2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

定期健康診断・オールA

 定期健康診断の結果がきた。毎年のことながら、けっこうドキドキする。

 あけてみると、オールA。心配された肝機能も問題なし。

Img_4346

 職場の若者に、「どうだ、すごいだろ」と自慢した。「すごいですね」と言ってくれた。

 ランニングをやっていると、免疫系がズタズタになっていることがある。いつだか、レースの翌日に血液検査をしたときはサイテーだった。医者に、「前日、フルマラソンを完走したんで、その影響だと思います」と言っても、わかってくれない人も多い。

 ま、ランニングも無理をすると、健康に悪いということがよくわかる。ということは、最近全く無理をしていないということ。複雑な心境ではある。

2007年5月28日 (月)

欽ちゃんが24時間テレビのランナーに

 ずいぶんと大きなニュースとして報道されている。スポーツ界でも何かと話題の欽ちゃん(萩本欽一)が、今年の24時間テレビのチャリティランナーとして決定したそうだ。

 過去最高年齢となる66歳。ウルトラランナーには、60代でビンビンの人もたくさんいますが、欽ちゃんはどうでしょう?聞くところによると、ヘビースモーカーだそうで。運動もあまりやらないそうで。

 茨城ゴールデンゴールズで活躍する様子を見ていると、バリバリ運動もやりそうな感じではあるけど、どうやらそうではないらしい。スポーツマンというより、エンターテイナーなんだろうな。

 そんな欽ちゃんが果たしてどんな走りを見せてくれるのだろう?

 自分が100キロランナーだけに、いつものお涙ちょうだい的な企画はどうかと感じている。とは言っても、けっこうゴールシーンは自分の走った時を思い出して感動しちゃうんだけどね。

 とにかく、トレーニングがんばってください。何キロ走ることになるのか知らないけど、いつものように100キロだったら、とてもとても甘くはないから。無事のゴールを祈ります。

<関連情報>
欽ちゃん「24時間テレビ」マラソン走る(デイリースポーツ)

欽ちゃん走り!最高齢66歳24時間マラソン(ニッカンスポーツ)

24時間テレビ 「愛は地球を救う」(ウィキペディア)


2007年5月24日 (木)

1箱1000円なら禁煙できるか?

 5月21日、京都大学の依田高典教授らが、興味ある調査結果を発表した。

 中でもおもしろいのが、たばこの価格と禁煙への意欲との関係である。たばこの値段が高くなるほど、禁煙を考えるようになるという。当然依存度が高い人ほど、効果は薄くなるが、700円を超えると約半数の喫煙者が禁煙を考える。1000円なら、約9割が禁煙を考える。

 ただ、“禁煙を考える”というのと、“禁煙を実行する”ということは、全く次元のちがう問題である。考えたひとの何%ぐらいが実際に禁煙行動をおこすのか、そのうち何%ぐらいが禁煙に成功するのか、そのうち何%ぐらいが再度喫煙しないかといった問題を、引き続き調査していただけるといいと思う。

 いずれにしても、現在のたばこの値段が安すぎるということは明らかである。思い切った値上げをせよという論拠となるデータが出されたということになる。今後、政府がどのような対応を行っていくのか見守りたい。

 

<関連情報>
たばこ1箱1000円ならほとんど禁煙…アンケート結果(読売新聞)

京都大教授ら発表「禁煙は健康より価格」(ニッカンスポーツ)

<ヘビースモーカー>価格800円で、ようやく7割禁煙(ヤフー・毎日新聞)

たばこ価格2倍で禁煙効果「高」 京大調査 ヘビースモーカーには効果「低」(ヤフー・京都新聞)

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月20日 (日)

きょうは野辺山100キロマラソン

 きょうは、野辺山100キロマラソンの日だった。残念ながら、参加できなかった。

Landscape

 無理すれば、行けないこともなかったかもしれない。ただ、ひやかしで参加できるようなレースではない。鍛え直して来年がんばることにしよう。

 参加されたみなさん、お疲れのことでしょう。ゆっくり休んでください。最大の難関、馬越峠はいかがだったでしょうか? 私は自慢ではありませんが、1回も走ってあの峠を越えたことはありません。あそこを走ること自体が無謀と思えてしまうほど、きつい難所中の難所ですね。

 つくづくレースが昨日でなくてよかったと思う。あの豪雨はすごかったから…。

 サロマには絶対参加するので、どうぞよろしく。

<関連情報>
星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン・公式HP

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月18日 (金)

totoBIG

 何かと問題の多いtotoBIG。これまで、たくさん投資してきた私だけに、6億円の可能性があると言われちゃ、買わずばなるまい。

 ということで、とりあえず10口買いました。でも、BIGは、ふつうのtotoとちがって、頭は全く使わない。何も予想しないで、コンピュータがランダムに出してきた数字で勝負するという、ほとんど宝くじに近いものである。

 しかも、これまでのように、「当たりがない」ということも大いにあり得るわけで…。ただ、このおかげで、1日に14億円も売り上げたというのだからすごい。今までの不振を一気に吹き飛ばしてしまう勢いだ。

 私は、totoにはもう少し期待していた。これを機に、売れるサッカーくじについて考えを深めてもらいたいものだ。

 当たったらいいなぁ。

<関連情報>
totoBIG、1日で売り上げ14億円(サンスポ)

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月15日 (火)

赤を青に無断で加工

Kirin まさか、サッカー日本代表のオフィシャルスポンサーであるキリンビールがそんなことをするとは…。

 浦和レッズファンでスタンドが赤く染まった写真を、いかにもサムライブルーのユニホームで客席が埋まっているかのように無断で加工していたことがわかったそうだ。この写真は、キリンの「勝ちTプレゼント」キャンペーンポスターに使われていた。

 デジタルな社会だからこそ起こることだと思った。赤を青にかえるなんて簡単なことだ。それにしても、スポーツにかかわる者のモラルはどこへ行ってしまったのだろう。浦和レッズは、熱狂的なサポーターで、いつも真っ赤だ。そんな姿がうらやましいと思うのは我々にもある。

 でもねぇ、他のチームのサポーターを勝手に自分のところにかえてしまってはねぇ。しかも、今回の場合、商売にかかわっているから、影響力は大きいはず。

 それを日本サッカー協会は許可をしていたというのだから、協会もどうかしている。そんなことをしなくても、Jのサポーターは、日本代表を応援しますよ。自信を持ってやってくださいませ!


<関連情報>
キリン無断で“浦和の赤”を青に加工(スポニチ)

2007年5月13日 (日)

児童数36人・コート2面で、バスケットボールの学習をどう組織するか?

 今回は、ちょっとマニアック?専門的?教員らしい話になる。

 うちの学校の先生に、体育の研究授業をやってもらうことになった。6月15日。単元は、バスケットボールということになった。6年生である。

 バスケットボールというのは、自分の背よりも少し高いところにある籠状のゴールにボールを投げ入れて得点を競う。シュートへ持って行くまで、パス、ドリブルをして、チーム一丸となって攻防を繰り返すゲームである。

 つまり、バスケットボールは、こういうところが他の競技と違うところであって、5人対5人で行わなければいけないというものではない。小学校では、バスケットボールのおもしろさを味わわせるために、あえて人数を減らして、ボールに触る回数を増やしたり、チームのメンバーと関わりやすいようにして授業を行っている。
 
 だから、バスケットコートが4面もあれば、4人ぐらいのチームを作ってガンガンゲームを楽しませることができる。しかし、そんなに設備に恵まれた学校は少ない。うちの学校も、2面しかない。

 この2面で、クラスの児童数は36人。さて、こういう現状で、楽しいバスケットボールの授業をどう作るかという無理難題に取り組んだ。以下は、私の案である。

--------------------------------------------------------

○学習のねらい
 ・どの子にもバスケットボールの特性に触れさせる。
みんながパス、ドリブル、シュート 作戦を立ててゲームに臨む 作戦が成功する 得点の取り合い(競い合い) 仲間との協力 相手の尊重 マナー
 ・子どもには…みんなが楽しめるバスケットボールにしよう。

○場の設定
 ・ベニヤ板とフラフープで、簡易ゴールを2組つくることは可能?
・ゲームでは使わないゴールをどう活用するか?
→ それによって、チーム数や練習の場の設定が変わる

○チームづくり
 ・1チームの人数は、4人or5人。8チームつくる。
 ・ペアになるチームを決める。
  A-Ⅰ  B-Ⅰ  C-Ⅰ  D-Ⅰ
 A-Ⅱ  B-Ⅱ  C-Ⅱ  D-Ⅱ

○学習の流れ
<ねらい1>(総当たり戦)…3時間
 ・ゲーム①(4分)-ゲーム②(4分)-ゲーム③(4分)-ゲーム④(4分)
→ 1時間で、1ゲーム4分・4試合は可能か?
 ・対戦のないチームは、審判、得点、計時、記録(ペアチームへのアドバイス)、応援などを分担して行う。

 <ねらい2>(対抗戦)…5時間
 ・ゲーム①(4分)-ゲーム②(4分)-練習( 分)-ゲーム③(4分)-ゲーム④(4分)
→ 練習の時間がとれない!
 ・ペアチームの合計得点で競う。
・あいさつ等は、ペアチームが一緒にすませる。
 ・練習は、ペアチームが一緒にやるか、別々にやるか?
→ 8~9人で練習は可能か?
  → コートをどう使えば練習がしやすいか?(ゴールは6カ所ある)
 ・ゲームは、常に4人対4人で行う。
 ・最終的には、チーム間で1時間の使い方を話し合わせて決めさせたい。

○用具
 ・ボールは、ミニバスケットボール3号を使用。

--------------------------------------------------------

 先日、この案をたたき台にして検討会を行った。結果は、6人ずつの6チームを作って、対戦のないチームは審判や計時などの仕事を分担するというのがよいのではないかということになった。

 しかし、学習過程は少し工夫が必要である。全チームが同時にゲームを行えないからである。このへんは、また指導案ができたあたりでお見せしたい。

 自分のこだわりとは少し違う方向へ進んだが、それでもいいと思う。どこにこだわるかによって、何を捨てるかが必然的に決まってくるものだ。こういうギリギリの状況で授業づくりをしていくことは、我々の力にもなると思っている。

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月10日 (木)

野辺山100キロウルトラマラソン・出場断念

200705101945000 5月20日に行われる「野辺山100キロウルトラマラソン」のナンバーカード引換証が届いた。

 しかし、宿泊の予約はしなかった。5月8日締め切りなので、事実上、出場断念ということになる。

 このところ全く走れていない。2月、3月は絶好調だっただけに、本当に残念でならない。まぁ、またチャンスが来るだろう。

 それにしても、ウルトラマラソンは、1回の出場料が高いだけに、痛い…。

 サロマ湖100キロウルトラマラソンの方は、宿泊の申し込みをした。5月10日最終締め切りギリギリで。

 こちらは、まだ1ヶ月以上あるので、何とかなるかもしれない。がんばろう。

 ↓ 応援のクリック、お願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月 4日 (金)

ヨーロッパチャンピオンズリーグ・準決勝

 ヨーロッパチャンピオンズリーグの準決勝2試合をテレビ観戦した。

 ACミランVSマンチェスターユナイテッドの試合は、民放で見られた。大雨の中の試合開始だったが、さすがにトップレベルの選手たちである。すべって転ぶ選手もほとんどいない。ピシッとパスが通る。

 中でも目立っていたのは、カカだった。ボールを持つとものすごいスピードでDFを置き去りにしていた。1点目は、このカカのシュートだった。マンチェスターユナイテッドも、油断していたわけではないだろうが、ほとんど形が作れていなかった。

 すごいなと思ったことが2つ。1つめは、両チームとも全員がどこかの国の代表になっている選手たちで、その個人技は世界最高峰だ。そういう選手たちの息のあったプレーというのが見られたということだ。ミランのピルロは、ワールドカップの時も注目していたが、やっぱりあのパスはすごい!

 2つめは、負けていたマンチェスターが、後半になって、システムを大きく変えて攻撃の形を作り出していたことだ。うまくいかないときに修正するというのは、なかなかできないことだ。それをきちんと修正している。これがトップレベルのクラブチームなんだと思った。監督の采配もすごいが、それにこたえる力のある選手がそろっているということだ。

 試合の終わりに、ジラルディーノがだめ押しの3点目を決める頃には、雨もすっかりやんでいた。3対0という大差ではあったが、見応えのある試合だった。興奮した。

 夜になって、JスポーツプラスでやっていたリバプールVSチェルシーを見た。ケーブルテレビにこの間加入して、お試し期間で無料で見られたものだ。

 こちらは、息のつまる攻防で、点なんか絶対入りそうもないような感じだった。が、ダイレクトパスが見事につながって、きれいなシュートが決まった。チェルシーは、ドログバがものすごいスピードでゴールに迫っていたが、オフサイドなどで、結局決まらなかった。

 この試合ですごいと思ったことは、これがホームアドバンテージだということだ。巨大なスタジアムのすべてが、リバプールサポーターで埋め尽くされている。しかも、ゴール裏だけでなくバックスタンドも皆立ちあがって応援している。リバプールというチームに誇りを持って応援しているように見えた。こういう雰囲気、これが選手を奮い立たせ、後押ししているんだと感じた。

 試合は、PK戦にもつれ込んで、ホームの勢いのままリバプールが勝利を収めた。これで、決勝はミランVSリバプール。見た感じでは、ミランの方が1枚上手という感じもするが、安定度ではどうか?楽しみである。

<関連情報>
カカ弾でミラン決勝進出!マンUを3-0圧倒-欧州CL(サンスポ)

リバプール、宿敵・チェルシーとのPK戦制し決勝進出-欧州CL(サンスポ)


 ↓ 応援クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年5月 3日 (木)

ブログ復活

 しばらくお休み状態だった当ブログも、ようやく復活の見通しが立った。

 転居して、きのうようやくインターネットも開通した。今まではBフレッツのマンションタイプだったけど、今度は一戸建てのハイパーファミリープランに変更になって、料金もちょっとお高くなった。スピードは、これまで通り快適である。

 ランニングも、ずっと休んでいた。いろいろ問題が多かったけど、時間が解決してくれたようだ。久しぶりに走ったら、たった5キロなのに、ふくらはぎがパンパンになった。初めて走るコースで、新鮮味もあふれている。連休中は、まだ家の片づけやら何やらで、出かける予定がないので、ゆっくりじっくり走り込もうと思う。

 ↓ 応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

 

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ