2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« ブログランキング | トップページ | 大宮アルディージャ第12節・感無量… »

2006年5月 6日 (土)

大宮アルディージャ第12節・感無量…

 今日負けたら暴れちゃうかも…と思っていたアルディージャサポは多かったんじゃないだろうか。前半のうだうだした試合展開に、イライラしている感じが伝わってきた。というか、自分もイライラしていた。
 PKで決められたけど、完全なホームアドバンテージだった。Jリーグの審判のレベルは大丈夫なんだろうか? ま、そのおかげでこちらが助かった場面もあったけど。

 前半を終えて、サポーターは選手に向けて強烈にアピールした。

 戦え、大宮! 戦え、大宮! 戦え、大宮! 戦え、大宮!

このメッセージは選手に伝わったと思う。きれいなプレーじゃなくていい。勝負にこだわる泥臭いプレーを今はのぞんでいるんだということ。

 後半は、ほとんどボールを支配していた。相手がチャンスを自分たちでつぶしてくれたかげもあって、流れは完全な大宮ペースになった。でも、まだ決まらない。何度も惜しいシュートが続く。
 何とか追いついたのは、後半も30分を回ってから。大介の執念のヘッド。あの昨年の天皇杯準決勝でレッズに追いついたときを思い出させるゴールだった。
 こうなれば、もう押せ押せ! アウェーとはいえ、引き分けるために今日は来たんじゃない。もう1点をとりにいくんだ! と思ったけど、両チームとも相当選手は消耗していたみたい。

 ロスタイムに入って、FKのチャンス。決めたのは、またも大悟。いいシュートだった。あそこで決められるとは、やっぱり代表クラスだ。ここ数試合、ずっとロスタイムの失点に泣いていたから、きょうはうれしかった。すっきりした。アウェーで勝つのは気持ちいい! 連敗脱出気持ちいい! しばらく席を立てずに、余韻を楽しんだ味スタだった。(都合により写真は後ほどアップ予定)

 忘れていた。今日の三浦采配はさすがだと思った。マサ斉藤、中盤を落ち着かせるにはこの人に限る!

---------------------------------------------------------------
 FC東京    1  1 前半 0  2   大宮アルディージャ
            0 後半 2

8分 ルーカス                77分 冨田 大介
                        89分 小林 大悟

荒谷 弘樹 20 GK
波戸 康広 22 DF
トニーニョ 4 DF
冨田 大介 5 DF
土屋 征夫 17 DF
ディビッドソン 純マーカス 6 MF 45分 → 桜井 直人(IN)
小林 慶行 32 MF
小林 大悟 8 MF
藤本 主税 11 MF 45分 → 斉藤 雅人(IN)
森田 浩史 14 FW 66分 → 若林 学(IN)
グラウ 33 FW

 この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 スポーツブログへ

« ブログランキング | トップページ | 大宮アルディージャ第12節・感無量… »

コメント

どうも!コメントありがとうございました。ひきもりな生活でコミュニケーションがない分自分とのコミュニケーションに割ける時間がとれたのでそれもまた良しと思っています。

もっとも人の中にいても自分はそこにいないような感覚に陥ってしまう事もありますが、なんとかおりあいつけて生活しています。

「人の中にいても自分はそこにいないような感覚」って?
 やっぱりコミュニケーションをとりたいということなのかな? 
 贔屓のサッカーチームを応援しているときって、直接人とコミュニケーションがなくても、そのチームの成り行きと十分かかわっているから、結構満足します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/9928842

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮アルディージャ第12節・感無量…:

« ブログランキング | トップページ | 大宮アルディージャ第12節・感無量… »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ