2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 | トップページ | ここまでの大宮の戦いぶりを振り返る »

2006年5月21日 (日)

ここまでの大宮の戦いぶりを振り返る

 残念だが、ナビスコカップは決勝トーナメントに進むことができなかった。勝たなければいけない状況で、敵地に乗り込むというのは、やはり冷静さを失いがち? 先取点をとられたところで、万事休すといった感じだったかも。
 グラウがやっと結果を出した。1試合で2点以上とれるFWが、大宮には必要だ。彼の経験と実績に後半戦は期待したい。

 さて、これで国内の試合は一時休戦。ワールドカップモードに入る。大宮から日本代表はいないが、やっぱり応援したい。その前に、ここまでの大宮の戦いぶりを総括しておこう。

<驚異のセットプレー>
  何といっても大悟の正確なキックが武器になっている。

<豪快ヘッド>
  長身でヘッディングの強い選手が多い。森田、トニーニョ、富田、土屋、…。だから、シンプルにいいボールを入れれば結構いけると思うんだけど。

<華麗なパス回し>
  大悟と慶行の加入で、ボールの収まりどころが増えた。おかげで藤本、久永が自由にプレーできるようになっている。昨年とゲーム運びが劇的に変わった。
   しかし、時にこれがあだになったりする。シュートができるのに、ダイレクトパスを選択してしまったり。無意味にバックパスで時間をかけてしまったり。
   
<サイドからえぐる攻撃をもっと>
  両サイドバックに、もっと切れ味鋭くあがってほしい。クロスは多いんだけど…。MFとの連携が今一つ。

<失点を最小限におさえて>
  先制点をとられることが多い。しかも、一瞬気が抜けたような感じで、ポロッと入れられちゃったりする。ディフェンスの集中力を。土屋はセンターバックがいいね。

<ロスタイムには何かが起こる>
  ロスタイムになっても気の抜けない試合が多い。逆転弾や同点弾を決められることもあったし、追いついたり劇的な勝利につながったりした時もあった。逆転の大宮もいいけど、安心して見られる試合をもっと。

 ま、こんなところだろうか。つけ加えれば、もっとサポーターの数を増やしたい。最近、ジョギングをするときも、大宮のユニフォームを着ている。世間に、さいたまには赤以外に、オレンジの大宮アルディージャというチームがあることをもっともっと知らせたい。
アクセス解析

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ 

« FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 | トップページ | ここまでの大宮の戦いぶりを振り返る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/10014749

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでの大宮の戦いぶりを振り返る:

» プール熱にご注意! [なんでも情報改め『理系人養成講座』]
今年はここ10年間で最悪のペースでプール熱の感染者が増えているそうです。  プール熱とは咽頭結膜熱と言い抵抗力のない子どもが感染しやすい病気です。プールで感染しやすいためこのような名称がつけられています。 感染源はアデノウイルスで、感染力が強く、胃腸炎やぼうこう炎の原因菌でもあります。くしゃみや接触で感染しますが、5日から7日間は症状が出ません。潜伏期間を過ぎると突然40度前後の高熱... [続きを読む]

« FIBAバスケットボール世界選手権のチケット購入 | トップページ | ここまでの大宮の戦いぶりを振り返る »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ