2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 小林大悟、代表の顔になれ! | トップページ | 着衣泳について »

2006年8月 6日 (日)

ミニマムを保障する体育科学習研修会

 教育委員会の主催する表記の研修会に参加してきた。何といっても、現在の体育科教育界で中心的存在となっている高橋健夫氏の講演がある。

 高橋健夫氏は、「体育でも最低限身につけさせる能力というものをはっきりと規定しなければならない」と主張している人物である。ミニマムなどと言う言葉だけがおどり、体育科教育界では騒然となっている。

 私も、技能論に傾いたこの説には異を唱えたいと思っていたので、批判的に学ぼうという精神で参加してきた。

 始めに、市内の体力向上研究の指定校から実践発表があった。その中で、ちょっと気になったことをいくつか挙げる。

・一口に体力向上と言うが、どんな体力をつけることが目的なのかはっきりしない場合が多い。パワー系なのか、持久系なのか、柔軟系なのか。ポイントを明確にした運動をさせなければ体力向上も効果が上がらないばかりか、根性だけの世界になってしまう。

・最近の体力向上研究(昔から?)は、授業を充実させようという視点が欠如しているのではないか。業前や業間の運動、授業でも準備運動(補強運動)にしか目がいっていないのが残念でならない。授業が充実してこそ、体育・スポーツは楽しいという子どもが育っていくのに。

・授業の充実のためには、スポーツ享受能力(簡単に言うと、スポーツを楽しむ力)を、どう段階的に身に付けさせていくかという視点での研究が必要である。これは自分のライフワークにしようと思う。

・体育の授業で、意図的に育てるものは何か。結果的に身に付くものは何か。そういうことを私と論点の違う人と議論してみたい。
 
<高橋健夫氏の講演より>
○よい体育授業の条件は、3つ。
 ・勢いがある、学習の密度が高い、子どもの動きが活発
 ・雰囲気がいい、明るい・楽しい、肯定的な人間関係
・心情的な表現、喜び

○学び方の指導は、単元の始めに十分な時間をとり徹底して行う。そうすると、単元半ば以降は、ほとんど指導の必要がなくなる(構造化されたマネジメント)。

○非日常的なスポーツの動きは、すぐには身に付かない。類似する運動(運動アナロゴン)に着目すべき。
・昔は、日常生活の中にアナロゴンはたくさんあった。遊び、社会生活の中で失われたアナロゴンを集中的に学校に持ち込んで教えることが必要である。
・投げる運動を例にとってみると、紙鉄砲、ブーメラン、メンコ、ロケットボール、シャトル投げ、落下傘、バウンド投げ(どの高さまでバウンドさせられるか)などがアナロゴンとして挙げられる。特に上に向かって投げ上げる運動は、投げる動作の準備局面がつくれる。

○新学習指導要領の検討過程について
・低学年の「基本の運動」と「ゲーム」という領域を残すかどうか検討中。
 ・「体ほぐし」 名前が気に入らない。むしろ、体をしめることが必要。

○運動の順次性のうち、最もポイントとなるところを探して、それを徹底して教えることが必要。
 ・運動の最終局面だけをとりだすと動きが身に付きやすい。
 ・器械運動は、「身をしめること」と「逆さ感覚」が大事。

○めあて学習の①は、基礎学習=共通学習。②は、挑戦と考えるべきである。
 ・めあて①では全員が同じ系統の技を挑戦する(練習する)ことになる。
 ・1回でもスパイラル(めあて②でできるようになって、めあて①に入った)を経験した子は、全体の19%。スパイラル学習は、机上の空論である。
・基本技が習得できれば、スパイラルも可能である。基礎となる動きを身に付けさせることが先決。体の耕しができていない子どもの現実に、どう対応するかを考えるべきである。

 まだまだ、興味深いことはたくさんあったがこれぐらいにしておく。スパイラルが机上の空論と言われたときには、「うっ」と思った。ただ、楽しい体育を主張している私たちも、「技能指導をするな」と言っているわけではないので、そこのところは誤解しないでほしいと思った。

 確かに、技能指導をどういうタイミングで、どのように効果的に行うかをきちんと提唱しなければいけないなぁと感じた。

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 小林大悟、代表の顔になれ! | トップページ | 着衣泳について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/11307092

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマムを保障する体育科学習研修会:

« 小林大悟、代表の顔になれ! | トップページ | 着衣泳について »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ