2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« タミフルでハイテンション | トップページ | ブログ復活 »

2007年3月20日 (火)

荒川市民マラソン完走記

 荒川市民マラソンの記念すべき10回大会を走ってきた。

 快晴ですがすがしい。3月下旬だが、ぴりっとした冷気を感じる。風はけっこう強く吹いていて、しかも冷たい。これは、長袖で走ることにした方がよかったかなと思いながら準備をした。

 会場までは、家からチャリンコ。気軽に参加できる大会である。戸田橋をわたっていると、会場が見えてくる。橋の上から、見事な富士山が拝めた。気が引き締まる。

200703180739000

 この大会は、運営がとてもいいと思っている。ま、雨が降ったらアウトなんだけど。一つだけ難点なのが、荷物預かり。この大渋滞を抜けないと、スタートラインに立てない。少し早めに向かうが、早すぎても寒い思いをして待つだけ。
 
 みんながそう思っているから、渋滞するわけで…。運営者側もいろいろと工夫はしてくれているようだが、マンモス大会ではどうにもならないか。

 幸い、私のスタート地点はすぐ近くだった。列の真ん中ぐらいに位置する。10分ぐらいの待ち時間でスタート。

 スタートしてから、本当のスタート地点に着くまで、約5分。その後は、スピードダウンする箇所もなく、自分のペースでしっかりと走ることができた。

 前半、15キロぐらいまでは、ほぼ5分30~40秒のペース。安定している。つらくもない。

 20キロから中間点ぐらいは、一つの鬼門である。東京のときは、ここで左ふくらはぎがピリッときてしまった。しかし、今回はその部分にしっかりキネシオテープを巻いて万全。全く気にならなかった。

 中間点を過ぎると、これまで追い風だったためか、風の強さにほとんど気づかなかったが、ものすごい強風に悩まされた。前傾して、負けないように走る。意外にもペースが上がったような。

 しかし、これがよくなかったようで、終盤30キロを過ぎてから、少しずつペースダウン。何とか粘ろうとするが、なかなかペースは戻らない。時計を見ると、4時間をギリギリできるぐらいのペース。最後の最後、何とかがんばった。

 結果は、何年かぶりのサブフォー達成。うれしかった。

 10k: 59:55
 20k: 1:54:00
 30k: 2:49:52
 40k: 3:48:28
 Goal:4:01:12
 NET: 3:56:11

 荒川市民マラソン・グルメ情報。ゴール後、無料配布の「舟戸鍋」の行列に並んだ。いわゆる豚汁だね。薬味がきいてうまかった。

 それから、いつも食べている「完走ラーメン」 のりに「祝・完走」とプリントされている。しかも、本格的にうまい。これはおすすめである。 

200703181345000 200703181353000

 体もあたたまったところで、帰路につく。充実した時間を過ごせた。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング


« タミフルでハイテンション | トップページ | ブログ復活 »

コメント

はじめまして。キーワード「教員」でここに辿り着きました。
サブフォー達成おめでとうございます。私はまだ一度もありません。羨ましいかぎりです。
後半の風は昨年よりは多少弱かった気もしますが、今年も参りました。それでも荒川は楽しく参加できる大会だと思います。来年も参加してみたいと思っています。

一般男子4544位さん、コメントありがとうございます。
荒川マラソンは、いい大会ですね。私も、来年も参加したいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/14322524

この記事へのトラックバック一覧です: 荒川市民マラソン完走記:

« タミフルでハイテンション | トップページ | ブログ復活 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ