2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 西村選手、橋本選手がインターシップ体験 | トップページ | ジョイフルスポーツプラン »

2007年1月14日 (日)

新開体育サークル+通信 16

あけましておめでとうございます、と言うにはずいぶん経ってしまいました。今年も、いい授業をつくるために、新開体育サークル+で大いに学びましょう。

 年末・年始も、スポーツは真っ盛りでした。これだけメディアが発達したおかげで、家にいながらたくさんのスポーツを観戦して楽しむことができます。

 ということは、「見るスポーツ」についても、学習する意味がありそうです。そんな近未来のことも考えながら授業を創っていきたいです。

 では、前回の報告です。

【第13回・月例会の報告】
  12月7日(木)18:00~ 新開小・会議室
参加者・岡安、久保田、鶴見(以上大戸小)、
      大久保、佐藤、黒崎、南部、田中、豊島(以上新開小)
    ① 5年サッカー・指導案(大久保)
    ② 6年サッカー・学級通信+対戦表(南部)
    ③ 2年学年ドッジボール大会(黒崎)
    ④ 自分流・体育授業づくりの基礎基本(豊島)
    ⑤ サッカー・攻撃のための作戦パターン ~基本編~(豊島)
    ⑥「楽しい体育」の授業過程のあり方
     (『これからの体育を学ぶ人のために』より)(豊島)

  大戸小から、3名の方が参加してくださいました。新開小中心のサークルですが、会の趣旨に賛同してくださる方は、「来る者は拒まず」という当会の大原則に従って大歓迎したいと思います。岡安さんは、私の体育授業づくりの先輩です。今後、私の知っている範囲で、指導的な立場の方もお招きしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 大久保さんのサッカーは、1チームが明らかに楽しめないという状況になってしまいましたが、こういう問題が噴出するのは決して悪いこととは思っていません。教師は、「みんなが楽しむ」を最優先課題として追究させてきました。なのに、子どもがついてこれなかった…。やはり、「みんなが楽しめているか」どうかを常に確認しなければいけないのだと思いました。「次にやるときには、こうしたい」という気持ちを強く感じたので、今後に期待です。教師は、子どもの活動を「見る目」を養わなければいけないということを私も痛切に感じました。

 佐藤さんも同じ学年でサッカーをやっているわけですが、高学年としての難しさを感じていました。昨年は、2年生で「ボール蹴りゲーム」のいい授業を提案していたのだから、そのまんまやればいいんじゃないかと思いました。確かに、少年団などで活躍しているような子は技術的に高いのですが、そういう子に合わせていては「みんなが楽しむ」ことには絶対なりません。そういうところを納得させながら、教師がうまく学習をデザインしてやる必要があるなと思いました。

 南部さんも、6年生でサッカーをやっています。6年生の場合、これに「サッカー大会」という市レベルの体育行事がかかわってきてややこしくなります。みんなが楽しむことよりも優先しなければならないような価値(=クラスとして協力して勝つ)が出てくるからです。協力と言えば聞こえはいいのですが、そう簡単なものではないでしょう。4人チームを合体させて8人チームにするという学習過程も、サッカー大会対策と言えるのではないかと思います。しかし、6年生ならば多人数になっても「みんなが楽しむ」ことを実践できるのではないかという意見もありました。ぜひそういう子どもを育てたいです。

 黒崎さんは、学年でドッジボール大会を企画しようということで、その計画案を持ってきてくれました。私は、こういうイベントは学期に1回ぐらいはやりたいと思っています。やはり、運動に向かうには何らかのモチベーションが必要だからです。スポーツを楽しむ力は、本来こういうところで発揮されるはずです。私がこだわるのは、いくら大会だからといっても、「みんなが楽しむ」ための最低限の方法をとる必要があるということ。1チームの人数やコートの広さなどで解決できることは多いと思います。
 課題が一つ。応援する楽しさは、スポーツの楽しさか?という疑問が出されました。私は、するスポーツ以外の楽しみだと解釈しています。ただ、今回ドッジボールをする側として楽しもうというのに、仲間がとったり当てたりしているのを見て喜んでいるのとは異質です。する楽しさを十分味わわせることが必要だと思います。応援する楽しさは、見るスポーツの部類に入ると思います。低学年では難しいけど、高学年なら十分いけそうです。

 豊島は、自分なりに、授業づくりの際に落としてはいけないことをまとめてみました。練られていないし不十分な文章だと思いますが、みなさんも、自分の考えをぜひ文章にしてみてください。いかに書けないかということに気付きます。そうすると、「書くために調べる」ということをし始めます。これがとても勉強になります。アウトプットするためにインプットするという姿勢を! インプットばかりしていても、使えない知識に成り下がる可能性大です。

 さて、次回のお知らせです。

 参加される方は、自由にレポートしてください(口頭でも可ですが、ちょこっとでも資料があるとうれしいです)。

  【第14回・月例会のお知らせ】
  1月23日(火)18:00~  新開小・会議室

 レポートを持って参加しよう!!
 日頃の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、授業に限らず、スポーツ全般に関して思っていることなどでも結構です。

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

« 西村選手、橋本選手がインターシップ体験 | トップページ | ジョイフルスポーツプラン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/13493575

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル+通信 16:

» 今年の夏はスリムなボディーで!! [お得情報レポート]
中年太りが気になってきた、サラリーマンの方、主婦の方。 食べ過ぎでスタイルが気になるOLさん、学生さん。 こんなダイエットの方法があります。 今年の夏はスリムなボディーで!! みんなの注目を集めましょう。 詳し...... [続きを読む]

« 西村選手、橋本選手がインターシップ体験 | トップページ | ジョイフルスポーツプラン »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ