2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 大宮アルディージャ第10節・ただくやしい | トップページ | 新体力テストの季節 »

2006年5月 2日 (火)

“体育”が商売になる時代

 体育を商売にしている人が増えた。いわゆる学校の教員以外に、ということだ。今の時代、学校といっても、いろいろあるからね。ちなみに、私は公立小学校で、体育だけを教えているわけではないし、報酬も教員の仕事全般を含めていただいている。ここでいう“商売”というのは、そういう学校教育以外の場で、体育をネタにしている職業のことだ。

 数年前から聞くようになったが、体育“塾”や運動“家庭教師”というのが商売として成り立っているらしい。興味があったので調べてみた。(自分も、クビになったらやってみたいとか思っていたりして…?)

 体育の家庭教師派遣タイプ 
  スポーツ ・ 体育の家庭教師 スポコン・ジュニアアカデミー
  スポーツマックス
  小林正明の体育塾
 スポーティワン
 このタイプは、まだメジャーになりきれていない様子。個人営業的なところや地域限定的なところが多い。今、話題沸騰中という感じで、大ブレイクするか? 学校の授業で「できない子」をたくさんつくってしまえば、そうなる可能性もある。「できなければいけない」という価値観がどうかわっていくかも関係するだろう。

 大人のスポーツクラブのジュニア版タイプ 
  コナミ・スポーツクラブ 運動塾
 今や隆盛のスポーツクラブ。大人の世界が子どもにおりてきたという感じ。古典的なのがスイミングだけど、最近は、ヒップホップなんていうのもある。ここに“体育”が参入してきたわけ。塾長が、日本体育大学名誉教授の正木健雄氏というからオドロキ。

 あそび環境の提供
  ボーネルンド
 子どもの体力低下と物騒な世の中にも書いたが、放課後に外で自由に遊ぶという世界がなくなった。学校の体育の時間だけで、子どもたちの体力や健康が維持できるわけがない。だって、体育の授業は年間90時間しかないのだから。そういう意味で、「安全性が確保されている」 「子どもの遊びたい欲求をかなえる」「子どもの五感を刺激する」という理念を掲げて、遊び場の提供をするというのが現状にマッチしているように思える。

 いずれにしても、「学校体育に存在価値はない」なんて言われないように、がんばらなくては!
 今、我々体育教員に求められているのは、単に「できるようにすること」だけでなく、どの時期に、どんな価値をもって、その運動に取り組ませるのかを明らかにすること。体育で何を学ぶのかをはっきりさせること。カリキュラムづくりについて、また論じたい。

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

« 大宮アルディージャ第10節・ただくやしい | トップページ | 新体力テストの季節 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/9640154

この記事へのトラックバック一覧です: “体育”が商売になる時代:

» 沖縄県伊江島のダイビングスポット [スキューバダイビング情報あれこれ]
沖縄県の伊江島のオススメ!!スキューバダイビングスポットを紹介♪ [続きを読む]

« 大宮アルディージャ第10節・ただくやしい | トップページ | 新体力テストの季節 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ