2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« サロマ湖100キロマラソン・静かなる前日 | トップページ | 東京マラソン2007参加申し込み »

2006年6月26日 (月)

サロマ湖100キロマラソン・12時間30分の粘走

20060628_0034 早朝5時スタート。月間300キロも400キロも走り込んできた人の話を聞くと、どんどん自信が喪失していく。自分にあるのは、100キロ完走8回。サロマは、5回挑戦して、すべて完走しているという実績だけだ。今は何もない。それでも、故障で走れなかったときのことを思えば、このスタートラインに立てただけでもうれしいことだ。「絶対に完走する!」という強い意志を持ってスタートした。
 
 意外にも、序盤のペースは安定していた。もう、ウルトラのペースが体にしみこんでいるのだろうか。いつものジョギングペースは、ほぼ自分の設定通りのタイムだった。1キロ6分ちょい。

 しかし、それも45キロ地点まで。45~55キロは、一気に7分半までペースダウン。54キロ地点のレストステーションでエネルギー補給したおかげで、55~60キロは1キロ7分ペースまで戻したが、60キロ以降は、キロ8分を超えるようになってしまった。

 でも、ここからが、ウルトラのおもしろさ。いかに粘るか、いかに我慢するかだ。何と65キロ以降は、ずっと同じラップであった。

 途中、そこら中が痛くなった。最初に違和感を感じたのが、負傷していた左ふくらはぎ。15キロを過ぎたあたりだった。ちょっとピクッときたように感じた。こんな所でリタイヤは勘弁だと思い、ちょっとゆっくりめにしたら何ともなくなってきた。

 そのかわりにパンパンに張ってしまったのが、右側のもも前面。下り坂が得意なはずなのに、痛くて着地できない。これも、だましだまし走った。

 60キロ過ぎから痛くなったのが、左もものつけ根の外側。これはたまらない痛さだった。少しでも楽な走り方にかえようと試みたがダメ。給水所にあった水をぶっかけたり、氷をパンツの中に入れてアイシングしながら走った。これも何とか耐えられるようになった。 

20060628_0033  ゴールタイムは、6回の完走の中で最も悪いタイムだが、とってもうれしかった。これだけ粘って走れる自分に自信も持てた。今度は、もう少ししっかりと準備をして臨みたいと思った。月間300キロはいかないだろうけど…。

10k: 1:05:03
20k: 2:07:58
30k: 3:10:52
40k: 4:20:34
50k: 5:30:51
60k: 6:54:27
70k: 8:19:58
80k: 9:46:11
90k:11:13:04
Goal:12:36:55

 同室の方と、いろいろお話ししたのも楽しかった。特に、それぞれこだわりのスペシャルフーズやスペシャルドリンクの話がおもしろかった。トレーニングの仕方についても参考になった。そういう意味でも収穫の多い大会だった。

 サロマ湖、ありがとう!!

 この記事がよかったと思う人は、こちらをクリック↓

にほんブログ村 スポーツブログへ ビジネスブログランキング ブログランキング

« サロマ湖100キロマラソン・静かなる前日 | トップページ | 東京マラソン2007参加申し込み »

コメント

TBありがとうございます。
完走するという強い意志、いつの間にか消えていました。
来年まで鍛え直すつもりです。

Ogamanさん、コメントありがとうございます。おつかれさまでした。サロマンブルーへの道、何年たっても実現させてほしいです。私も、それに向かってがんばりたいと思います。

完走おめでとうございます!
天気も回復してよかったです。
ずーっと不安定な天気で寒くて、毎日暖房入れてました(ホントです)
応援に行きたかったのですが・・・お宿が取れる状況ではないのと、チビッコが風邪を引いてしまい・・・。先生に会いたかったなぁー(何年振りでしょう?)

今度来るときはぜひ先生に会いたいです。
いつかな?いつかな??(笑)
でも、お金がかかりますよね。来道される時は、ぜひ教えてくださいね。
義母も、完走したそうです。
来年は、義父が「還暦サロマ」する予定だそうです。

いもまんじゅう?何だろう?
「いももち」かな?

 北海道の教え子さん、コメントありがとうございます。
 お父さん、お母さんも完走されておめでとうございます。私も、還暦ぐらいまでは平気で100キロ走りたいです。

 今年は、あと2回北海道に行く予定です。夏休みに知床方面へ、これは家族旅行。あと11月の文化の日をはさんだ連休に、体育の研究会へ函館に。これは、再会できるかも。
 
 いももちの方が、私も食べた感じとしてはあっているような気がします。


 
 

トラックバック、ありがとうございます。
「スポーツ遊楽創」さん(先生と呼べばいいのかな?)さんの「スポーツブログ」のバナーに誘われ「ブログ村」に登録しました。また、よろしくお願いします。

もっぷ&ぼうさん、ありがとうございます。
ランキングは、けっこう励みになるのでいいと思います。まわりの人からの情報も増えますしね。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/10706515

この記事へのトラックバック一覧です: サロマ湖100キロマラソン・12時間30分の粘走:

» ★新規有望ビジネス★紹介者0人でもOK★3系自動構築 [AAAサポートセンターFreedom]
紹介者0人でもスピルオーバーにより収入が発生!! 紹介者1人でサラリーマン平均月収程度まで可能! 紹介者2人で毎月毎月ボーナスが出る感じ! 紹介者3人では、それはもう大変!! [続きを読む]

» 「にほんブログ村・陸上競技ブログ」に登録しました! [☆走れ、タムランズ!]
【この登録って……?】 トラックバックをいただいた「スポーツ遊楽創」さんの記事に「スポーツブログ」のバナーがあったのでクリック! 陸上競技のカテゴリーを... [続きを読む]

« サロマ湖100キロマラソン・静かなる前日 | トップページ | 東京マラソン2007参加申し込み »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ