2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 雨の東京マラソン、やっとこ完走 | トップページ | 寒かったファン感謝デー »

2007年2月22日 (木)

埼玉新聞「大宮アルディージャ未来予想図」

 埼玉新聞のスポーツ欄で、友清さんのコラム、「大宮アルディージャ未来予想図」が連載されている。

http://www.saitama-np.co.jp/main/rensai/sports/mirai_yosozu/index.html

 J1昇格から3年目を迎えた今年は、当たり前の話だが、もう昇格組ではない。フロントも、選手も、サポーターも、それぞれが何かしなければいけないと動き出した感がある(ことはある)。

 この連載に対しては、意見・提案を募集しているとのこと。メール、FAXをじゃんじゃん送っちゃおう。私たちにできることもたくさんあるはず!

« 雨の東京マラソン、やっとこ完走 | トップページ | 寒かったファン感謝デー »

コメント

今頃になってなんですが・・・
埼玉新聞の連載記事を読みました。
あちこちでREDSと比べて地域密着に対して努力が足りないというような論調が気になりました。
志木の練習場についてもですが・・大原のredsの練習場なんて、どれだけREDSが優遇されていることか。。大原の施設って市の施設で、長年、市体協が管理していた(経費も含めて)ってことをみなさんわかっているのかなぁ。今でこそどうなっているか知らないけど。。。。
年間何千万もREDSだけのために使われ続けていたこと(職員の労力も含めて、税金が)。
そして、駒場だった何十億もかけて改修しているけど、結局ほとんどREDSは使わずに、しかも、一般の人も使いづらくなってしまったこと。
そういうことをすべて含めて、REDSのこれまでのあり方が本当に市民にとって良かったのかを総括してからじゃないと、あの記事おかしい。
比較しないで、率直に、アルティ側の努力不足などについて言及し、今後どうあるべきかを検証していくならいいけど。。。
メディアの無責任さって怖いなと、あらためて思いました。

さいたま市民さん、コメントありがとうございます。
ものすごく極端に割り切って言うと、「勝てば官軍」ということだと思います。いわばレッズは結果を残した勝ち組だと。今の社会は、結果重視の社会ですね。過程を大事にするほど、ゆとりがない。記事も、そういう見方をしていることは確かですね。耳が痛いですが、それでも、もっと努力できることはあるかもしれない。そこを見つけてがんばっていきたいものです。

そうですねぇ。アルディージャ側が地域密着に頑張っていこうというのは、それはそれで喜ばしいことだと思います。
 あくまでも この記事に・・・ということでみると、地域密着といいながら、勝てば官軍の論調は、どうなのかなぁと思います。それでは、スポーツ文化は根付くのかな。
 勝ち残る子ども達だけが、サッカーを続けられる世の中? そんなことしてたら、サッカー人口のびないですよね。特権階級のスポーツにしてしまっていいのかなぁ・・・ しかも自分の金じゃなくて市民が出した税金の上にふんぞり返っている。なんかへんだな って思いませんか?
 サッカーに関心のある市民と それほど関心のない市民 どっちが多いかな たまたまスポーツの中ではサッカー という地域かもしれないけど。
 別にこのことで議論しようとかではありませんので、あしからず^^

さいたま市民さん、ありがとうございます。
いろいろ考えることが多いですよね。でも、そういう疑問を大きな声にしていくことは意味あることだと思います。
当ブログも、いろいろ思うところあって、しばらく止まっています。
5月6日のレッズ戦、みんなで行きましょう。何か見つかるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/43715260

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉新聞「大宮アルディージャ未来予想図」:

« 雨の東京マラソン、やっとこ完走 | トップページ | 寒かったファン感謝デー »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ