2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 天皇杯4回戦・VS〔YKKAP〕 | トップページ | 世界バレー・セルビアモンテネグロ戦 »

2006年11月 9日 (木)

大丈夫か?「健康日本21」

 厚生労働省が2000年に策定した健康づくりの長期計画に、「健康日本21」というのがある。

 2010年までに、「肥満の人の割合を15%以下に減らす」といった具体的な数値目標を並べたものである。

 先頃、この中間評価報告案がまとまった。

 これによると、目標近づくどころか、策定時より悪化している項目が30もあるという。それって、つまりどういうこと? 大丈夫か?健康日本…。

 もともと目標値そのものがいい加減だったのか。専門的に研究している学者が決めたんだから、きっとそれなりに根拠のある数値だったはずだ。

 それとも、それほど健康に関する状況は悪化しているということか。知識はあっても実践に結びつかないというのでは、せっかくの知識には全く意味がないということになる。
 もしくは、対応不足の部分もあるかもしれない。医療はずいぶんと発達しているが、それに対して教育(第1次予防)は、まだまだだという感じがする。

 私が気になったものをいくつかピックアップしてみる。

・20~60歳代の肥満者の減少
  目標値115%以下に対して、24.3%→29%
・緑黄色野菜の1日あたりの摂取量の増加
  目標値120g以上に対して、98g→89g
・適正体重を認識し体重コントロールを実践する人の増加(男性15歳以上)
  目標値90%以上に対して、62.6%→60.2%
・同(女性15歳以上)
  目標値90%以上に対して、80.1%→70.3%
・朝食を欠食する人の減少(中高生)
  目標値0%に対して、6.0%→6.2%
・同(男性20歳代)
  目標値15%以下に対して、32.9%→34.3%
・同(男性30歳代)
  目標値15%以下に対して、20.59%→25.93%
・食生活の改善意欲のある人の増加(成人女性)
  目標値80%以上に対して、67.7%→67.3%
・日常生活における歩数の増加(男性)
  目標値9,200歩以上に対して、8,200歩→7,532歩
・日常生活における歩数の増加(女性)
  目標値8,300歩以上に対して、7,282歩→6,446歩
・外出について積極的な態度を持つ人の増加(男性60歳以上)
  目標値70%以上に対して、59.8%→51.8%
・同(女性60歳以上)
  目標値70%以上に対して、59.0%→51.4%
・同(80歳以上)
  目標値56%以上に対して、46.3%→38.7%
・ストレスを感じた人の減少
  目標値49%以下に対して、54.6%→62.2%
・多量に飲酒する人の減少(男性)
  目標値3.2%以下に対して、4.1%→5.4%
・同(女性)
  目標値0.2%以下に対して、0.3%→0.7%
・「節度ある適度な飲酒」の知識をもっている人の割合(男性)
  目標値100%に対して、50.3%→48.6%
・う歯のない幼児の増加
  目標値80%以上に対して、59.5%→68.7%

 逆に、簡単に数値目標を達成してしまったものも数少ないがある。例の8020運動に代表される自分の歯を保有する数についての項目である。

 これは、歯医者さんの治療方針が昔とずいぶん変わってきたことによると思う。昔は、悪い歯はすぐに抜かれてしまったけど、今はできるだけ残そうとするということだ。これは2000年よりもずっと前からそうなっている。

 つまり、結果が出るまでにはそれだけ時間がかかるということか。とすれば、数値目標の設定自体を考え直すべきだろう。

 せっかくの良い方向が、逆効果にならないように気をつけたい。

<関連情報>
健康関係会議資料『「健康日本21」中間評価報告書案』(健康日本21HP)

男性の3割が肥満、糖尿病も増加 「健康日本21」目標遠く(糖尿病ネットワーク)

 よろしかったら、クリックお願いします。↓

にほんブログ村 スポーツブログへ

ビジネスブログランキング

ブログランキング

« 天皇杯4回戦・VS〔YKKAP〕 | トップページ | 世界バレー・セルビアモンテネグロ戦 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/12628063

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫か?「健康日本21」:

» ガルシニア(体内の脂肪の合成を阻害し無理なくダイエット) [サプリメント百科]
サプリメントで治すという考え方です。アンチエイジング・デトックス・ダイエット・生活習慣病など200種以上のサプリ&症状を効能を紹介しております。 [続きを読む]

» アンチエイジングとは 2 [アンチエイジング ノート 若返り のためのこんな方法]
肌の状態がよくないということは体内の状態が良くないという事。まずは、その根本原因を取り払って、その上で外見からのケアを施していくことが本当の意味でのスキンケアになると思うのです。生活習慣病は、毎日の生活環境が原因で起こっています。それを予防・改善していく1番の方法は、生活習慣を変えること。毎日の生活習慣を変えるだけで、病気とは縁遠いものとなり、さらに老化予防にもつながるのです。生活習慣を変えること、これこそがアンチエイジングなのです。... [続きを読む]

» メタボリックシンドローム診断基準:顔色 [メタボリックシンドロームの基本知識]
近年、多くの人から注目を集めているメタボリックシンドロームのメタボリックとは代謝と言い、シンドロームとは症候群の意味です。代謝とは、食べて取り入れた糖質や脂質などの栄養素をエネルギーに変え、それを使って生命活動をすることです。年を取ると、筋肉が衰え、筋肉量が減り、消費エネルギーが減るので、これまでと同じ量を食べていても、腹に脂肪がたまって肥えやすくなります。そして、肥えると、高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化などを合併し、メタボリックシンドロームへと進み、心筋梗塞、脳梗塞を起...... [続きを読む]

« 天皇杯4回戦・VS〔YKKAP〕 | トップページ | 世界バレー・セルビアモンテネグロ戦 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ