2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« やるなぁ、ベッカム | トップページ | 選手に感じる声で応援しよう »

2007年2月13日 (火)

新開体育サークル+通信 17

授業の質をワンランク上げたいな、と思うことがよくありました。そんな時、私は何をやったかというと、自分の授業を徹底的に分析したのです。分析というとカッコいいですが、地道な作業です。自分の授業ビデオを撮って、文書におこしたこともありました。中でも、
┌───────────────┐
│  子どもの反応はどうだったか   │
└───────────────┘
ということに敏感になるように努力しました。教師の願いは伝わっているか、楽しく充実した学習になっているか、表現活動や思考活動で子どもが活躍しているか、…。

 反応が悪かったら、何が悪かったのか考えました。考えたというより、思い悩んだという方が正しいかもしれません。それこそ、四六時中。寝ていても夢に出てきて、翌朝それがもとで打開策が見つかったりもしました。

 そういう私は、自分のやった授業について、子どもが「おもしれーじゃん」といってくれることを無上の喜びとしています。

 若かった頃の話です。元気もパワーもありました。もちろん、今でもがんばろうと思っていますし、年を重ねても学び続けることの大切さもわかっているつもりです。それにしてもです。失われた時間は戻りません。今できる最善のことにエネルギーを費やすことにしましょう。それは、子どもと向き合った授業づくりだと私は思います。

 では、前回の報告です。

【第14回・月例会の報告】
  1月23日(火)18:00~ 新開小・会議室
参加者・佐藤、竹野、黒崎、大久保、南部、田中、豊島
    ① 5年マット運動(佐藤)
    ② 6年マット運動(南部)
    ③ 「動きの指導をする」(マット運動から)(竹野)
    ④ 研究発表資料「児童一人一人を伸ばす学習指導の計画と実践
(4年・リレー)」(大久保)
    ⑤ マット運動・学習カード、めあてのたて方(豊島)
    ⑥ 研修報告・わかりやすさの落とし穴に陥らないために(豊島)
    ⑦ 「未来のスポーツの学習はこうなる!」(豊島)
    ⑧ 「健康的な運動習慣を形成するために」(豊島)
    ⑨ 楽しさを求める体育の学習過程の工夫
 -その原則的な考え方と進め方
      (『これからの体育を学ぶ人のために』より)(豊島)

今回は、マット運動特集という感じになりました。佐藤さんの授業は、前に紹介した「マットマップ」を資料として活用しようというものです。しかし、子どもは資料など見ようとしません。これがフツーの反応だと思います。「できるようになりたい」という思いを実現するための手立てを教えてあげることによって、だんだんと先生や友達のアドバイスを聞いたり、自分から資料をみたりするようになってきます。現在、試行錯誤しながらよりよい方法を見つけている所。こういうときが授業づくりの一番楽しい所かもしれません。

 南部さんのマットは、けっこうストイック?です。子ども達が真剣に技に挑戦している緊迫感が報告の中からも伝わってきます。連続技をめあて①にするパターンは多いですが、つなぎ方というのはなかなか難しいものです。うまくつながる例を示してあげてしまうのもいいのではないかと思いました。6年生らしい気合いの入った学習になりそうです。マットは、なかなか生涯スポーツに根付かない存在ですが、学び方についてはわかりやすいので、そのへんをうまく生かしてほしいです。

 竹野さんからは、新しい刺激をもらいました。動きの指導は、できるような気にさせることが大事だという主張に大賛成です。部分練習も、技を完成させるための過程としてとらえるというより、子ども達にはその1つ1つを技として認めてやった方がいいと思っています。いくつか練習方法や場づくりで、“目から鱗”の資料がありました。授業の実際の場で確かめてみたいですね。

 大久保さんからは、小体連の研究発表用の資料を持ってきてくれました。運動の楽しさをどう味わわせるか、スポーツにかかわる人間関係をどう育成するか、教師の見る目をどう養うか、といったいくつかの問題提起がありました。今後も追究してほしいテーマです。内容とは関係ありませんが、こういう発表が回ってきたときは、ある意味チャンスです。自分の実践を残すという意味でも、どんどん取り組んでほしいと思います。
 
 豊島からは、先日参加した研修会の報告をしました。学校教育は、そこだけで完結するものではなく、生涯学習の一段階です。今求められている体力向上は、もちろん大切なことではありますが、本当につけなければいけない力を見逃してはなりません。自分の人生にスポーツを位置付けられるようにすること=スポーツに親しみ、スポーツを続けることのできるようにすることこそ、学校体育に与えられた使命というものではないかと思っています。

 さて、次回のお知らせです。
 
┌──────────────────────┐
│ 【第15回・月例会のお知らせ】 │
│   2月21日(水)18:00~ 新開小・会議室 │
└──────────────────── ─┘

 ぜひ、レポートを持ってご参加ください。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« やるなぁ、ベッカム | トップページ | 選手に感じる声で応援しよう »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/14027110

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル+通信 17:

« やるなぁ、ベッカム | トップページ | 選手に感じる声で応援しよう »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ