2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 亀田興毅が素直に泣いた! | トップページ | たった13人の代表招集 »

2006年8月 3日 (木)

新開体育サークル通信 12

  今年度最初の月例会への参加、ありがとうございました。事前にレポーターを決めさせていただきましたが、日頃の実践の中から、キラッと光るものがいくつも見つかってよかったと思います。これを、参加者みんなで共有できるようにしていきたいと思います。
7月18日には、学期末の忙しい中、2年の先生方に「水遊び」の公開授業を計画していただきました。天候が悪く、残念ながら実施できませんでしたが、ぜひ研究協議したいと思います。ありがとうございました。
 
 【第9回・月例会の報告】
  6月20日(火)18:00~ 新開小・会議室
 参加者・南部、黒崎、萩原、大久保、深井(西浦和小)、豊島
    ①「バスケットボール」(南部)
    ②「低学年の水泳」(黒崎)
    ③「折り返しリレー」(萩原)
    ④「水泳」学習の進め方とステップカード+着衣泳(豊島)
    ⑤ 自主授業研究会の計画について
    ⑥ 情報交換  その他

最初に、南部さんから、6年「バスケットボール」について報告していただきました。6年生は、対外試合も多く、この練習に体育科の学習がとられてしまうという現実があります。やはり、体育の時間には、何を学ばせるかというねらいをもってのぞみたいものです。南部さんは、ねらいを次のように設定しました。
  ねらい① たくさん点数をとるにはどうしたらよいか。
  ねらい② 点数をとるために、作戦を工夫しよう。
このねらいで授業をして、バスケットの楽しさを味わうためには、10時間以上の時間が必要だと思います。指導計画の見直しも頭に入れながら、時間確保に心がけていきましょう。

 黒崎さんからは、学年で検討しながら進めている「水遊び」の授業について報告していただきました。この授業は、指導案も出ていますので、次の回でじっくり話し合いたいと思います。この学習の特徴は、水遊びを自分たちで創っていくということにあります。4種類の基本の遊びを教師は用意しますが、それを使って工夫していくのは子ども。どんな工夫をして、楽しみが深まっていくかがポイントになります。これは、おすすめの授業になると思います。低学年をもったら、ぜひ!

 萩原さんからは、以前持っていた低学年の「折り返しリレー」の実践報告をしていただきました。2チーム対抗のリレーを自分なりに解釈して、いろいろと工夫をして実践してくださいました。勝ちたいと子どもたちが真剣に思うから、「作戦を工夫しよう」「チームとしてまとまろう」という意識が出てくるのだと思います。自然に盛り上がる学習として、これもおすすめです。もちろん、中・高学年でも実戦可能だし、トラックリレーでも全く同じです。

豊島からは、高学年の「水泳」学習について報告させていただきました。長い距離が泳げるようになってほしいという願いから、この授業づくりはスタートしています。子どもたちが長く泳げて楽しいと思ってくれればねらい達成ということです。そのための仕込みを全公開しました。全く泳げない子に対する指導というのが、学校の弱いところです。スイミングの指導にも学ぶ必要がありそうです。着衣泳については、課題もありますが、一度やってみる価値はあると思います。実績をつくってから、年間計画に入れていくというのも方法です。

【第10回・月例会のお知らせ】
  8月4日(金)17:15~ 新開小・会議室
   内容(予定)
    ① 「水遊び」(黒崎)
    ② 「ミニマムを保障する体育科研修会」の報告(豊島)
    ③ 学級通信で伝える体育授業(豊島)
    ④ 情報交換  その他

 参加される方には、“体育の授業に関する近況報告”をしていただいています(口頭でも可ですが、何か資料があるとうれしいです)ので、よろしくお願いします。

 とびこみレポート大歓迎!!
 体育の授業で感じていることや悩んでいること、こんなことやりたいと思っていることなどがあったら、ぜひレポートしてください。簡単な文章で結構です。指導案や学級通信などでも、もちろん構いません。また、体育の授業以外で、日頃スポーツに関して思っていることなどでも結構です。

« 亀田興毅が素直に泣いた! | トップページ | たった13人の代表招集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/11333830

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル通信 12:

« 亀田興毅が素直に泣いた! | トップページ | たった13人の代表招集 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ