2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« マーカスが新潟へ?! | トップページ | 玉原高原へ、スキーに行ってきました。 »

2007年1月 7日 (日)

三浦前監督が、新天地札幌でJ1復帰宣言

 三浦前監督が、コンサドーレ札幌の監督に就任したとの正式発表があった。

 大宮をJ1に押し上げた力量を、札幌でも発揮していただきたい。

 しかし、札幌というクラブは、強化費の削減、新卒以外の日本人の補強なしとの方針を打ち出しているという。監督としては、つらい立場になりそうだ。

 こういうフロントの考えで、どうやって選手のモチベーションを上げていくのか、その手腕に注目したい。

 三浦さんの目標は、J2のクラブなら当然のことながら、J1昇格。しかも、監督としての契約は、1年ぽっきり。つまり、1年でJ1に上がろうという腹づもりだ。

 これは裏付けあってのことなのか、少し疑問はある。J2には、今季降格した京都、C大阪、福岡。それに、古豪復活をかけているラモス監督の東京V。仙台なんかも侮れないんじゃないだろうか。

 確かに、天皇杯では持ち味を発揮して準決勝まで駒を進めた。しかし、J2の戦いは、長丁場。1年を通してどうコンディションを保っていくかが最も難しいところだ。

 三浦さんの戦術は、J2の戦い方に適していると思う。あとは、札幌の選手に、どう浸透させるかだ。

「3バック、4バックのどちらを採用するか?」という記者の質問に対して、

「サッカーはシステムだけでは勝てない。フォーメーションが一番重要なことではない」

と述べている。大宮でジャストフィットした4−4−2や4−1−4−1が、どう生まれ変わるのかとても興味がある。

 さらに、次のようにも述べている。勝利優先主義で勝ち点3をどん欲に奪っていく。対戦相手を分析して戦略的に考える。そのために、勝利に対する強いメンタリティーを選手に植え付ける。精神面から改革する。

 こうして考えると、J2もおもしろくなりそうだ。

 それにしても、ダンディー三浦さん、札幌カラーのネクタイがよくお似合いのこと!

<関連情報>
J2札幌・三浦新監督「1年でJ1」宣言(北海道・日刊スポーツ)

2007コンサドーレ札幌 三浦俊也監督就任(札幌公式HP)

【コンサドーレ札幌 三浦俊也 新監督発表会見コメント】今の勢いで充分やれることは多い。プラスアルファで私なりに良さを出していきたい。 [ J's GOAL ]

« マーカスが新潟へ?! | トップページ | 玉原高原へ、スキーに行ってきました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/43715235

この記事へのトラックバック一覧です: 三浦前監督が、新天地札幌でJ1復帰宣言:

« マーカスが新潟へ?! | トップページ | 玉原高原へ、スキーに行ってきました。 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ