2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 息子の描いたトニーニョの似顔絵が入選! | トップページ | 「熱狂する教員」を育てなければ… »

2006年10月25日 (水)

新開体育サークル+通信 14

 運動会のない9月は、ちょっとさびしい気もしましたが、いつもの年より落ち着いた2学期のスタートが切れました。が、その後はやはり怒濤の10月でした。研究発表会、ご苦労様でした。学校の研究に向かうエネルギーが大集結して発信できたと自負しています。

 さて、学校のテーマに則って共同研究していくことは学校の力を向上させる上ではとても重要だと思っていますが、やはり個々の力を伸ばさなければ、それ以上は望めないことも明らかです。集団スポーツでも全く同じことが言えますよね

 このサークルでの学びも、“自主トレ”と考えて取り組んでいきましょう。そこで、前回の話し合いのもとに、活動内容を次のように+αすることにしました。

体育中心の会ではあるけど、体育に限らず「授業づくりを学ぶ」会とする。

 だから、「ちょっとこの授業で悩んでいることがある」とか「この単元で新しいことに挑戦してみようと思うんだけど」とか「研究授業に向けてヒントがほしい」なんていう人がいたら、一緒に学びたいと思うのです。どうぞよろしくご検討ください。

前振りが長くなりました。前回の報告です。

【第11回・月例会の報告】
  9月22日(金)18:00~ 新開小・会議室
 参加者・大久保、南部、黒崎、佐藤、田中、豊島
    ① 5年「リレー(陸上運動)」の授業(大久保)
    ② 6年「鉄棒」「リレー」の授業(南部)
    ③ 2年「マット遊び」の授業(黒崎)
    ④ 「これまでのボール運動の課題を検討しては」(田中)
    ⑤ 今後のサークルの進め方について(豊島)
    ⑥ 情報交換  その他

大久保さんのリレーは、小体連で報告するものだということで、指導案の形にして持ってきていただきました。基本的には、「2チーム対抗のリレー」をガンガンやるというもので、とても楽しそうです。課題として、バトンパスの方法などの技術的な部分をどう伝え広めていくかということがあげられました。私の考えでは、5年生ですから、高度なことまで出していいと思います。問題は出し方で、資料として与えるのが一番いいと考えます。ただ、それが勝つことに有効だということが理解できなければ実践しようという意欲もわかないわけですから、その辺をどうつついていくかを具体的に考えることが必要でしょう。もう一つ、人間関係をどう育てていくかという問題もあります。これについては、後で私もレポートしたいと思います。

南部さんからも、同じリレーの授業報告がありました。こちらは、タイムレースで、見えない敵に挑戦するという達成的要素の強い授業でした。競走はとても楽しいですが、もう一歩進んだ段階として考えられると思いました。
 高学年の鉄棒は、とても苦しいですね。カリキュラム検討の対象になると思います。今持っている技能があまりに低ければ、そこで楽しみはストップしてしまうわけなので、まず、何かしらできるようにさせてあげなければダメだと私は思います。それが逆上がりである必要は全くないので、できないという羞恥心をなるべく低減させる方法を考えるといいと思いました。また、補助具を使ってできるという経験を積ませたいです。南部学級は、子どもたちが一生懸命取り組んでいるので、何とか成果をあげさせたいところです。

黒崎さんは、自分の学級で撮ったマット運動のビデオを持ってきてくれました。子どもどうしが学び合って、けっこう高度な技に挑戦していました。マット遊びと言えども、こういう挑戦欲求を満たしてあげることは必要なことだと思います。そうすると、「こんな技をこんなふうにやるとおもしろい場」という視点で場づくりをしていけば、どんどん活動が発展していきそうな気がします。いろいろ試してみたいところですね。

田中さんは、これまで行われてきたソフトバレーの学習状況を振り返り、新たな授業づくりにチャレンジしています。動きづくりという視点から、ドッジボール → スペースアタック →ラリーゲーム → キャッチ&スローバレー → ソフトバレー というように発展していくと考えています。これ、とてもおもしろい視点だと思います。バレーの特性として、人のいないところ(スペース)にボールを落とすというおもしろさがあります。これに気付かせていこうとしています。今、実際に授業が進行中ですが、どんな成果が見られるか見守っていきたいと思います。

 さて、次回のお知らせです。

 最初にも書いたとおり、今後は体育+でいきます。参加される方は、自由にレポートしてください(口頭でも可ですが、ちょこっとでも資料があるとうれしいです)。

  【第12回・月例会のお知らせ】
  11月6日(月)18:00~ 新開小・会議室


 とびこみレポート大歓迎!!
 日頃の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、授業に限らず、スポーツ全般に関して思っていることなどでも結構です(例えば、今なら日本シリーズのこととか)。


 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 息子の描いたトニーニョの似顔絵が入選! | トップページ | 「熱狂する教員」を育てなければ… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/12427979

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル+通信 14:

« 息子の描いたトニーニョの似顔絵が入選! | トップページ | 「熱狂する教員」を育てなければ… »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ