2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 新開体育サークル通信・13 | トップページ | アジアカップ・イエメン戦 »

2006年9月 5日 (火)

山下泰裕・教育講演会

「柔道の山下」と言えばわかるだろう。あの1984年のロサンゼルスオリンピックの金メダリストである。

 その山下泰裕の教育講演会に行ってきた。演題は、「人生の金メダルを目指して」

 どうも、彼の戦歴を振り返るといったものではないようだ。現在は、東海大学教育学部助教授として、国際柔道連盟教育コーチング理事として活躍している。指導者としての内容であった。

 簡単に言ってしまえば、トップスポーツの指導者だから、選手をいかに強くするかということだから、一般の教員の世界とはずいぶん違う。でも、指導者としての立場は同じである。いくら自分が強くても、相手にそれをどう伝えるかが問題になる。選手を変容させなければならない点では、我々と共通項がある。

 話の筋を追うのではなく、印象に残った言葉だけを書き記しておく。

・過去は振り返らない。常に前向きに。
・素直に人の話が聞ける人は、よりよく変わっていく。
・人を育てるには、心に響く言葉で、くり返し話すことが必要である。
・自分が強くなればなるほど、優しくなれる。
・欠点はすぐ見えるし指摘できる。しかし、よさを見取るのは難しい。
・可能性を見いだすには時間がかかる。
・改めることに遅すぎるということはない。
・人のためになることをなせ。
・一人でがんばっても、物事は実現しない。組織力、仲間づくりが大切である。
・夢を持つ、持ち続ける人になってほしい。
・大人に元気がない、夢を語る大人が少ない、グチっぽくて批判が多い。そんな中で、子どもが生き生きできるわけがない。
・一灯照隅、万灯照国(一つの灯りは隅を照らす、万の灯りは国を照らす)

 NPOを立ち上げて、貧しくて柔道のできないような国や地域などにも、援助をしているそうだ。さすが金メダリスト、元気でした。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 新開体育サークル通信・13 | トップページ | アジアカップ・イエメン戦 »

コメント

お久しぶりです、おばさんランナーのぼうです。
先生の話は内容が濃くって…。
《・人を育てるには、心に響く言葉で、くり返し話すことが必要である。》…これはよくわかりました。
前に読んだ、斉藤一人さんの本に「百回話してわからなければ、千回話せばいい」というのがあって、自分の子供のことを考えて納得したことをあらためて思い出しました。

ぼうさん、コメントありがとうございます。
最近、自分の言葉で子どもを説教する教員が少なくなっているような気がします。やっぱり自分が正しいと思うことは、熱意を持って説くべきですね。山下さんは、めちゃめちゃ情熱的な人でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/11776258

この記事へのトラックバック一覧です: 山下泰裕・教育講演会:

» prenotazione hotel bologna [prenotazione hotel bologna]
new zealand tours piscina torino paris metro saturnia agriturismo [続きを読む]

« 新開体育サークル通信・13 | トップページ | アジアカップ・イエメン戦 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ