2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

クリック!

  • にほんブログ村 教育ブログ 保健・体育科教育へ
  • ビジネスブログランキング
  • ブログランキング

別館のご案内

ランニング

リンク

  • アクセスランキング
  • 障害者スポーツ応援クリック募金

最近読んだ本

  • 祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント

    祖母井 秀隆: 「監督を決める」仕事―世界が認めた日本人GMの 逃げないマネジメント
     フクアリに行ったときに、「祖母井をやめさせるな」という看板があって、GMでこれだけサポーターから信頼される人っていうのはどんな人なんだろうと思っていた。その秘密は、もっと奥が深いんだろうなぁ。目次だけでも、けっこう伝わってくるでしょう。「越える」「リスクを冒す」「挑戦する」「会いに行く」「つなぐ」「信じる」「感じる」「先を読む」「待つ」「発信する」 (★★)

  • 齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる

    齋藤 真嗣: 体温を上げると健康になる
     健康本には目がないんです。でも、自分は高体温人間であることは間違いないようです。というか、最近では高熱を発したことがありません。定期的な有酸素運動はいいですよ~。この本を読まなくても、自分は信じてますけど。 (★★★★★)

  • サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

    サイモン シン: フェルマーの最終定理 (新潮文庫)
    実は、数学がとっても不得意なんだけど、あるラジオ番組で、「これはおもしろい」と言っていたので読んでみた。数学界最大の難問を解くために、天才数学者たちが数々の挑戦をしていく。数学的には理解できなくても、ドラマチックな感じが確かにおもしろかった。 (★★★★)

  • 正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)

    正高 信男: ヒトはなぜヒトをいじめるのか (ブルーバックス)
    この本は、教員、特に学級担任の必読書だと感じた。動物として本来攻撃性を持っている。しかし、それが継続的ないじめとして定着するのは、見せつける傍観者がいるからだという。9割のクラスメートがいじめっ子に冷たい視線を投げかければ、いじめはなくなる。学級経営に、子ども理解に大いに役立つ本である。 (★★★★)

  • 西部 謙司: サッカー戦術クロニクル

    西部 謙司: サッカー戦術クロニクル
     サッカーはシステムや戦術だけで語れるものではないが、やっぱり最も重要な部分を占める。強いチームには、すぐれた監督が必須であることが、それを物語っている。サッカーを理詰めで見ることが好きな人にオススメ。 (★★★★)

« 羽生善治「決断力」から | トップページ | アルディージャ開幕戦勝利! »

2006年3月 4日 (土)

新開体育サークル通信 №9

学年末の忙しい時期になってきました。6年生は、巣立ちの会が終わり、いよいよ卒業だなという感じが高まってきました。まだまだ寒い日もありますが、日に日に暖かさが増してきています。スポーツをするには、いい季節になってきました。
 休日の朝、ランニングをすることがありますが、早朝からいろいろなところでスポーツをしている人がたくさんいることに気づきます。私自身も道路を走っているわけですが、多くのランナーやウォーカーとすれちがいます。ヘルメットをかぶったロードレーサー(自転車)がビューンと追い越していったり。土手沿いのグラウンドでは、野球とサッカーがさかんです。さすがメジャーのスポーツだけあって、少年もおじさんも人口が多いです。大学生がラグビーやアメフト(たまにラクロスなんていうのも)の練習をしているのも見ます。ゴルフは年配の方が多いような。みんな寒いのに、けっこうがんばってますね。こうやって自分のライフスタイルにスポーツが位置づいているというのはとっても豊かだなと思います。教員のスポーツライフも、豊かにしていきたいものです。
 では、前回の報告です。

【第7回・月例会の報告】
  2月16日(木)18:00~ 新開小・会議室
   ① 3年「ウイングサッカー」(南部)
   ② 情報交換
・わかりやすい指導計画、資料の作成について(黒崎)
・5年「走り幅跳び」(萩原、田中)
・6年「病気の予防」喫煙、飲酒、薬物乱用防止(大久保)
・2年「平均台・フラフープ・マット遊び」(佐藤)
   ③ 「授業づくりの発想(体育編)」(豊島)

南部さんから、ウイングサッカーのレポートがありました。サイドラインの外に「ウイング」と呼ばれる手を使えるプレーヤーがいるのが特徴です。フィールドプレーヤーの数が減ること、サイド攻撃が容易にできること、この2つが3年生にはピッタリあっていたようです。これは、中学年のカリキュラムにぜひ入れたいと思いました。
 子どもたちの学習の様子もいいなと思いました。いろいろもめ事を乗り越えて、楽しさを深めているという感じがします。

 黒崎さんは、他校の体育の指導計画を紹介してくれました。本校でも、こうしたわかりやすい計画や資料づくりが必要だという提案をいただきました。せっかく、自主的に研究授業もやっているので、これをうまく残していければと思いました。
 この件については、さっそく田中さんから、「こんなプリントでどう?」という提案がありました。無理なく、全単元を通じてできればいいですね。来年度がんばりましょう。

萩原さんと田中さんからは、走り幅跳びの学習の様子についてです。限られた広さの場で、安全をどう確保して、しかも充実感のある学習にしていくか、ということがポイントだなと感じました。しかも、この寒い時期ですから、体調管理も難しいし、意欲も減退しがちです。ゲーム的な要素と自分の記録の達成というシリアスな面と、うまく両方追究したいところですが…。つづきは、自主授業研で。

 大久保さんからは、喫煙・飲酒の防止教育について、写真資料を使った取り組みが報告されました。真っ黒な肺とかそういう写真には、確かにインパクトがあります。小学生には有効な手段だと思います。が、すでに好奇心の芽生えている子にとっては、自分の体を大切にしようという意識が育っていなければ、「別にどうってことねぇよ」ですまされてしまうかもしれません。この誘惑に打ち克つ方法がポイントだと思っています。

 佐藤さんは、初任研の最後の研究授業をひかえていました。平均台とフラフープとマットを組み合わせた新たな低学年の器械運動の授業づくりにチャレンジしていました。デジカメを使って場の設定を記録し、あるグループが作った場を他の子が共有できるように工夫していました。これは使えるなと思います。

【第3回・自主授業研究会の報告】
  2月24日(金)2校時  5年「走り幅跳び」 田中さん
          
とっても寒い日でした。そういう中で、授業を公開していただいた田中さん、5の3の児童のみなさんに感謝します。A4裏表1枚の指導案で、普段着の授業、にもかかわらず、きらりと光る子どもたちの姿や教師の指導が見えてうれしかったです。
 めあて①では、チーム戦でゲーム的な要素を取り入れて行っていました。田中さんは、「やり方を覚えるまでに時間がかかった」と言っていました。ルールを簡略化してわかりやすくするなどの工夫もありました。チームの中で、自然に教えあう場面に遭遇しました。やらせではない、本当の子どもの成長した姿だなと感じました。
 めあて②では、練習の場と効果的な声かけについて話題になりました。場はもっと広がってもいいかなと思いましたが、それぞれの子が自分のめあてをしっかり持っていて、挑戦しようという意欲にあふれていたのがよかったと思います。教師の声かけも、子どもにストンと落ちているようでした。
「走り幅跳びについて、深く考えられてよかった」 授業が終わって、こう言えるっていいですね。私たちも着実に成長していきましょう。

 第9回の月例会は、新年度になってから開催したいと思います。今年度は、これで最終とします。自主授業研究会も、流れに乗ってよかったと思います。ありがとうございました。
 では、また来年度。

この記事がよかったと思う人は、ここをクリック→ にほんブログ村 教育ブログへ

« 羽生善治「決断力」から | トップページ | アルディージャ開幕戦勝利! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1944/8950162

この記事へのトラックバック一覧です: 新開体育サークル通信 №9:

« 羽生善治「決断力」から | トップページ | アルディージャ開幕戦勝利! »

アクセスカウンター

フォト

最近のトラックバック

アーカイブ

無料ブログはココログ