2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 大宮アルディージャ第14節・甲府から3点、快勝なんだけど… | トップページ | 監督が三振指示? »

2006年7月23日 (日)

大宮アルディージャ第14節・甲府から3点、快勝なんだけど…

 職場の旅行だったので、試合開始には間に合わず、前半の30分頃にようやく駒場に到着した。

 携帯で試合の速報を見ていたものの、スタジアムの電光掲示を見てびっくり。

 「えーっ、もう、3??0!」

 3点入っているのはうれしいし、これは勝てるなと思ったけど、シュートシーンを見逃した上に、ゴールが決まった瞬間の歓喜を味わっていないということが、とっても不満だった。
 グラウ桜井グラウと決めたことは分かっているけど、どういう形で決まったのかも分からない。ハーフタイムになって、スクリーンに映し出された得点シーンを見て、ようやく確認した。
 1点目は、好調久永からのクロスにグラウのダイビングヘッド、かっこよかった。
 2点目は、キーパーが出ているところに桜井がぽーんとけり込んだ感じ。またも、ごっつぁん系ゴールだ。
 3点目は、やはり久永が左サイドを駆けあがって中央に折り返し、グラウの2発目のヘッド。
 あっという間に、3点が入ってしまった。決まる時は決まるもんだ。いつもこうなら楽なのに。FWがしっかり結果を出しているというのがいい感じだ。確かに、グラウの動きはキレがあって輝いていた。

20060722_20521

 後半は、開始早々、PKを与えてしまった。エリア内で波戸の手にボールが当たってしまい、ハンドの判定。これはアンラッキーだった。失点されたのはよくないが、こんなことは滅多にあるもんじゃないと思った。
 それにしても、その後は大味な試合内容になってしまった。大宮は、攻撃の形らしいものが見えなくなった。甲府に攻め込まれるシーンも多かった。どうも、リードするとバタバタしてしまうのがかっこ悪いと思う。

 FWが3点とって快勝したのだから、大喜びなんだけど、やっぱり試合には遅れて行っちゃダメだね。次のホームは京都戦。熊谷まで息子と新幹線ツアーかな?
 
20060722_20531

大宮アルディージャ  3   3 前半 0  1  ヴァンフォーレ甲府
                 0 後半 1

8分 グラウ
14分 桜井 直人
20分 グラウ                    47分 バレー

GK 20 荒谷 弘樹
DF 22 波戸 康広
DF 17 土屋 征夫
DF 4 トニーニョ
DF 5 冨田 大介
MF 15 斉藤 雅人 → ディビッドソン 純マーカス(IN) 73分
MF 19 片岡 洋介
MF 8 小林 大悟
MF 16 久永 辰徳 → 橋本 早十(IN) 89分  
FW 30 桜井 直人 → 森田 浩史(IN) 84分
FW 33 グラウ

 試合結果の詳細は、こちら

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓
にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 大宮アルディージャ第14節・甲府から3点、快勝なんだけど… | トップページ | 監督が三振指示? »

コメント

私も3点見逃しました・・ 名古屋戦はひどかったらしいですね!今日は勝ったとのこと。観に行きたかった・・(涙)。 

 祐コリンさん、コメントありがとうございます。勝ち試合を見逃すと、損した気分になります。やっぱり、毎回ちゃんと応援に行かないとダメですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/43715197

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮アルディージャ第14節・甲府から3点、快勝なんだけど…:

« 大宮アルディージャ第14節・甲府から3点、快勝なんだけど… | トップページ | 監督が三振指示? »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ