2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 高橋尚子、東京国際マラソン出場を表明 | トップページ | FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 »

2006年5月20日 (土)

視覚障害者サッカー日本代表を支援しよう!

 視覚障害者サッカーの日本代表が、世界選手権出場の資格を持ちながら、出場辞退の危機に追い込まれているという。

資金難で世界大会出場危機-視覚障害者のサッカー代表(サンスポ)

 この豊かな日本で資金難とは、いったいどういうことか。遠征費として、たったの500万円が調達できないという。サッカーW杯ドイツ大会でこれだけ盛り上がっているのに、この話題はあまり知られていない。もし、本当に出場辞退なんてことになったら、日本はとてもスポーツ大国とは言えない。情けない話だ。

 NPO日欧ライフネットワーク協会というところが、ワールド・ペガサス・プロジェクトと銘打って、協賛金を集めている。これは、みんなで協力せねばなるまい。

ワールド・ペガサス・プロジェクト協賛金のお願い(日欧ライフネットワーク協会)

 さて、その視覚障害者サッカーだが、私は実際に見たことがない。新聞などの写真を見ると、確かに目隠しをしている。まずもって、見えない状態でスポーツをするということが信じられない。
 日本視覚障害者サッカー協会のHPで、映像が見られるので、ぜひ見てほしい。すごい。テックニックもあるし、スピードもある。というかサッカーそのものだ。

ブラインドサッカー競技紹介ビデオ放映中(日本視覚障害者サッカー協会トップ)

 そんな視覚障害者サッカーの魅力については、下記の記事を読むとリアルに伝わってくる。

 『ブラインドサッカー』の魅力・攻守は足音、息づかいから『映像化』(東京新聞)

 私は、決して裕福ではないが、日本代表のレプリカジャージを1着買ったつもりで協賛金を送ろうと思う。ぜひ多くの方に、ワールド・ペガサス・プロジェクトに参加してほしいと思う。
アクセス解析

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

« 高橋尚子、東京国際マラソン出場を表明 | トップページ | FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 »

コメント

トラックバックありがとうございます。
何回か練習に参加させていただいたことがあるのですが、目隠ししてパス交換をする練習では皆さんの足を引っ張らないようにするのが精一杯でした。

メディアが騒ぎ立てるワールドカップより、もっとこのスポーツの素晴らしさを他の人にも知って欲しいと思います。

 こめんとありがとうございます。
 実際にやってみた方の言葉は重いですね。パラリンピックなどを見てもそう思いますが、障害者スポーツというのは、何か全く違うダイナミックさ、美しさ、繊細さがありますね。
 資金難が何とか解消されることを切に望みます。

こんばんは。視覚障害者サッカーのサポーターをやっています、やぎといいます。
是非、生のゲームを観にきてくださいね。

 コメントありがとうございます。HP見ました。機会があったら、観てみたいです。

 TB感謝致します。
 パラリンピック同様、こちらも是非日本代表が出続けて欲しいと思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/10156191

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚障害者サッカー日本代表を支援しよう!:

» 視覚障害者サッカーチームに協力を! [介護・医療について考えるブログ]
 視覚障害者による「ブラインドサッカー」の日本代表チームが、資金難で世界選手権出場辞退のピンチに直面しているそうだ。  協賛金やスポンサー集めが難航しているためで、関係者は「チャンスを逃したくない」と支援を訴えているそうだ。  競技は1チーム5人の選手が、ボールに入れた鈴の音や周囲の声で状況を判断してプレーするそうだ。  観戦したプロのJリーガーの選手に「自分にはとても無理」とうならせるほどだったという。  日本代表は昨年11月のアジア選手権で韓国などを破り優勝したそうで、今年11月にアルゼ... [続きを読む]

» 横浜市で障害者サッカーのチャリティーカップを開催!! [神奈川密着!!地域密着型ブログ・ほしぞらの観える街]
昨日30日(月)の{/pen/}{/baseball/}{/soccer/}{/golf/}{/tennis/}神奈川新聞スポーツ面に 『カナロコ・障害者サッカーに体験参加/横浜』 という気になる記事を見つけました。 記事に関しては、上記のリンク先の参照をお願いします。 [続きを読む]

» 「もう1つのサッカーW杯―ブラインドサッカー」 [歴史~とはずがたり~]
昨日、「クイズ$ミリオネア」を見ていたら釜本邦茂さんが回答者として出演されていた。それで1000万とったら何に使いたいか―に対して「視覚障害者のサッカーW杯の資金にしたい!」との発言でした。 「視覚障害者のサッカーW杯?」 すみません、初耳でした。へぇー..... [続きを読む]

» もうひとつのW杯! [江戸っ子masaの言いたい放題]
 それは「障害者サッカーW杯」。  しかし実際には、運営費困難なところもあり、日本代表は揃っていながら参加危機を迎えているらしい。  でもその額は500万だけとも言われている。  「だけ」などと書くのもおかしいのかもしれないが、「本家」にあれだけの金....... [続きを読む]

» 全盲の女性ゴルファー、ホールインワン決める [フラッシュ 本舗]
全盲 の女性ゴルファー、ホールインワン決める [ロサンゼルス 20日 ロイター] 視覚障害を持つ米国の女子アマチュアゴルファー、シーラ・ドラムンドさん(53)が19日、米ペンシルバニア州のゴルフコースで、ホールインワンを決めた。全盲の女性ゴルファーが...... [続きを読む]

« 高橋尚子、東京国際マラソン出場を表明 | トップページ | FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ