2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 大宮アルディージャ第25節・泥沼4連敗(VS名古屋) | トップページ | 日本代表選出 »

2006年10月 1日 (日)

大宮アルディージャ第25節・泥沼4連敗(VS名古屋)

 サッカー少年団に入っている甥っ子を誘って観戦した。ふだんは、応援団の中心に行くが、きょうはファミリーということでちょっとはずれて位置した。大旗も振りたかったもので、前の方へ。

 最近、観戦に行った試合は、川崎戦1対5の大敗。浦和戦0対2の完封負け。とまぁろくなものではない。きょうこそはと思ったが、思いは届かなかった。

 前半立ち上がりは悪くなかった。しっかり守っているという感じだった。特に、土屋のポジショニングとカバーリングはすばらしいと思った。ただ、期待していた久永のサイド攻撃と西村のドリブル上がりがそれほどなかったのが残念だった。

 とは言え、得点シーンは、この2人が演出した。やっぱりサイドを突破する選手に活躍してもらいたい。大宮は、悪くなるとボールが中央に集まりがちである。リスクを負わずに止まってパスを回そうとする。そんなことをやっているから、相手にとっては全く恐怖感がない。なめられちゃってる感じ。情けない。

 やっとこ得点したと思ったら、1分もたたないうちに同点。また1分もたたないうちに逆転。悪夢のようだった。あんなに集中していた守備が、こうも簡単に立て続けに破られてしまうとは。

 それでも、まだ追いつくチャンスはあるはずだった。しかし、戦う気持ちが選手達にあったのだろうか?疑いたくなるシーンが連続する。こちらが攻めなければいけないのに、追加点を取られる。入れられるたびに、下を向く選手。ここはホームなんだから、そういう姿を見せてほしくなかった。

 シュートチャンスも何度もあった。しかし、打たない。パスを選択する。結果、相手にカットされてカウンターをくらう。桜井は、大宮の中でも戦う気持ちを前面に出す選手だと思っていたから、きょうの消極さはあまりにショックだ。

 自分でシュートを打てよ!

 結果、大宮はシュート数がたったの3本。これじゃ得点が入るわけないよ。全部入ったとしたって、4対3の負けじゃないか。まるで、シュートをはずすのが怖くて、だれもシュートを打ちたがっていないような感じだ。プロなんだから、勝つために、お客を喜ばせるためにやっているんだろう。このことを忘れてしまっては失格だ。

 と、そこまで思っているのに、関係者はなんでこんなに楽観的なの?

 結果は1??4と敗北を喫したが、試合の内容の部分では積極的な攻めを見せており、三浦監督が試合後に語ったように「内容的にはそれほど悲観的になることはない」。(公式ホームページ)

 サポーターは思いっきり選手にブーイングを浴びせた。こんなにすごいのは初めてだ。負けたっていいけど、アグレッシブさを失った選手・チームは最低だ。

 頭を冷やせ!

 私も、怒鳴ってしまった。サッカー観戦が初めてだという甥っ子も

 パスが多すぎだよね。

と言っていた。こんな子どもでもわかるチームの問題をなぜ問題視しないのだろう?昨年のような連敗街道はまっぴらだ。

 目を覚ませ!大宮!!

200609302014000_1
 大敗。ブーイングの嵐。ガランとした2階スタンド。きれいな月夜なのに、あまりに寂しすぎる…。

 25節の名古屋戦の結果については、こちら

<関連情報>
大宮4失点で6試合勝ちなし/J1(日刊スポーツ)

三浦辞めろ!大宮4連敗にファン激怒(スポニチ)

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 大宮アルディージャ第25節・泥沼4連敗(VS名古屋) | トップページ | 日本代表選出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/43715207

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮アルディージャ第25節・泥沼4連敗(VS名古屋):

« 大宮アルディージャ第25節・泥沼4連敗(VS名古屋) | トップページ | 日本代表選出 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ