を青に無断で加工 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/15051731

この記事へのトラックバック一覧です: 児童数36人・コート2面で、バスケットボールの学習をどう組織するか?:

« 野辺山100キロウルトラマラソン・出場断念 | トップページ | 赤を青に無断で加工 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ