2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月

2007年3月20日 (火)

荒川市民マラソン完走記

 荒川市民マラソンの記念すべき10回大会を走ってきた。

 快晴ですがすがしい。3月下旬だが、ぴりっとした冷気を感じる。風はけっこう強く吹いていて、しかも冷たい。これは、長袖で走ることにした方がよかったかなと思いながら準備をした。

 会場までは、家からチャリンコ。気軽に参加できる大会である。戸田橋をわたっていると、会場が見えてくる。橋の上から、見事な富士山が拝めた。気が引き締まる。

200703180739000

 この大会は、運営がとてもいいと思っている。ま、雨が降ったらアウトなんだけど。一つだけ難点なのが、荷物預かり。この大渋滞を抜けないと、スタートラインに立てない。少し早めに向かうが、早すぎても寒い思いをして待つだけ。
 
 みんながそう思っているから、渋滞するわけで…。運営者側もいろいろと工夫はしてくれているようだが、マンモス大会ではどうにもならないか。

 幸い、私のスタート地点はすぐ近くだった。列の真ん中ぐらいに位置する。10分ぐらいの待ち時間でスタート。

 スタートしてから、本当のスタート地点に着くまで、約5分。その後は、スピードダウンする箇所もなく、自分のペースでしっかりと走ることができた。

 前半、15キロぐらいまでは、ほぼ5分30~40秒のペース。安定している。つらくもない。

 20キロから中間点ぐらいは、一つの鬼門である。東京のときは、ここで左ふくらはぎがピリッときてしまった。しかし、今回はその部分にしっかりキネシオテープを巻いて万全。全く気にならなかった。

 中間点を過ぎると、これまで追い風だったためか、風の強さにほとんど気づかなかったが、ものすごい強風に悩まされた。前傾して、負けないように走る。意外にもペースが上がったような。

 しかし、これがよくなかったようで、終盤30キロを過ぎてから、少しずつペースダウン。何とか粘ろうとするが、なかなかペースは戻らない。時計を見ると、4時間をギリギリできるぐらいのペース。最後の最後、何とかがんばった。

 結果は、何年かぶりのサブフォー達成。うれしかった。

 10k: 59:55
 20k: 1:54:00
 30k: 2:49:52
 40k: 3:48:28
 Goal:4:01:12
 NET: 3:56:11

 荒川市民マラソン・グルメ情報。ゴール後、無料配布の「舟戸鍋」の行列に並んだ。いわゆる豚汁だね。薬味がきいてうまかった。

 それから、いつも食べている「完走ラーメン」 のりに「祝・完走」とプリントされている。しかも、本格的にうまい。これはおすすめである。 

200703181345000 200703181353000

 体もあたたまったところで、帰路につく。充実した時間を過ごせた。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング


2007年3月11日 (日)

タミフルでハイテンション

 去年も、ちょうど今頃だったか。またも5歳の息子がインフルエンザA型と診断された。

 今回は、熱が上がりきらないうちに医者に連れて行った。すぐにタミフルを処方してもらったので、結局熱は38度以上にはならず、しかもその日のうちに下がってしまった。

 去年も感じたが、やっぱり、タミフル恐るべし…である。

 医者から、「インフルエンザ治療薬タミフルについて」という解説をもらった。こういうふうに、ていねいに説明しないと誤解を招くことが多いのだろう。次のようなことが書かれている。

 ・最近、タミフルの副反応としての異常行動が報道で指摘されている。
 ・この異常行動は、タミフルの副反応とは断定できないが、副作用である可能性はある。
 ・しかし、3~4年間でタミフル服用後の16の死亡は極めて少ない数字と言える。
 ・インフルエンザ脳症は、毎年15~100人が死亡している。
 ・よって、タミフルの投与は、有益性が危険性を大きく上回っていると言える。
 ・そこで、当院ではタミフルの投与をお勧めする。
 ・しかし、患者さんの意向を尊重するので、希望されない場合は申し出ていただきた。
 ・インフルエンザ罹患時には、タミフルの投与いかんに関わらず、異常行動が出現する可能性はまちがいなくある。
 ・インフルエンザ罹患後、2~3日は、本人の言動に十分注意し、1人にさせず、室内から出て行かないよう注意していただきたい。
 
 とまぁ、こんな具合いである。報道がいかに過剰なもので、正確性を欠いているかわかる。正しい理解が必要である。

 そういうわけで、この土日は、A型の息子と缶詰め状態だった。うつらない自分も強いと思う。それより、薬を飲んだ息子が、いつになくハイテンションだった。やたら、しゃべる。寝てなんかいない。逆に怖くなってきてしまったりする。

 でも、軽くすむというのは本当に助かる。医療の進歩をつくづく感じる。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年3月10日 (土)

木原 雅子「10代の性行動と日本社会―そしてWYSH教育の視点」

 豊富な調査データをもとに、10代の性行動の実態と危険性を説く。私も、健康教育を研究した身なので、多少はわかっているつもりだったが、これほどまでひどいとは…。

 先進国にもかかわらず、エイズが増加しているのは日本ぐらいである。いかに、問題が自分のこととしてとらえられていないかということである。しかも、性を売り物にした産業の蔓延…。

 大人が真剣に考えてやらないと、性感染症は増加するばかりで、本当に国を滅ぼしてしまうかも知れない。

 そこで、筆者は、WYSH(Well-being of Youth in Social Happiness)プロジェクトをによる予防教育を提唱している。新しい視点としては、次のようなことがあげられる。

 ・徹底した調査に基づいた予防教育をほどこす。
 ・知識技術の獲得はもちろん、人生の夢・希望、人としての生き方という価値観の中に位置づける。
 ・地域の保健医療関係者、学校、保護者などの役割分担を明確にした「分業」を実現する。

 しかし、具体的な実践は、まだまだこれからというところ。成果に期待したいし、私もできるところから取り組みたいと感じた。さっそく、小学校のエイズ教育のあり方(これまでは差別をしないといった道徳的な面のみを強調しすぎていた)を見直してみようと考えている。

462304597801_scthumbzzz_

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年3月 8日 (木)

荒川市民マラソン・ナンバーカード引換証到着

 3月18日(日)に行われる「荒川市民マラソン」のナンバーカード引換証が届いた。

 東京マラソンで、ちょっと無理をしてから、どうも両足の甲が痛い。走っていると気にならないぐらいになるが、これまで当たったことのないシューズでも痛みを感じてしまう。まだ、あと1週間ちょっとあるから、痛みが治まってくれることを祈っている。

 さて、荒川市民マラソンのコースは、けっこうよく知っている。走り慣れているとも言える。これまでも、まずまずの記録を出してきている。今回も、久しぶりのサブ4を狙いたいと思っている。

 ナンバーは、6958。参加される方は、どうぞよろしく。
 
 東京マラソンのように、早いランナー優先ではなく、ゆっくりランナーにも十分配慮してくれる大会である。心おきなく楽しみたいと思う。

<関連情報>
東京荒川市民マラソン・第10回記念大会

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

2007年3月 4日 (日)

テレ玉親子ふれあいマラソン

Img_3898a_1 テレ玉主催の「親子ふれあいマラソン大会」に一家そろって(出ない人もいたが)参加してきた。

 3月はじめの気候にしては、非常に暖かい日だった。確か3年前に参加したときは、ものすごい寒さでふるえていたと思ったのに。きょうは、汗をたくさんかいた。

 最初に出場したのは、4年生の娘。2キロ。今年は親子の部ではなくて、自分1人で走ると言ったのだった。練習も、ずいぶん前から声をかけてきたが、やる気になったのはこの1週間。やっぱり練習不足だ。体もだいぶ重くなったようだし…。走り終わって、ちょっと酸欠気味で不機嫌だったが、すぐに復活。昼食も夕食も、もりもりたくさん食べた。

 次に出場したのは、5歳の息子と私。親子幼稚園の部は、たったの500m。トラックを1周ちょっとでゴールという、本当に一瞬の出来事である。それでも、このところ風邪をこじらしたり、アレルギーに苦しんでいたことを思えば、よくがんばったと思う。走るよりも、グラウンドでボールを蹴る方が楽しかったらしい。

Img_3904a

 そして、最後に登場が私。5キロ。予想通り、短い距離のレースは苦しかった。タイムも23分ぐらいで予想通り。もう無理をしようとも思わないし、無理しようと思っても全くきかない。それでも自分なりには少し無理したつもりだったのだが、こんなものだった。再来週の荒川市民マラソン(フル)に生かされるといいのだけど。距離をふむ練習をもっとする予定だったが、帰ったらビールが飲みたくて、一気に飲んだ。うまかったけど、そのあと昼寝に突入。午後練習はキャンセルとなった。

 陸上をやっている中学生の教え子に会った。私なんかより、ずっと専門的にやっていて、小学生の頃に厳しく言っていたのが少し恥ずかしい気もした。立派に成長していてうれしかった。中学3年生にとっては、高校進学も決まって、一番夢ふくらむときだなぁと思った。

 私は、高校進学と同時に、大好きだった野球に見切りをつけ、全く経験のなかったスポーツ、ハンドボール部に入った。そして、今はランニング。スポーツ経験というのは人によって様々なんだろう。進学や就職、病気・けがが何らかの転機になるようだ。どんなスポーツであれ、どっぷりつかってその楽しさを味ってほしい。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング


2007年3月 3日 (土)

J開幕!

 待ちに待ったJリーグの開幕。

 大宮のシンカが問われるこの1年。いろんな面で期待している。

 当然、常に上位で戦ってほしいし、片岡やエニウトンが言うように、あわよくばタイトルもとってほしい。

 サポーターも、昨シーズンの倍増、3倍増を期待したい。数だけでなく、声を出して応援できる人を増やしたい。ホームゲームのスタジアムを満員にして、オレンジ一色に染まったところを見てみたい。

 さいたまダービーでは、何が何でも浦和に勝ちたい。

 とまぁ、こんなことを考えていると、すぐに時間がたってしまう。残念ながら、きょうの開幕戦は見に行けない。応援に行く皆さん、ぜひ私の分まで声援を送ってください。しっかりテレビ観戦します!

 家のベランダに、大宮のフラッグを掲げました。

 プーさんも応援しています!

IMG_3731.JPG

<関連情報>
大きな展開を徹底 ロバート監督 戦術練習で要求 J1大宮(埼玉新聞)

ゼロックス覇者・G大阪が好スタートを切るのか?新監督率いる大宮が昨年の屈辱を晴らすのか?寒さを吹き飛ばすような、熱い試合を期待! [ J's GOAL ]

恐れず 強敵に挑戦 2年前の再現狙う J1大宮(埼玉新聞)

2007年3月 1日 (木)

2月の月間走行距離

Soukou200702b_1

Soukou200702_1

 2月の月間走行距離は、213キロだった。

 1月があまりに少なかったので、目標も180キロにおさえておいた。でも、ようやく生活のサイクルに走ることが入ったという感じ。

 レース、フルに1回(東京マラソン)参加し完走できた。

 体も、ずいぶんしまってきたように感じる。が、まだまだウェストはしっかり脂肪がたまっている。

 春のレースシーズンに向けて、いっそうがんばろう。3月は、また少し目標を上げてみようか。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ