2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 世界禁煙デー&禁煙週間 | トップページ | 運動会について考える2 »

2006年6月 1日 (木)

W杯直前のドイツ戦・海外組に期待感

 ドイツとの親善試合。前日が運動会で、早起きするのはつらかった。後半だけでも見られてよかった。

 ここのところ、海外組の不甲斐なさをずいぶん見てきた。日本で活躍していても、海外ではパッとしない。生で見ていないから、あんまり言えないが、チームにフィットしているのは、俊介と松井大輔ぐらいなんじゃないかな。
 でも、この試合では、海外組の経験と技術のレベルの高さを改めて感じることができた。

 高原の2ゴール。もしかして、ドイツでプレーしているプレゼント?などとも思ったけど、ジュビロ時代の高原らしい点の取り方だったように思った。試合後のインタビューでも、それを聞かれていたが、「自分らしいゴールってどんなのかわからない」みたいなことを言っていた。体育教員的に指導しちゃうと、

「自分のよさをちゃんと言葉にして表現できるようにしよう」

である。私は、ゴールに向かう貪欲さ、前に向かった時のねばり強さ、たとえキーパーの目の前であっても決して力を弱めず弾丸シュートを炸裂させる力強さ、こういうのが彼のよさだと思っていた。まさにそれだった。

 中田のキラーパス。何度も、ゴールシーンを演出した。ドイツのディフェンスも、スカスカだなぁと思ったけど、それにしても、背筋が凍りつくパスだと思った。欲を言えば、大黒には、それを決めておいてほしかった。

 中盤のパス回しは、見ていて爽快だった。ボールを持てる、動かせる、そういう個々のレベルの高さも感じることができた。やっぱり海外組はすごい。

 終盤、2点とられて追いつかれた。そう、ディフェンダーで海外組はいないのであった。これからは、ディフェンス陣にも海外で活躍してほしい。確かにJリーグは寂しくなるけど。ユニフォームを破かれたり、加地がハードタックルにやられたり、宮本がゴール前で転ばされたり。やっぱり格闘的なところではまだまだ弱い。

 それにしても、本戦を前に、こんなすごい本気モードの試合が見られるとは思ってもみなかった。日本代表、期待できる。楽しみだ。
アクセス解析

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« 世界禁煙デー&禁煙週間 | トップページ | 運動会について考える2 »

コメント

はじめまして、遊楽創さん^^
トラバありがとうございます!

ジーコJAPANは、強豪相手に予想以上の(!?)大健闘でしたよね。
ぶっちゃけ、まさか2点も取れるなんて思ってなかったです(笑)

でも、この試合で全国民の期待がさらにUPした感じがします!
今日のマルタ戦も楽しみですね!^^

 お返事がおくれてしまいました。
 TBありがとうございます。
 両チーム気合がこもった良い試合でしたねー

 今日のマルタ戦も期待しています。

 Gladさん、ダイさん、コメントありがとうございます。
 格上とおしい試合をする日本、格下に苦戦する日本、今まではこんな感じだったでしょうか。
 これからは、格上でも勝ちきる、格下は寄せつけない日本になってほしいですね。
 きょうのマルタ戦、楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/10356719

この記事へのトラックバック一覧です: W杯直前のドイツ戦・海外組に期待感:

» ・【W杯】国際親善試合。対ドイツに引き分け [たまちゃんのてーげー日記]
<サッカーW杯>日本代表、強豪ドイツと2?2引き分け - livedoor スポーツ  【レーバークーゼン(ドイツ)斎藤義彦】6月9日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)に向けてドイツで合宿中の日本代表は30日(日本時間31日)、当地で優勝候補にも挙げられてい....... [続きを読む]

» ≪サッカーW杯≫ドイツとの強化試合で日本、惜しい引き分け [局の独り言。]
日本、惜しい引き分け=ドイツとの強化試合-高原の2点守れず  サッカーの日本代表は30日、ワールドカップ(W杯)に向けた強化試合をW杯開催国の地元ドイツと当地で行い、2-2で引き分けた。W杯優勝3度のドイツとの通算対戦成績は1敗1分けとなった。  日本はW杯初戦のオースト... [続きを読む]

» 2006年5月31日 日本代表 vs ドイツ代表 国際親善試合 [サッカー日本代表レポートセンター]
場所:レバークーゼン ドイツ 2 0(前半)0 2(後半)2 2 日本 ... [続きを読む]

» 収穫と課題のドイツ戦。 [キングのオキラク蹴球記]
いや〜いいじゃないですか。 とても親善試合とは思えないこの熱さ。 それもこれも日本がレーマンの壁を破って2−0とリードしたから。 レーマンはあの試合からすっかり立ち直った様子。 そしてバラックは出場しましたね。 昨日出ないなんて記事に書いてし....... [続きを読む]

» ■週末の学び6/2「W杯に向けて」〜ユニフォーム、スパイク事情〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
いよいよW杯!近づいてまいりました   ドイツ戦の柳沢選手を見て、大丈夫か?代表のユニフォーム! って、思いませんでした? [続きを読む]

» 国際親善試合 日本 2−2 ドイツ [暇つぶしブログ]
内容の濃いいい試合でした。 Why?    主審、なぜイエローを出さない。骨折やじん帯断裂など大きなケガでなくてよかった。捻挫ということ。    このシーンに興奮しなかった人はいないでしょ。2人....... [続きを読む]

» ドイツに大善戦! [KOHの青赤な日々]
W杯前のドイツとの試合、日本大善戦しましたね。 朝のワイドショ−で結果は知りまし [続きを読む]

» 日本大健闘、強豪ドイツに引き分け [T-style.com]
▽試合結果 結果:日本 2 - 2 ドイツ 得点:日本 高原(後半12分・後半20分) ドイツ:クローゼ(後半30分)、シュバインシュタイガー(後半35分) ワールドカップ最終強化試合で日本は [続きを読む]

» 日本対ドイツ親善試合 高原2ゴール! [-グリーンのスポーツ観戦記-             ドイツW...]
30日のサッカー国際親善試合で、日本代表は強豪ドイツを相手に2−2で引き分けた。ワールドカップ(W杯)開幕を目前に控えた日本代表にとっては、手応えをつかむと同時に、弱点もさらけ出した試合だった。 光明が見えたのは攻めの形だ。既にジーコ監督が1次リーグ初...... [続きを読む]

« 世界禁煙デー&禁煙週間 | トップページ | 運動会について考える2 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ