2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 期待の外国人選手が加入! | トップページ | 土屋がヴェルディへ移籍 »

2006年12月29日 (金)

天皇杯準決勝

 天皇杯準決勝の2試合、年賀状を書きながら全部テレビ観戦した。

<ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌>

 札幌のがんばりが光っていた。J1とJ2の差って何だろうと思った。コンスタントにどれだけの力が出せるかの違いで、一発勝負のトーナメント戦ではあんまり差はないと思った。

 それにしても、ガンバは慎重に攻めていたという感じで、札幌の方が決定的なチャンスは多かったんじゃないかと思うぐらいだった。

 終始リードを保ったから余裕があったものの、あの2点目は、テレビで見る限り明らかなオフサイド。解説の山本さんも、

「これは、ガンバ、もうかりましたね」

と言っていた。

 ビデオで見直してみたけど、DFのクリアミスだとしたら、オフサイドじゃないのかな? 副審はそこまで見ていたんだろうか。4人ぐらいオフサイドポジションにいたけど、まったくフラッグを上げようとしなかった。選手も執拗に抗議することはなかった。

 謎だぁ。だれか解説してくれ!

 札幌が1点取り返したが、見事なボレーシュートだった。追いつくチャンスもずいぶんあったけど。札幌としては惜しかった。


<浦和レッズVS鹿島アントラーズ>

 立ち上がりは、圧倒的に鹿島ペースだった。磐田戦でもそうだったが、1点でも先に鹿島が点を取れば、どうなったかわからない試合だったと思う。

 鹿島は、よく攻めていたが、残念ながらストライカーがいない。ん、どこかのチームと似ているな。

 またも、小野伸二が1得点1アシストの活躍をした。前の試合の時に、間近でウォーミングアップする様子を見たが、足を引きずるシーンもあった。ということは、決して本調子ではないはず。

 それでも、あれだけ華麗なプレーを魅せるとは、さすが小野だ。

 1点目のシュートは、解説の小島さん曰く、

「あそこは、キーパーが一番取りにくいところなんです」

と言っていた。ねらいすました小野らしいシュートと言える。

 2点目のヒールパス、受けるポンテもよくわかっている。試合後のインタビューで、小野自身が

「いつもミニゲームでやってることですから」

と言いきった。練習でやったことを試合で決めるというのは、いかに簡単そうで難しいことか。

 これで、元旦の決勝は、ガンバ大阪VS浦和レッズというリーグ最終戦と同じカードとなった。
 
<関連情報>
G大阪、札幌を振り切り初の元日決勝へ! 天皇杯準決勝(サンスポ)

浦和が連覇に王手!鹿島に競り勝つ 天皇杯準決勝(サンスポ)

 ↓ よろしかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

« 期待の外国人選手が加入! | トップページ | 土屋がヴェルディへ移籍 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/13251702

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝:

» 天皇杯準決勝 G大阪vs札幌 浦和vs鹿島 [O塚政晴と愉快な仲間達]
元日の決勝へ向けての準決勝2試合。 まずはJ1チーム相手にカウンターで3連勝の札幌と、播戸が出場停止というガンバの1戦。 ガンバの両サイドを封じて、カウンターで少ないチャンスをモノにすれば札幌にも勝機があるか? G大阪 2-1 札幌 前半18分 加地 後半7分 前田 後半9分 相川 ガンバ大阪決勝進出! コンサドーレ旋風もここまで。 札幌のカウンターを凌ぎ、2点をもぎ取ったガンバの勝利。 解説の山本昌邦さんの冷静かつ的確な訂正コメントが楽しかっ... [続きを読む]

» 第86回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会 準決勝 ガンバ大阪 Vs コンサドーレ札幌戦 [Half Time]
決勝まであと1つ、相手は、J2の札幌だけどカップ戦はまた別世界。 長い間、0点が続くと厳しいと思ってたけど、 18分、カウンターから加地がリーグ開幕戦以来の得点で先制! その後もG大阪がボールを支配するも相手を圧倒することは出来ず。 札幌もカウンターからチャンス掴むも、決定力がなく1-0で前半終了。 後半52分、CKのこぼれ球から前田が追加点を押し込むも・・・。 (あれって?オフサイドやんねぇ?(苦笑)) 直後の54分に札幌に1点を許す・・・。 その後は、最後まで、落... [続きを読む]

» 小野が光ったレッズの勝利 [ひとりの独り言]
長谷部の欠場もあり、足の調子の悪い小野が先発出場。 先制点は前半41分、小野が狙いすましたようにゴール右に決めた。 前試合で後半から出場して2点を叩き出した小野。これで3点目。 後半24分、アントラーズはFKからゴール前に。飛び込んだ岩政のヘッド(背中?)で1−1の同点。 後半31分、レッズ平川のシュートはナイスセーブされる。 直後に早いカウンターでアントラーズが反撃。本山のシュート�... [続きを読む]

» 「浦和vs鹿島」〜天皇杯セミファイナル〜 [キングのオキラク蹴球記]
今日で仕事納め。 打ち上げ&BINGO大会を終え、鹿島サポの後輩Tクンと国立へGO!! とは言っても、会社を出たのが3時。 電車の乗り継ぎが怖いくらいに上手く行ったので、なんとか前半終わった頃に着きました。 なんで、小野伸二のゴールはどんな形だったのか未だ不明の....... [続きを読む]

» ガンバ勝利で天皇杯の決勝カード決定 [スポーツ瓦版]
天皇杯の準決勝2試合でガンバとレッズ勝ち決勝カード決定だ ガンバ大阪VSコンサドーレ札幌は2対1でガンバが勝利して ガンバ初めて天皇杯の決勝に進出しコンサドーレ手強かった 浦和レッズVS鹿島アントラーズは2対1でレッズが勝利して レッズ決勝に進出し鹿....... [続きを読む]

» 2年連続決勝進出だぜ!! ~天皇杯・浦和vs鹿島 [浦和レッズの逆襲日報]
天皇杯準決勝 浦和レッズ2-1鹿島アントラーズ ~国立競技場 よっしゃ!2年連続決勝進出決定!! アビスパ戦やジュビロ戦と違って、今日は前半から目を覚ましたプレーをしていたおかげで、今度こそシッカリと90分で勝利を収めることが出来たね(笑) 実際、主力をこれだけ欠いた中でも、ピッチに立っている個々の選手が120%の力を振り絞って本当に良く頑張っていた。 特に細貝、どんな場面でも決して臆することなくガツガツ当たって行ったね。並の選手ならあれだけ激しい接触プレー連発では負傷していても... [続きを読む]

» 天皇杯準決勝 [川の果ての更に果てに]
帰省してPCが一気に重くなりました(涙) で、準決勝ですが、ガンバ大阪と浦和レッズが問題なく勝利したようで、今年度のJリーグはレッズ-ガンバに始まり、レッズ-ガンバで終わるという展開になったようです。 今回に関してはワシントン、闘莉王のいないレッズよりも、宮本移籍に花を持たせたいガンバの方が有利なのではという気がしますが、元旦の決勝は果たしてどうなることでしょうか。 ところでベッカムがレアル・マドリーとの契約を更新しない場合にバルセロナが獲得に動くかもしれないという中々楽しい話もありま... [続きを読む]

» ★天皇杯☆札幌決勝進出ならず・・・レッズは2連覇に王手! [【しろうとサッカー研究所】]
札幌決勝進出ならず・・・今日まで仕事だった為、TV観戦できませんでした。 家に帰って来たときには、1−2で惜しくも負けていました・・・ まぁここまで、J1の格上チームを倒して来たのだから、天皇杯の戦いは胸を張って良いと思います!ぜひ来期こそ、悲願のJ1復....... [続きを読む]

» 321:鹿島アントラーズ2006終戦…10冠達成は来シーズンへ… [captain KENICHIの"くちゃべり~のFC"]
#63671; 第86回 天皇杯全日本サッカー選手権 #63671; 浦和レッズ(J1)vs.鹿島アントラーズ(J1) ≪準決勝:国立競技場≫  2 【1st:1-0 2nd:1-1】 1  #63671; GOAL #63671; 【浦和レッズ】 小野 伸二(前半40分) ロブソン・ポンテ(後..... [続きを読む]

» ガンバ大阪初決勝へ [『びわ新聞』]
サッカー天皇杯 準決勝、2対1で、ガンバ大阪が勝ち、16年ぶり決勝戦に進出しました。 ガンバ大阪 対 コンサドーレ札幌が 静岡スタジアムで行われました。「得点(試合)経過」は・・・ 試合開始 G大阪のキックオフで前半開始。前半18分頃、MF加地 亮がゴール前を抜け... [続きを読む]

» 天皇杯準決勝 [Gracias,Conejo!]
天皇杯準決勝。 結果はこちら! G大阪、浦和ともに2−1で相手を下し元旦の決勝に駒を進めました。 G大阪は札幌の粘りの前に苦戦しましたが、きっちり逃げ切るあたり、昨年のリーグチャンピオンの貫禄を見せました。決勝は「ツネのために」何が何でも勝利したいところで....... [続きを読む]

» 浦和レッズ2―1鹿島アントラーズ◆天皇杯準決勝結果 [サッカー用品を選ぼう!]
第86回天皇杯で浦和レッズが鹿島に2-1で勝利(国立競技場)。決勝進出を果たした。ベストメンバーからは程遠いメンバー構成だったが、Jリーグ覇者の層の厚さは違った。ガンバ大阪も決勝へ駒を進めており、Jリーグ最終節の白熱した試合展開が再現される予感。... [続きを読む]

» 元日のカードは [FSS 〜Fukuoka Sports Stadium〜]
ガンバがコンサドーレを、レッズがアントラーズをともに2−1で破り決勝進出を決めた。 16大会ぶりのガンバと2年連続のレッズ。 怪我人や外国人帰国とか考えると、ガンバの方が若干有利かもしれん。 ただ今季の対戦成績はレッズが優位に立っている。 どちらが勝ってもおかしくないと思う。 それにしてもコンサドーレの快進撃はマグレやなかったね。 高さでは優位に立っていたので、セットプレーでチャンスもあったわけだが・・・。 �... [続きを読む]

» 元日の国立行き決定〜天皇杯 [がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。〜サッカー中心〜]
今日は昼まで会社で缶チューハイ片手にお仕事(笑)、その後に少し出掛けていたので試合は見ておりませぬが、まあ、なんというか予想通りの結果です。。。 《天皇杯準決勝》 ■G大阪 2-1 札幌 【G】前18加地、後7前田 【札】後9相川 ⇒特に札幌サポではなくともここま...... [続きを読む]

» 12.29 の出来事 [ニュース☆もう新聞紙は要らない]
サッカー天皇杯、元日決勝はG大阪―浦和  サッカー・天皇杯準決勝(29日・国立、静岡)――J1のG大阪と浦和が接戦を制し、決勝に進出した。  J2札幌と対戦したG大阪は、序盤から優勢。加地と前田のゴールでリードすると、カウンターで反撃する札幌を相川...... [続きを読む]

» 12.29 夜 [地球の日記☆マーク♪のblog☆]
サッカー天皇杯、元日決勝はG大阪―浦和 12月29日19時32分配信?読売新聞 天皇杯準決勝、シュートを決め喜ぶ浦和の小野(左から2人目)とかけよるブッフバルト監督(左端)たち  サッカー・天皇杯準決勝(29日・国立、静岡)――J1のG大阪と浦和が... [続きを読む]

» 年の始めに笑うのは赤か青か? 【サッカー 天皇杯】 [不定期更新のスポーツニュース]
サッカーの天皇杯は29日準決勝2試合が行われ、浦和とG大阪が決勝に進出した。両チームは1月1日の元日に国立競技場で対戦する。 【天皇杯 準決勝の結果】 浦 和 2−1 鹿 島 (得点者) (浦)小 野 前40分 ポンテ 後37分 (鹿)岩 政 後24..... [続きを読む]

» 天皇杯準決勝 [yskのブログーb]
ガンバ2-1コンサドーレ やっぱりガンバでしたね。コンサドーレ力尽きました。けどよくやったよ。 レッズ2-1アントラーズ 浦和強いです。ベストメンバーじゃないのに強いです。鹿島は10冠お預けです。 で決勝は浦和とガンバ大阪に 最終節の再現です。 浦和が連覇か... [続きを読む]

» 浦和 × 鹿島 [みのる日記]
第86回 天皇杯 全日本サッカー選手権大会 準決勝: 浦和レッズ 2-1 鹿島アントラーズ (2006/12/29) ■ ラスト2ヶ月でようやく開花した鹿島の準決勝進出 天皇杯も準決勝です。今年尻上がりに調子を急上昇させた磐田を激戦の末に制した王者・浦和は、今度は同じように冬に入ってから攻撃が絶好調となった難敵の鹿島との対戦になりました。 浦和のこれまでの勝ち上がりは前回記載したので省略するとして、一方の鹿島のベス�... [続きを読む]

» 連覇を阻まれたガンバ。連覇を目指すレッズ。 [木曜どうしよう]
今年同様、お正月はレッズが登場します。 相手はレッズにJリーグ連覇を阻まれたガンバです。 ガンバはレッズの連覇を阻むことができるか?! [続きを読む]

» サッカー天皇杯 決勝はガンバ大阪VS浦和レッズ [KOHの青赤な日々]
2006 サッカー天皇杯準決勝① (静岡スタジアム)    【ガンバ大阪】 2 [続きを読む]

« 期待の外国人選手が加入! | トップページ | 土屋がヴェルディへ移籍 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ